カテゴリ:読むもの( 150 )

さてさてギリシャの紙モノ第3弾(?)です。

とにかく変な紙を欲しがる私。ギリシャ人にもあきれられておりますが、どうもこれだけは止められません。友達の家でパンを包んでいる紙を「あ、これ、可愛い!!!!」と見入っていたら「お腹が空いてるの?」と訊かれ、いやこの紙が欲しい、とは言いだせませんでした。

そんな訳で一緒に買い物に行き彼女が「次はパン屋に行こう」と言われた時には、跳びあがらんばかりの気持ちでした。でも何を買ったらあの紙に包んでくれるかな、紙だけもらえないかなと迷っている間に、友人はチャチャチャっと買い物を済ませてしまい…。家に帰ってパンを籠に入れた友人がくしゃくしゃっとする寸前に「この紙いらないならちょうだい!!!」とひったくるようにもらってきました。

どんなに可愛い紙だったかって?それはまあ、好みによりますが、こんな紙でした。
d0042214_221628.jpg
色々なパンのイラストが描いてあって、手書き風の文字でパンの歴史やマメ知識が書かれています。例えば、ギリシャ語のパンはψωμι(プソミー)と言いますが、この言葉は語源的に言うとψωω(プソオ)またはψωμιζω(プソミーゾ)という動詞から来ているそうです。プソオは小麦を挽いて粉にすること、プソミーゾは小さなものを口に入れることだとか。ギリシャ語の古語ではパンはαρτος(アルトス)と言い今のプソミーとは全然違う言葉ですね。これほど日常的な言葉でこんなに変わると言うのもギリシャ語では珍しいのかも。
可愛いだけじゃなく勉強になります!!もらって良かった!!
とっても薄くて柔らかい紙なので、早いところ、コピーして何かに使おうっと。
[PR]
帰ってまいりました。いやー、日本は寒いですね。
ギリシャ人はギリシャが寒い寒いと言いますが、日本と比較するとまだ凌ぎやすいです。
と言ってもアテネ辺りは寒さが穏やかなだけですからね。時折、常夏の国でしょう?と聞かれることがあるので念のため。

さて今年ももらってきました、クリスマス用お肉の包み紙。と、書こうと思ってみたら去年もらったのをまだアップしてませんでした。これが2012年クリスマスのもの。
d0042214_20525451.jpg
2011年のものはこちらにありますので、見比べてみてください。 →こちら

子供の描くような何ともほのぼのしたサンタさんたちではありませんか。

さて今年はどんな包み紙かなぁ、と楽しみにしていました。なかなか目に出来ず、帰国直前やっと手に入れたその包み紙にびっくり。
d0042214_20554113.jpg
d0042214_20561390.jpg


柔らかな色合いで各動物の部位とレシピ付きの実用的でスタイリッシュなデザイン。新鮮なお肉を選びましょう、とか良い食生活をとか書いてあるので普段でも使われる包み紙かな?スーパーに個人商店が押されるのはギリシャも同じ。食肉組合が新鮮なお肉の販売促進のために作った包み紙かもしれないな。(そんな組合があるのかは不明。)と思ったのですが、クリスマスツリーも描いてあるし、やっぱりこの季節用だと思います。

この時期ギリシャでは、お祝いでお肉続きで太っちゃう、とか、お肉が続くから野菜だけの日を作る、等の声を良く聞きます。私も今回、野菜を食べない日はあってもお肉を食べない日はありませんでした。帰ったら当分は野菜だけで節制するぞ!!!と心に誓ったのですが…。久しぶりにおせち料理に間に合って、ああ、日本のお祝いご飯って色々な素材があって、色々な味があって、ライトなんだろう、と次から次へと箸をつけることに…。

バランスの良い食事で健康に過ごせる1年にしましょう!!!
[PR]
ギリシャでも6月は夏の始まり。ちょっと早い暑中見舞いが届きました。

Ευχόμαστε σε σένα και στον δικό σου καλό καλοκαίρι με μία ωραία φωτογραφία.
良い夏を!一枚の写真を添えてあなたとご家族にお祈り申し上げます。
d0042214_8281317.jpg

[PR]
ギリシャのものとは言えないんですが、ギリシャの人が見つけた日本です。

メロン・キティ
(別サイトが開きます)

このサイト、ギリシャ人のためのギリシャ人情報サイト。
日本とギリシャをつなげようと頑張っています。
日本側のサイトもありますよ。
[PR]
GWも終わって忙しい毎日が戻ってきました。
何だってこんなにイベントが多いんだ、5月は…と思いながら老体に鞭打って平日も休日も外に出ます。来週はギリシャの作家、国際ニコス・カザンザキス友の会創立25周年の節目に東京で記念講演がありますよ。

ところで前回、紙モノ2とかタイトルを付けたんですがまだ1を書いてなかったんです。
失礼しました。
そんな訳で、今回もギリシャで手に入れた紙モノです。
でも今回は買ったものじゃありません。

スーパーなどで手に入れたもの。
こちらはモナスティラキにあるスブラキピタのお店ΜΠΑΙΡΑΚΤΡΗΣでスブラキを包んでくれる紙と紙ナプキン。
美味しくていつも並んでいるので、食べたことがある方も多いと思います。
d0042214_2031592.jpg
こっちはアシナス通りの市場にある八百屋さんの袋。
d0042214_20351529.jpg
最後にまたまたスーパーマーケットの袋。ギリシャのスーパーでは袋入りの野菜もありますが、量が最低でも1キロと大入り。1個単位で買う時にはこの袋に入れて、店員さんに量ってもらい値段を付けてもらいます。
d0042214_20363518.jpg

どの袋も(当たり前ですが)書かれているギリシャ語が可愛い、といただいてきました。
こういう袋の質も昔に比べれば格段に良くなったし、おしゃれになりました。それでいてギリシャ語が味を出してますよね。
ユーロ圏に加盟したことは色々と問題のタネになっていますが、こうした日常品の質はEU統合で一気に向上しました。昔のざら紙や質の悪い印刷も味があってよかったな、と思うのは旅行者の勝手。

あ、ちなみにちゃんとおことわりしていただいてきました。可愛いと思ったみなさん、勝手に持ってこないようでね。ギリシャ人は気前がいいのでお願いすればちゃんとくださいます!!
[PR]
Gw後半、皆様いかがお過ごしですか。
私は後半もごろごろごろごろごろごろごろごろ…。
ごろごろしている中、ギリシャでは復活祭(パスハ)が今日ですねぇ。
土曜日の深夜、教会に集まって日付が変わる時が一番盛り上がるそうです。

ギリシャの友人から、Καλο Πασχαってメールをもらったんですが、何もできませんので、メガリ・パラスケビ(聖金曜日)にギリシャ料理ゲミステスなんかを作ってみました。
トマトやピーマンにお米と野菜をいためて味付けしたものを詰め、オーブンで長時間焼きます。
ギリシャでは夏に作ることが多く、冷たいまま食べることもあります。

聖金曜日にはお肉を食べない習慣があるのでこれを作るご家庭もあるそうです。
話がちっとも紙モノにいかないし、友達にご馳走になったゲミステスの写真も見つからず、八方ふさがりです…。

とりあえず、ギリシャで買ったノート類の写真をどうぞ。
空港で買ったフセンはお土産に良いのではないでしょうか!?
d0042214_2058351.jpg
ジャンボで買った笑えるノートとギリシャの学校で普通に使うノート。中にまで柄があるノートはあまり見かけません。
d0042214_2113310.jpg

では残りわずかなGW、楽しくお過ごしください!!!
[PR]
ゴールデンウィークですねぇ。
ギリシャでは復活祭ですねぇ。
そんなワイワイした雰囲気を余所に私はお家でごろごろごろごろごろごろごろ。

ごろごろしてないで部屋に溜まった埃とモノを一斉に掃き出す、なんて目標を立てておりましたが…。
紙モノが大好きなので、日ごろから紙類は捨てられないんですが、ギリシャに行った時にはあれもこれも捨てられない~~~と何でも持って帰ってきます。

昔はギリシャで素敵な文房具を探すのが大変だったんですが、最近はおしゃれな紙モノも増えてきました。お陰でますます紙類でいっぱい。

ギリシャでシールを買うなんてあり得なかった(買ってもたいていが外国製だったので)のに、今回はあら、素敵!!というものがそこここに。

ということで間違って捨ててしまう前に、紙モノを並べてみます。

第一弾はシールです。
d0042214_9191288.jpg
ジャンボで買ったタグシール。ギリシャの人(子供)って派手好きらしく、シールコーナーにはラメラメのデコシール、サイズも一片が妙に大きいものばかり。シンプルなのを探すのが大変で、なぜか混じっていたタグシールのみを購入。あ、中央はアテネのサッカーチーム、オリビアコスのマークです。これはタトゥーシール。
d0042214_9235986.jpg
文房具屋さんが店の前に出していた箱の中から発見。ギリシャ語アルファベットシール。実はこの前にギリシャ語のインレタや注意書きステッカーなんかがないか探したんですが、そんなものはないといわれがっかり。外に出たら処分品みたいな箱にこのシールが。ラメラメしてるのは好きじゃないけど、買っちゃいました。
d0042214_92852100.jpg
一番、やった感のあるシール。今頃クリスマス柄ですみませんが、それより上の方のマークに注目してください。AとBが組み合わさっているロゴ、これはスーパー、バシロープロスのマークなんです。レジの店員さんの手元に置いてあったが気になって気になって、思い切って「パンフレットですか?」と聞いたら「シールよ。要る?」と。子供に配ってたみたい。そのレジでは最後の1枚。もちろんいただきました。

シールは上手く使えないんですが、欲しくなっちゃいますね。さぁ、片付けるぞう!!!
[PR]
桜が咲き始めましたね!!!
梅は遅かったけど、桜は早そう。今年の春は一気に飛び込んできた感じがします。
あと2週間で4月。日本では新年も大きな節目ですが、4月は本当のスタートを切る時期。
ギリシャの学校は9月に始まるので9月が年度替りなんでしょうが、日本のようにいっせのせ、で変わるわけではないようです。
春は復活祭を頂点としてそこに至るまでに色々な祭日があるせいか、季節が変わる喜びが強く感じられる印象があります。

今年のギリシャ正教の復活祭(パスハ)は5月5日。日本のGWです。こうした祝祭日が宗教的にしろ社会的にしろ同じ時期に重なるってことはどこの国でもかじかんでいた身体や心を伸ばせる春を何かエネルギーの生まれる季節と考えていたってことでしょうね。

いつもは今年の復活祭はいつ?とあちこち聞いてまわるんですが、今年は強い味方がいます。
d0042214_21261578.jpg
ギリシャのダイアリーです。これ、ΤΟ ΒΗΜΑ(ト ビーマ)という新聞の12月30日付号のおまけ。
TVで宣伝していたので絶対買おう、と思っていました。この日はテッサロニキからアテネへ移動の日。テッサロニキ駅で慌てて買ったらおまけがついてない!!良く見たらおまけあり6ユーロ無し2ユーロの2パターンがありました。どうりで安いと思った。
テッサロニキ駅にはおまけつきがなく、結局アテネについてもう1部同じ新聞を購入。おまけなのに高くついてしまいました。

このダイアリー、ハードカバー、カラー印刷。ギリシャの新聞などのマンガで有名なΑρκας(アルカス)のマンガのシーンが並んでいて、もう楽しい!!!
私はスズメの親子が主人公のシリーズを友達にもらって読み始めました。かなりきわどいセリフや難しくて笑えないものもありますが、彼のシニカルでちょっと意地悪な笑いがとても面白くて、もっと色々なシリーズを読みたいと思っています。
d0042214_21381258.jpg
毎晩、寝る前に読むと楽しく眠りにつける効果絶大。
[PR]
同じお店で買ったものの続きです。

ギリシャ語の入ったカードが欲しいな、と思ってたら見つけました。
昔のコメディのシーンをカードにしたものです。
ギリシャでは60年代映画がたくさん作られました。その後政治的に締め付けられる時代があったせいか、その頃のコメディは特に愛されている印象があります。
衛星放送が入るまでは夜8時9時ごろから白黒の映画が放送されていました。

そんな映画の1シーンをダイカットしたものです。
私が買ったのはこちら。
d0042214_21114872.jpg
θαは未来形を表す助動詞です。「θα... θα... θα...」って将来に期待を持たせる政治家の発言をからかったもの。こちらの俳優さんはΛάμπρος Κωνσταντάρας(ランブロス・コンスタンタラス)さん、映画は「Υπαρχει και Φιλοτιμμο」といってこちらの1分20秒ごろにこのセリフがありますよ。

もう一枚はこちら。
d0042214_21125879.jpg
「Μην ενοχλειτε!」はDon't disturb、邪魔しないでとかうるさくしないで、みたいな感じかな。

これはシールになっています。
d0042214_21133396.jpg
この方は女性です。念のため。ギリシャでは2008年から公共の場所での喫煙が禁じられましたが、それを使っています。

このカードには封筒もついていました。
d0042214_21141539.jpg

Σαπφω Νοταρα(サプフォ・ノタラ)さんという女優さんが彼女の名ゼリフ「この中はまるでソドムとゴモラだわ!!」Εδω μεσα γινονται Σοδομα και Γομοραと共に使われています。
セリフを見るだけだとシリアスなんですが、彼女、声と話し方がすごく印象的。40代以上のギリシャ人ならきっと知ってるんじゃないかな、このシーン
[PR]
今回のアテネ行き、絶対に行きたかったお店はjumboと普通の文房具屋さんでした。
でもこの普通の文房具屋さんと言うのがどこにあるのか…。
観光地にはないし、友達の家の近くで見つけたお店は近所の小学生向けのお店で本屋さんを兼ねているものの品物は限られているし。
というわけでエクサルヒアにあるちょっと大きな文房具屋さんに連れて行ってもらいました。
エクサルヒア、2年前の暴動以来、危ないということで有名になっていますが、もともと学生やアーティストの多い街。画材屋さんやコミック、フィギュアのお店など良いものがありそうなところです。

入ったお店は地下1階、地上2階、新しい感じで品ぞろえも良かったのですが、商品の陳列方法はまだまだでした。といってもそれは日本人の目からで、お店の人に聞けばすぐに物の在り処は分かります。
地下にはリングノートを作れるマシンもありました。日本で購入しようとしたものの、個人ユースでは難しい条件つきだったので諦めたものです。もう興奮して「ください」って言いかけましたよ。幸い、欲しい種類のものがなく年末だったので年明けの入荷だったので我に返りました。全くどうやって持って帰るつもりだったのか。

このお店にはこんなコーナーも。さて何のコーナーでしょう。
d0042214_06673.jpg

ΑΡΙΣΤΕΡΟΧΕΙΡΑΣアリストロヒーラスと書いてあります。 Αριστεροは左。Χεριは手。つまり左利きの方のための商品コーナー。日本でもこういった商品は色々、出ていると思いますが、こんな風にまとめてディスプレイしているお店は初めて見ました。
d0042214_063880.jpg

このお店で購入したものはまたの機会に!!
[PR]