<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

d0042214_20161027.jpg暑くなりましたね。蒸し暑くて早くも汗だらだらです。
ということで夏のギリシャの必需品フラッペです。インスタントコーヒーを練って練って冷たいミルクをいれるだけで極うまです。今はポピュラーになりましたが、昔はこんなに美味しいインスタントコーヒーの飲み方があるなんて!!!って衝撃でした。
何年か前、日本でもコーヒーの宣伝でこの飲み方をやっていた記憶があります。
今ではフラッペ専用の電動泡だて器が存在しますが、これは簡単にフラッペが作れるようです。
ようです、で、申し訳ありませんが、まだ開封してなくて、外には作り方が書いてないんです。中身は粉の入った袋のようです。水で溶けるのかな。
天気のいい夏の午後、ベランダで飲みたいと思って取ってあります。試したら、報告しますね。
[PR]
d0042214_15354518.jpgこういう呼び名でいいのでしょうか?ギリシャの名前も探しているんですが、まだ見つかりません。
ギリシャの友達はこの目のお守り(?)を何個か送ってくれています。トルコのお土産でもっと小さな球体の目も頂いたことがありますが、同じように、邪悪な視線から守ってくれるものだと思います。
これは結構大きくて、直径3.5㎝ぐらいで厚さ5㎜の平べったいものです。車に飾ってるんですが、乱暴な運転をするとフロントガラスにゴツンと音を立ててぶつかって、割れそうな勢いです。本来の意味とは違うけど、安全運転のお守りの役目を果たしてます。
[PR]
陶器だと思いますが、石のような手触りの鳩です。
d0042214_21272752.jpg
友人が送ってくれたものです。ブルーアイが印象的で、とても哲学的な表情をしています。ギリシャというとふくろうが思い浮かびますが、鳩も深いつながりがあるのでしょうか。
これは美術工芸品を扱うお店で買ってくれたものです。ネア・イオニアにあるイオニアセンターの地下にあるお店です。
私も何度か行ったことがありますが、大きいもの、重いもの、壊れやすいものが多いのでお土産には向かないのが残念です。皮の工芸品なら良いものがみつかるかもしれませんね。
こんな箱に入ってました。d0042214_2139249.jpg
[PR]
d0042214_14593699.jpg 今回は2000年1月3日の新聞です。スポーツ欄には2000年のビッグゲームの他、2004年アテネオリンピックまでのスポーツイベントが並んでいます。
d0042214_1459598.jpg2002年の日韓合同開催のワールドカップの予定も載っています。d0042214_1501826.jpg

アテネオリンピックの日程が公式発表されたのがいつなのかは、分からないのですが、この新聞にはちゃんと8月13日から29日で掲載されていました。

過ぎてみるとあっという間ですね。ワールドカップも来年にせまり、予選も大詰め。
アテネオリンピックからも、もうすぐ1年経とうとしています。
[PR]
ギリシャに行かれた方ならほとんどがお持ちだと思います。 ホンドスセンターの袋とおまけです。 ホンドスセンターは最初の頃はコスメ中心のドラッグストアというイメージだったんですが、今では衣料品、CDなども取り扱うチェーン店です。 レジで必ず、お姉さんが無表情におまけのライターやウェットタオル(かなり香りが強いです)なんかをがっとつかんで入れてくれます。 
小銭いれは両替所でもらったおまけでした。
d0042214_21142045.jpgギリシャ語に太いとか厚いという意味のχοντρος(ホンドロス)という言葉があります。友達はウエストをさして「もう、私はすっかりχοντρουλαよ」と笑っていました。 私には、ホンドスの語感がこのχοντρος に似て思えて、太った人のためのお店か、随分、ストレートなエステだなーってしばらく勘違いしていました。
[PR]
d0042214_22244326.jpg蒸し暑くなってきましたね。 ギリシャでは湿度が低いので、この湿気の多い暑さを説明するのが大変です。 エアコンなしで部屋でお昼寝できるなんて、うらやましい、と言う私の気持ちは理解してもらえません。 ギリシャ語で湿度はυγρασια(イグラシーア)ですが、この言葉を知るまでは το νερο στο αερα(ト ネロー スト アエーラ  空気中の水)がいっぱいなのよ、とか言ってました。
昨年のオリンピック前にアテネで大停電があったようですが、最近はエアコンが普及して、アテネも温暖化が激しい気がします。 以前より蒸し暑くなったようで、夜も涼しくならない…。 やはり、ギリシャの夏は島に限りますね。
このオードトワレは、私のギリシャのお母さんのような方に貰ったものです。 お母さんは小さな村でカフェニオン兼雑貨屋をやっていて、生活用品だけでなく、このようなものも扱っているんです。 それだけ、ギリシャの人にとっては必要なものなんでしょうね。 eauはフランス語で水だったと思いますが、香水は重厚なイメージがあり夏より冬、トワレは軽さがあって夏っぽい気がします。 右はギリシャ製、左はイギリス製です。 男性用ですが、私にくれたんだよね?お母さん。
[PR]
d0042214_21372813.jpg初めて、ギリシャに行った時、出会ったご夫婦のお家で日本語の話をしていました。 奥さんが、突然、お皿を持ってきて、日本語でWith Loveは何ていうの?って聞いてきました。 お皿に、描いてあったお日様は、彼女の手書きでした。 私が書いたのを真似して、「あいをこめて トゥラ」って描いてくれました。 彼女は手作り大好きで娘2人の身の回りのものは何でも作っちゃう人だったんです。
その後、一緒にレストランに連れて行ってもらったのですが、4人の歌手のショー付きでした。 当時、全く、ギリシャ語の知識がなかったのですが、歌の中で何度もΣ’αγαπω (サガポー)と繰り返すので、この言葉だけは覚えて帰って来ました。 With Loveはギリシャ語で Με αγαπη (メ アガーピ)って言うのも。
それから、10年後の大晦日のディナーショーに行った時、たまたま、この時と同じ、男性歌手だったんです。 帰り際、彼も出るところで、その話をしたら、BIG HUGをプレゼントしてもらいました。
[PR]
d0042214_21464620.jpg最近、ギリシャ語の勉強をさぼっているので、気合を入れようと思って、辞書にしました。 辞書はλεξικο(レクシコー)です。 この2冊は希英、英希、半分ずつで、簡易版と言ったところです。 黒い方は、20年近く前に買いました。 他にはないの?と聞くと、ないって言い切られました。 今は日希、希日も出版されているようですね。 当時はまだ本当になかったのかな。 
もう1冊持っていたのを、友達との会話の時に出したら、これは日本で買ったの?と訊かれたのであげました。 もう1冊買おうと思ったら、茶色の方を出してきました。 これ、横から中のページがはみ出してますが、最初からこの状態だったんです。 もう製本はぼろぼろ、印刷も薄くなってたり、斜めになってたり。 この時も他にはないの?って聞いてもないって言い切られました。 高いものではなかったけど。 雑誌も随分、印刷がよくなってますから、最近はこんなことないんでしょうね。 今度は是非、日希、希日を買って来ます。
[PR]
d0042214_18515763.jpg
ドルフィンリング初代~3代です。 初代はゴールドで3年ぐらいつけていました。 2代目は友達に貰ったシルバーでイルカの2巻きしてるのでヘビリングと呼ばれていました。 3代目は初代と同じ形のシルバー。 当時、どこのお土産物屋さんでも売ってたんですが、イルカの顔、プロポーションが微妙に違います。 初代が1番、可愛かったかな。 
エーゲ海ではイルカは馴染みのある生き物で、クノッソス宮殿の壁画にも描かれていますね。 蛇足ながら、イラクリオン考古学博物館の壁画コーナーは広い部屋にのびのびと飾られていて見るのが楽しかったです。 残念ながら、私は、生イルカを見たことはありません。 クレタ島の南岸で良くいるんだよ、というビーチに連れて行ってもらいましたが、その日は来ませんでした。
指輪はフリーサイズなので、変形しまくりです。 3代目はとうとう、2つに別れてしまいました。 ゴールドもかなり危ういのでもうつけていません。 そう言えば、イルカのペンダントヘッド、ピアスもあったような気がしますが、どこに行っちゃったかな?
[PR]
d0042214_22564087.jpg昨日は途中で思いがけない事態の展開があり、テーマがそれてしまいました。 すみません。
ギリシャの方は、写真が好きだと言う話に持っていきたかったので、もう一度、写真立てを取り上げました。 これも友人のプレゼントです。
私の行ったことのあるギリシャのお宅には、ほぼ100%、家族の肖像写真コーナーがありました。 写真のサイズのことは良く分かりませんが、B5とかA4ぐらいのサイズです。 どれもカメラマンに撮ってもらったかのように、目線もポーズもきっちり決めています。 写真館で撮ったものもありますが、普通のスナップの引き伸ばしも多いです。 全ての写真屋さんではないでしょうが、フィルムを現像するとお気に入りの1枚を引き伸ばしてくれるサービスがあり、出来上がった写真を前に家族で協議します。
で、何気ない姿のスナップ、本人が気づかずにぼーっとしているところを撮ることは、いけないことのようです。 友達の家のお兄ちゃんが、小学生の妹が何かを食べている時に、声をかけずに撮ったところ、妹は泣き喚いて怒ってました…。
もちろんちゃんと、「撮るよー」と言って撮れば、きっちりポーズを決めてモデルになってくれます。
[PR]