カテゴリ:食べるもの( 131 )

すっかりご無沙汰している間にギリシャの総選挙も実施されました。
1月の総選挙、6月の国民投票、9月の総選挙と10カ月の間に3回も大きな投票があるのはやっぱり不安定な状況を示しています。国民投票の投票率は62.5%、9月の選挙は56.57%と下がる一方。ギリシャ国民も一体何がどうなってるんだか、と言った戸惑いを持ってるのが覗えます。

まだ銀行預金の引出規制も続いているとのこと。1週間の限度額は420€だとか。普通に生活する分には問題ない金額ですが、何かまとまったお金が必要な場合は困りますよね。
選挙を3度もやればお金も相当かかりそうなのでその分、他に回せないものか、と素人は考えますが…。

こんな状況に日本人だったらどう反応するでしょうか。まずは引き出せるだけ預金を引き出し、タンス預金かな?海外に投資?不動産を買う?とにかく持金を出来るだけその価値のまま維持するのでしょうか?私はファイナンスには疎いし、お金も無いのでどうやって生活するかに勤しむことになります。
ギリシャ人はこの際だから大きなものを買ってしまえ、とか行きたかった所へ行っておこうとか考えるみたいです。で、この10月にもギリシャからお客さん。

気の良いギリシャ人ですから、ギリシャから何か欲しい?と訊いてきます。日本に来るだけでも大変なんだから何もいらないよ、と言っても嵩のあるものをお土産にしたがる傾向があり、申し訳なく思います。
d0042214_20492018.jpg

あるギリシャ人はこんなコンパクトなお土産をくれました。ハルヴァスという伝統的なお菓子。大きさは袋入りキットカットぐらいで、皆に配るお土産にはちょうど良さそう。
d0042214_20494850.jpg

ハルヴァスは中東で見られるお菓子。長いトルコの支配を感じさせます。小麦粉などのでんぷんと油、ナッツ、ゴマ等を混ぜて固めたお菓子。落雁に似ていてお口に入れるとサクサク、ちょっと繊維がある感じ、で甘くて少しべとつく不思議なお菓子。食べた後は歯にくっつく。昔、こんなお菓子を日本でも食べた気がする懐かしくて珍しいお菓子です。
このハルヴァスは北ギリシャ、マケドニアのハルヴァスと書いてあります。地方によって違うのかな?

政治的には暴風雨の中で右に左に舵をきっているように見えるギリシャですが、お菓子など日常的なものは今日のギリシャを作る歴史の中で時間をかけて作られ、これからもゆっくりと変わっていくのでしょう。伝統ってこんなものなんでしょうね。
[PR]
この暑さは永遠に続くのだろうか、と不安になるような35度を超える日々から一気に25度を下回る日々が訪れた8月ももうすぐ終わりです。また暑さが戻ってくるのでしょうが、太陽の傾きは確実に秋に近づいていますね。

今日あたりは温かい飲み物が欲しくなるぐらいでした。お土産にいただいたマスティハクッキーを開けてお茶受けにしましょうか。
d0042214_2118642.jpg

ギリシャは良いお天気が続いているとのこと。まだ夏を味わっていることでしょう。
[PR]
暑い暑いと言っているうちに日々は過ぎ、ギリシャもまた訳のわからないことになっています。
チプラス首相が国会解散。与党SYRIZAの3割を占める極左勢力が国会運営の妨げとなっていること、EUとの話し合いの結果の支援策が1月の選挙での公約に全く反していることなど色々と理由は挙げられています。ギリシャの政治の問題は政治家が間違いで馬鹿なことをしてしまうのか、ずるいから馬鹿なことをするのか分からない点にあると、ギリシャ人の友人が申しておりました。まだ総選挙の日程は確定していませんが、チプラス首相は9月13日の実施を主張しています。

7月から始まった口座引出制限もまだ続き、新しい税法が施行され、ギリシャ国民も今後どうなるか以前に今どうなっているのか分からないような状況みたいです。

そんな中ギリシャからと言うか、クレタ島から1組のカップルが新婚旅行で初めて日本に来ました。二人は主に内装を手掛ける建築家で会社の名前はORIGAMIというそうです。ORIGAMIのコンセプトが大好きだから、と熱く語ってくれた奥様は滞在4日目にして一人で美容院に行くなど積極的に日本の色々な側面を吸収しようとしていました。

ギリシャのクレジットカードも引出制限の影響で使用できないケースが多いとか。インターネットでホテル予約をしたらカード決済がすぐには出来なくて気をもんだと言っていました。たまたま引出制限の前に旅行もあるからと余分に現金を用意しておいたから今は大丈夫、でも私は見るもの全部欲しくなっちゃって、彼に注意されるんだけどね、と笑っていました。

彼らにいただいたお土産。
d0042214_2235370.jpg

なんとterra cretaというクレタ島産最高品質のオリーブオイルです。最高のお土産。開けるのが楽しみです。

昨日、ギリシャに戻った彼ら。たくさんの想い出とお土産を日本から持って帰ったようです。彼らがまたすぐに日本に来られるようにギリシャの経済が早く安定しますように。
[PR]
昨日は大きな地震がありましたね。大丈夫でしたか?長い時間、大きく揺れたのでドキドキしました。
今、ギリシャから友人と知り合いが来ているのですが、彼女たちも怖かったようです。でもこれで日本ですべき経験を全て体験した、と言ってたのはさすがギリシャ人。

さてその知り合いの女性が来る前に何か欲しいものはある?と聞いてくれました。ギリシャのチーズが欲しいと図々しくお願い。彼女はクレタ島出身で、早速親戚のチーズ屋さんに頼んで、グラビエーラ1キロを運んで来てくれました。

しかも出身地のイエラペトラのケーキ屋さんのカルツーニというチーズパイ2キロも一緒に
d0042214_135910100.jpg
d0042214_13595336.jpg

かなり甘いけれど、しっとりしていて美味しい、でも2キロはすぐに消費出来ず置いておいたら3日目に見事にカビカビになってしまいました!哀しい。

冷蔵庫に入れなかったのが失敗。でも冷蔵庫には彼女が運んできてくれたグラビエーラ1キロ、友人がお土産にくれたグラビエーラ500グラム、アテネの友人がその友達に託してくれたグラビエーラ3種が入っていてカルツーニの入る場所が無かったのです。グラビエーラも傷む前に消費しなくては。でもどうやって????

何故、こんなにギリシャの知り合いが来ているかと言うと先週金曜日から世界剣道選手権大会が武道館で開催されギリシャチームも参加しているからです。
ギリシャの剣道は10年弱とまだ浅いのですが健闘しました。
現在、男子団体戦中です。
[PR]
一体、今回っていつなのか、と言うぐらい滞る更新で申し訳ございません。昨年末から今年にかけてのアテネ行きの話をまだ続けています。
今日の関東地方は日差しもあって暖かかったですが、明日は一気に気温が下がり、天候も崩れるとのこと。
ちょうど先週のアテネもそんな感じだったそうです。それまで18度ぐらいあったのが、一気に下がり、雪がちらつく日が2,3日続きました。その後また気温は上がったんですが、予報では今日ぐらいからまた気温が下がるとか。

日本もギリシャも三寒四温を繰り返して徐々に春が来るんですね。今年は復活祭も早い年で4月12日。今は寒さに堪えながらのアポクリエス(謝肉祭)の期間です。ニュースで見られる新政府の方針への反対の動きでもチプラス首相の顔のお面をつけた人が見えました。
今年のアテネでは緊縮策にも関わらず、変わらないどころか悪化する経済状況に人々が疲弊し嫌気をさしているのが伝わってきました。そんな中、緊縮策緩和を訴えたシリザが選挙に勝ち、新政権が生まれました。

ギリシャ人にとって本当の春はいつ来るのでしょうね。
d0042214_21431661.jpg
写真は全く関係なく、友人宅でのご飯。今回はご馳走になるだけじゃなくて、私も作って行きました。ガラスの器に入っているのが友人作のサラダとジャガイモとソーセージのオーブン焼き。隠し味にオレンジジュースが使われています。
私は左のご飯とジャーマンポテト、右手前の生姜焼きを作って行きました。ブロックのお肉をなるべく薄く切りましたが、どう見ても生姜焼きには見えませんね。

アポクリエスのパーティーも誰かのお家でやる時には一品持ち寄りが良くありました。今度はいつこの時期に行かれるか分かりませんが、その日に備えてギリシャでも作れる日本のご飯の練習をしておかなくちゃ。
[PR]
さてその翌日はお友達のお家でご飯をいただきました。
始めてお会いするご夫婦だったのですが、とても楽しく過ごさせていただきました。築10年と言うギリシャでは超新しい素敵なマンションの1室。珍しく入るなりテレビがついていました。
d0042214_17532728.jpg
大きなリビングの一部にテーブルをセッティングして、お食事はキッチンの小さなテーブルに並べて、自分で好きなだけ取るというスタイル。
d0042214_17533268.jpg
いただいたのは豚肉のユベツィ(トマトソースでお米のような形のパスタと一緒に焼いてあります)と鳥の煮込み、サラダ2種、ブロッコリーが入ったお焼きのようなフライ(これは外で買って来たとか)。とても美味しくて食べ過ぎ。
d0042214_17534275.jpg
その後、グリコ・クタリウ(スプーンの甘いもの フルーツのコンポート)とヨーグルトがデザートに。このヨーグルト、とにかく美味しい。夢のように美味しく、お代りをしてしまいました。

が、その後、旅の疲れも出たのか、気持ち悪くなってしまい、早めに失礼をすることに…。本当に申し訳ありません。居心地もお料理も最高だったんです。お話の内容も興味深くて、もっとゆっくりしたかったんです。心残りです。次回があったらもう欲張りませんので、ぜひまたお話の機会をください…。
[PR]
今回も色々なものをいただきました。これだけギリシャに通っていても、食の世界は深いですね。
大体、友達の家で出されたものをいただくことが多いのであまり名前が分からないことが多かったんです。特にクレタでは。
d0042214_17244662.jpg
今回、アテネのアギア・パラスケヴィの近く(違うエリアだと思うんですが、名前が分からない)で初めてクレタレストランに行きました。友人は私がクレタ島に何度も行っているので食べたいものがあるだろう、と連れて行ってくれたのですが、名前を見てもちんぷんかんぷん。結局、友人に注文をお任せでした。
d0042214_17245763.jpg
サラダにはザクロのドレッシングと実が。甘酸っぱくて美味しかったです。右はパクシマーディというクレタのカチカチのパンにフェタチーズを添えたもの。
d0042214_1725077.jpg
チーズに衣をつけて焼いたサガナキ。
d0042214_1725479.jpg
ミジスラというチーズの入ったパイ。
d0042214_17252686.jpg
豚肉のお料理。クレタの味がしました。が、到着の翌日で夜も遅くへろへろでまた名前が分からないまま…。
ギリシャでレストランに行くのは10時過ぎが普通なんですが、このお店、入店した時は他に一組のお客さんのみ。その後、彼らも去り、広い店内に私達3人だけで1時半まで貸切状態。
d0042214_17258100.jpg
なのにおまけのデザートまでいただいてしまい、本当にありがとうございます。
ショップカードももらったけど今、いずこ????
[PR]
今日から銀座のギャラリーでギリシャ人画家バシリス・パパニコラウ氏の個展が始まり、覗いてきました。
今週いっぱい開催されていますので、東京近郊の方は是非どうぞ。
ギリシャらしい風景を1トーン落した落ち着いた色合いのテンペラ画です。ギリシャの風景でもあり、どこか別の場所の風景でもある、どんな人の記憶にもあるような風景画、真黒なバックにオリーブが一枝何かを訴えているようでもあり、ただ存在することに意味があるよと言ってるような画などなど、秋に相応しい空間を創りだしていました。

そんな絵画鑑賞の後は食欲を満たさねば。今日は簡単にクリーム系の出来あいソースを使ったパスタにしよう、太目の麺がいいな。と言う訳でこちらを使用。
d0042214_2341055.png
ギリシャのスーパーに行ったことのある人なら必ず目にしたことがあると思う、ピンクのパッケージです。MISKOのマカローニャNo.3というやつです。
ギリシャでスパゲッティのことをマカローニャと言うんですが、聞くたびに何か可笑しいと思ってたんですが、茹でてみてよーく分かりました。長さは普通のスパゲティ、でも穴があいてるんです。成程…。
d0042214_2258550.jpg
分かるかな?中央のパスタの穴。

指定の茹で時間は13~15分。2分も差があるのか、でもやっぱり麺にはこしがないとね、と早めにあげたつもりのマカローニャはやっぱりギリシャ風にくたくたでした。

芸術も食欲もギリシャ絡みで満たした一日でした。
[PR]
d0042214_2182745.jpgギリシャのお酒、ウゾ。ご存じの方も多いと思いますが、透明な蒸留酒で微かにアニスの香りがします。お水を入れると白く濁るのが特徴。40度と強いので小さなグラスで水割りにして飲むことが多いようです。
こちらのウゾはミティリーニ(レスボス)島産だそうです。

8月にギリシャ、テサロニキの方が初めて日本に来ました。ご縁があって1,2日ご一緒しました。
最初の日、知り合いのところのお祭りにご一緒しませんか、と声をかけました。待ち合わせしてそこに行く途中、その人が「盆踊りですか?」と訊いてきました。これから行く予定のところでは盆踊りはなかったのですが、少し回り道すれば盆踊りやってますよ、ということで一緒に盆踊りを見に行きました。
周りを取り囲んでいる屋台を冷やかしながら盆踊り会場へ。まだ時間的に早くて踊りの輪に参加している人が少なかったのですが、ギリシャの方は目を輝かせて写真を撮っていました。
そろそろ移動しようか、と声をかけるとその方が涙ぐんでいるんです。びっくり!!「どうしたの?」と訊くと「感動したんだ」とのこと。小さい頃から日本のことを知りたくて色々な本を漁るように読んできて、その中で盆踊りのことを知ったそうです。どんな踊りなんだろう、ってずっと考えていて今実際に自分の目で見ている、そのことに感無量になったようです。
ギリシャでも色々な角度から日本に興味を持って日本に来てくれる人が増えていますが、盆踊りのことを知っている人はまだあまりいません。
ピュアな涙に私の方が嬉しくなりました。日本のことを好きになってくれてありがとう、日本に来てくれてありがとう。

後日一緒にラーメンを食べに行った時、リュックからお土産、といってこのウゾをくれました。あのお祭りの日にもらった朝顔たちは元気に咲いています。来年もまた、今度は奥様と一緒に来てくださいね!!!
[PR]
前回の何だかわからないものについて友達に訊きました。

το λενε τραχανα και ειναι σιταρι κ γαλα. αλλες φορες ειναι γλυκος και αλλες ξινος!!στην Κρητη τον φτιαχνουμε ξινο σαν αυτο της φωτο κ τον λεμε ξινοχοντρο.αν ειναι γλυκος τον τρωμε σουπα.τον βαζουμε σε λαδερα οπως φασολακια μπριαμ στα σαλιγκαρια κολοκυθακια με πατατες ειναι κρητικο φαγητο περισσοτερο!!!οταν ξαναερθεις Κρητη θα βαλω την μαμα μου να σου μαγειρεψει!!!

これはトラハナと言って、小麦とミルクで出来ています。甘いものもあれば酸っぱいものもあります。クレタでは写真のように酸味のあるものを作り、クシノホンドロと呼びます。甘いものはスープに入れます。豆、野菜、カタツムリ、ズッキーニ、ポテトなどクレタで特に食べられている素材と油で炒めて煮ます。あなたがまたクレタ島に行く時には母に作ってもらうようにしましょう。
[PR]