カテゴリ:身につけるもの( 70 )

昨日、同僚の机の中を漁っていると(頼まれたんですよ~)こんなものが出てきました。
d0042214_2256074.jpg
これが何かと言いますと
d0042214_22564289.jpg
こんなものが入っていた袋です。
こんなものとは、4年前のアテネオリンピックの公式商品の一つネックストラップです。

4年前の今頃、アテネはオリンピックを前にサッカーのユーロ2004で優勝し大盛り上がり。
各オリンピック会場が建築の最中で間に合うのか、と心配する報道が流れ始めた頃。
日本では11日、参議院選がありました。まだ小泉さんが首相でしたっけ。
個人的には何があったかな。
4年間の1年1年はとても早く過ぎ去ったような気がしますが、
一つ一つを数えてみると、ずい分たくさんの時間が流れたんだな、と気づかされます。

特に、私には、このオリンピックを機にいくつかの出会いがあり、とても意味が大きい年でした。
今までお話してきたギリシャの友人の半分はこの時に知合った人たち。
大切な日本の仲間も出来ました。
このまま時間が止まって欲しい、と思っても時間は容赦なく過ぎていきます。
でもその時の流れのおかげで、もっとお互いを良く知ることも出来たことを感じます。
d0042214_235916100.jpg
ネックストラップはこの時に、同僚にお土産に買ってきたものでした。
さすがに中身はなかったので、2枚目の写真は、今でもオリンピックグッズを売っている
ショップのサイトからお借りしました。
この写真を探すの、苦労しました。これが4年経ったということなんですね。
今でもアテネのお土産やさんでは、オリンピックグッズ半額コーナーを目にすることがあるんですが…。

今では、この同僚も立場が全く変わってしまいましたが、
彼の引き出しの中、この空き袋の下にあった書類の層は…

4年以上前のものってことか!!??
[PR]
何年かぶりに時計を買ってきました。
ベルトまでピカピカシルバーで、フェイスも派手なんだか、渋いのか分からないのが気に入ってお祝い用に買いました。
すでに十分時間に追われているので、自分では身につけません。
d0042214_22481184.jpg
イタリアのブランド。
私は知らなかったけど、日本にもあるのかな?
ギリシャでは、結構、人気があるそうです。
と、このブランドで働いている友達が言ってました。
おかげで、定価より大分お安かったのは、内緒^^
[PR]
今日は花散らしの雨が降ってます。
アテネも今日は雨模様のようです。
で、アテネで買った傘の写真を、と思いましたが、その傘が見つからなくて…。

冬にアテネに行った時のこと、連れとホテルを出ると雨が降っていました。
私は傘を指すのが嫌いなのですが、連れがどうしても傘を買う、と言うのでホテルの目の前にあったペリプテロにぶら下がっていた折りたたみ傘を買いました。
開いてみると骨が折れている。
「これ壊れてる」とペリプテロのお姉さんに言う「換えてよし」と目で他の傘を指しました。

さてペリプテロとは何かと言いますと、ギリシャでは路上のそこここで見かける小さなお店。
1.5m四方ぐらいのスペースにお菓子、飲み物、新聞、雑誌、電池、ライター、タバコなどなど。
夜遅くまで開いていてとても便利なのでギリシャでは24時間営業のコンビには必要ないかもしれません。
観光地ではお土産もあるし、バスの切符を扱っているペリプテロもあります。
季節によっては、仮装用品、国旗なども。
そうそう、傘も売ってるわけです。
d0042214_23464069.jpg
このブレブレの写真はクレタ島イラクリオンのハニャポルタ(ハニア門)を出たところにあった大きめペリプテロ。
外観も外に止まるバイクまで赤で統一されているのがおしゃれ、と撮って見たんですが、この写真じゃ何だか良く分かりませんね。こんな写真でごめんなさい。
ウィキペディアの「キヨスク」の項にギリシャのキヨスクが載っているのでそちらを見てくださいね。
[PR]
ひさびさに身につけるものをひっぱり出してきました。
友達がくれたブレスレット。可愛くてお気に入りなのですが、身につけることは滅多にありません。
d0042214_23525459.jpg
プラチナのアクセサリーが一番好きなのは日本だと聞いたことがあります。
そのせいか日本では銀色のアクセサリーは金色と同じようにお店で見かけますよね。
ギリシャでは銀が安かったせいか、若者のアクセサリーとしては認知されていても、大人の女性にはふさわしくないと思われているようです。プラチナをしていても高価なものとは思ってもらえませんでした。

あちらでは赤ちゃんが生れて洗礼を受ける時に盛大にお祝いしますが、この時にまず贈るのが金製品。
それからも誕生日など折りに触れて金のアクセサリーを贈るようで、友人の娘なども結構な「金」持ちです。
自営のチーズ工場で働く友人(女性)は「一冬働いて、兄さんがこれを買ってくれたわ」と金のブレスレットを見せてくれました。お給料代わりみたい。
財産としての金という考え方が残っているのでしょうね。
ミノア文明の黄金の財宝なども有名なお国柄です。
そのため、デザイン的にも存在感のあるものが好まれているようです。
ぽってりした指輪やぶっといブレスレットなどなど、顔立ちが派手な彼等には映えますが、北方系蒙古民族の顔立ちの私にはとてもとても。

もっとも最近はデザインもバラエティ豊かになり、価値観も変わっています。
フォリフォリで見つけた可愛い細い銀色のチェーンのブレスレット。
「見せて」と言って手にしたら、ホワイトゴールド。お値段を見てお試しせずに返却。
つまりは金なのね。

このブレスレット実は相当重いんです。
肩こり&腱鞘炎もちの私、症状が悪化するのが恐くて出来ません。
これが金だったら…。
お金持ちは体力も必要なんだな。
[PR]
今日は暑かったですね。今年はもうずい分前から半そでにお世話になってます。これからどうなるのか不安…。ひっぱり出してきた夏物の中にギリシャで買ったTシャツ。
どこがギリシャなんだか…。でもギリシャで買ってきたんです。確かに。確か…。うん多分。
d0042214_071566.jpg

そうイラクリオンのコルナル広場から1866通りに入る角っこの2ユーロ均一のお店で買いました。
コルナル広場にあるオリンピックホテルはイラクリオンの常宿です。と言ってもたいていは村か郊外の友人宅に行ってしまうので、と指を折って数えて見たら5回ぐらい泊まってました。
一度、村でほとんど眠れなくて、夜のフェリーの時間まで寝かせて、と頼んだことがあります。
デイユースって言うのかしら?値段は普通に泊まる半分にしてくれました。

海岸に近いわけでもないし、中級のシティホテルっぽい感じですが、位置的には街の中心に近いので便利です。
たまには海岸沿いのリゾートホテルに優雅に泊まってみたいものですが、イラクリオンの海は港になっているので、きれいなビーチを求めるとイラクリオンを離れた方が良さそうです。
コルナル広場の銀行の前にあるバス停にはクノッソス行きのバスも止まるし、1866通りはお土産ものもあれば、食料品もスーパーもある便利な通り。
冬のエーゲ海は結構荒れるので海に近いとうるさいので、冬の観光中心の旅にはいいと思います。現地の生活も垣間見れます。
[PR]
母へのお土産に購入したものですが、サイズが大きくて使われないままどこかに仕舞われていました。
先日、ひょっこり、出てきたのですが…
d0042214_1554653.jpg
何だか、色が変わってる!!
14金のはずなのに部分的に銀色になってます。
購入したのはアテネ郊外の宝飾店。
今もあるお店…と思っていたら、当時の行動範囲と自分の記憶に誤差があります。
それだけ年月が経ってしまったのですね。
金も変色するはずです…ってしないはずですよね!!
[PR]
久しぶりに身につけるもの、ギリシャっぽいお土産物です。
最近はギリシャでも洗練されたデザインのものが多く、ματι(マーティ 目)のモチーフでもおしゃれなものがあるようですが…こんなにベタなματακια(マターキャ お眼々たち)もお土産物屋さんには健在。一応、断っておきますが、これは私が購入したものではありません。
d0042214_22442345.jpg

インパクトありますね。ギリシャ人のアイコンタクトもインパクトあるけど…。
日本では、相手の目を見て話してない、どころか、顔を見て話してないこともしばしば。
意識して相手の目を見て話そうとしても、たいてい視線をそらされてしまいます。ひょっとして私の顔のせい!!??
街中で目が合うと、軽く微笑んでくれる人が増えた気がするんですが、これは実は目が合ってしまった気まずさを誤魔化すため?礼儀として?自然に出てきたもの?
状況によるでしょうが、それでも笑顔を見せてもらう方が、心地よく過ごせますよね。
私も心がけていれば、自然に出るようになるかな。

4月23日追記
今日、トルコのお土産が届きました。これまた笑っちゃうぐらいのお眼々たちです!!!
d0042214_21512362.jpg

[PR]
前回、復活祭で留守の間の泥棒にご用心、との注意を紹介しましたが、友人の住むクレタ島イラクリオン郊外の街で事件が!!
スーパーマーケットの入り口に設置されていたATM機からお金が盗まれたのだそうです。
この1週間でクレタ島内で2件目の被害で、数年前、日本でも同じような事件が続いたのを思い出しました。
興味深かったのは、その金額。復活祭の休みの前で相当の現金が準備されていたとのことでしたが、今、確認したら記事が改訂されてしまっていました。残念。
まさか、こんな金額がこんな町に用意されないだろう!!と思ってたのですが、案の定です。
Alpha Bank 大げさに言った!? 
お、何と今、ネットラジオでこの町の人に事件のことを訊いています。
-金額は?
-それは定かではない。少なくはない、ですって。

まだまだギリシャはカードより現金社会という気がしますが、私の知り合いだけ?
d0042214_0212981.jpg
プレゼントしたはずのオリンピック特別仕様のフォリフォリマネークリップです。
何で袋のまま引き出しに入ってるの!!!!!
[PR]
引き続き、いただいたプレゼントのご紹介です。
昨年、ピアスをくれた友人Dからのプレゼントです。

豪華3点セット!!
まずはバッグです。
色合いはシックですが、かなり派手に飾りがこれでもかとついています。
d0042214_0293930.jpg
これに合わせた帽子とマフラーも一緒につけてくれました。

d0042214_0301341.jpgd0042214_0324179.jpg











前回のピアスも併せて見ていただくと彼女の好みが分かるかも。とてもギリシャ人らしく、喜怒哀楽の表現が豊かな人です。
今回会った時、意外にもうすーいピンクのスーツに白いバッグでとても素敵でした。

私はマグネットで留めるバッグを持って行きました。中身がぱんぱんになって、どうしても口が開いてしまうのを見て、以前、登場したお母様に「ファスナーはないの?」と心配されました。
アテネは、危ない街ではないけれど、引ったくられたり、中身を抜かれたりすることもあるから気をつけなさい、と。
友人Bもひったくられないように、バッグは歩道側に持つのよ、と言ってました。
Dは車を離れる時、荷物は全て見えないようにトランクに入れなきゃ、とこのプレゼントたちをトランクに閉っていました。
どこの国でも、街歩きには、それなりの緊張が必要なんですね。私が今まで怖い目に遭ったことがないのは、単に幸運だっただけ、と感謝すべきこと。
自分の不注意が原因で、訪ねた国で嫌な思い出を作らないように、慣れた街でも緊張感を持って旅をしなくては、と気づかされたアドバイスでした。
[PR]
あちこちに話が跳んでしまっています。1月の旅の話を、順を追ってしようと思ってたのですが、とっくに挫折しました。暖冬のせいにしておきましょう。

今回、いただいたお土産のご紹介。
靴下、3種。
d0042214_0282477.jpg
d0042214_029745.jpg

上の二つはうちの姪っ子に用意してくれました。
私のはふわふわで軽ーい普通の靴下。
d0042214_030427.jpg

冬場は寝るときに靴下を履くので、来年の冬、活躍してもらう予定です。

これを選んでくれた友人の娘も一緒に自分のを買いました。d0042214_0303739.jpg
何とも…。本人、大喜びで見せびらかしていました。

「私のには、動物がついてなくて良かった!!それじゃ、外に履いていけないじゃない?」と、象さん靴下を履いた娘に言いました。
「履いていかないよ、だってこれは室内履きだもん」
ギリシャの人たちも室内では、室内履きに履き替えます。
日本で言うツッカケみたいな、かかとのあるものが主流ですが、スリッパもあります。
私はついつい靴下でうろうろするので、友達の息子も真似します。
「あんたは日本人なの!?」と親は注意するんですが、裸足のほうが気持ちいいみたい。

そうそうこのツッカケで外に出るのはダメみたいです。ギリシャの人は、かなりきっちりと内外を分けている感じがします。
[PR]