<   2005年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

d0042214_22403936.jpg左はBodyshopのポプリです。クリスマスの香りだとか。ちょっと柑橘系も入っています。
チュールに包まれているのは、ビニールのビーズみたいなにおい玉。甘い香りがします。もらってから2年は経っているんですが、今だに香りがします。すごい。
シャンプーや柔軟仕上げ剤などもギリシャのものはにおいが強いのですが、現地ではにおいが気になる感じはしませんでした。
日本は湿気が多いから、においがこもりやすいんだと思います。
そう言えば、トイレの内側に下げて流れる水で泡洗浄してくれる芳香剤を買ってきたことがありますが、すっかりカビカビになってしまいました。
ギリシャのお家では中身だけ入れ替えて問題なく使っているのにな。湿気がないって、家をきれいにしておくにはうらやましいですね。
[PR]
by kranaA | 2005-08-30 22:54
d0042214_1094930.jpgアテネオリンピックの閉会から1年ですね。施設は今どうなっているのでしょう。前の空港だったエリニコ会場(野球場などがありました)は公園になると聞きましたが、ギリシャのことなのでまだそのままでしょうか?
このショップカードはギリシャでコーディネーターのお仕事をされている日本女性に連れて行って頂いたお店です。ティタニアホテルの横を入った魚料理の店でした。
島から帰ってきたのに「魚が食べたい」という私のリクエストに応えてくれました。
確か、'96オリンピックがアトランタに決まった後で'93の夏でした。お仕事で招致に携わられたそうで、色々な裏話を聞かせていただきました。
招致段階では、'96には新空港が出来ている計画だったのに、オリンピックが来なくなったせいか開業したのは’04アテネが決定した2001年の秋だったと思います。と言うことは、'04オリンピックが来なかったら、まだ出来ていなかった?
[PR]
d0042214_2113299.jpg
先日のお座布団風敷物は無事、友達の手に渡りました。
このSEXYなお姉さんはΚαιτη Γαρμπη(ケイティー・ガルビ)さんと言います。初めて買ったギリシャのCDです。
ハスキーな声で、2枚組み31曲を歌い上げるこのCD、見事なまでに全曲マイナーの曲です。
比較的、アップテンポで31曲押し捲られる感じですね。CDは通勤時に聴くことが多いのですが、朝から聴くとちょっとしまった!気がします。
歌手をやっている知り合いを車に乗せた時にこのCDがかかっていて、「これがギリシャの音楽ですかぁ?こういうの好きなんですかぁ?」って言われてしまいました。
歌の上手さには感心してたけど。
ΑΠΛΑ ΤΑ ΠΡΑΓΜΑΤΑ(アプラ タ プラグマタ)と言うアルバム名(曲名の一つ)です。
[PR]
d0042214_202541100.jpgこの織物は友達のお土産用に2002年に買ったものです。
このサイズで3種類、他のはとっくに貰い手のところにいったのに、これを上げるはずの友人とはタイミングが合わなくて未だに手元にあります。で、ようやく明日ゆっくり会えることになったので慌ててUPしているわけですね。
それにしても何年かに1回しか会わない友達にお土産を買ってくるなんてなんて良い友達かしら、私ってば!!
コンパクトサイズでお値段も当時は安くてお土産に最適でした。
このお土産を買った時に、他の荷物はあるところに預けてたんですが、取りに行ったらそこが閉まっちゃってたんですね。
その日の晩、船でアテネに帰る予定の私は大慌て。下手すれば、このお土産と貴重品のみで帰国するところでした。泣く泣く、翌朝の飛行機に乗る事にして、一晩ホテルに泊まりました。
ところが、荒天で船が欠航。結局、荷物も手にして船代も払い戻してもらって無事アテネへ。
途中、色々あったけど結果的に上手くいったこの事件は、私にはギリシャを象徴する出来事でした。
[PR]
d0042214_1858040.jpg今回は女性誌、手芸と料理がメインです。日本ではあまり、ないタイプの雑誌ですね。昔は型紙付の雑誌とかありましたが、この雑誌は専門化されていなくて手仕事一般です。
カットワークと言うんですか?布を模様にカットして、糸でかがったり、レース編みをその部分に施したりする手芸が多いです。
以前も書きましたが、子供が結婚する時に持たせる持参品にもこのカットワークは大活躍。
私の知っている結婚の儀式(?)の一つに、結婚式の前にこういう持参品、お祝い品を新居に運び込んでそこに集まった知り合い皆で片付けるというのがありました。
私も2度、参加しましたが、1つの家に女が10人以上いて、それぞれが自分の感覚で片付ける(見せる収納を含んで)から大賑わい。
終わった筈のところを他の人がやり直すのは当たり前。
新夫婦の寝室と一緒に子供部屋も用意します。初めて参加した時は出来ちゃった結婚でした。だからかなって思ったんですが、早く子供が出来るようにという、願いがこもっているんですね。
夫婦のベッドには、イコンが飾られ、お祝い(?)のお金も撒かれます。
地域によって異なるかと思いますが、どこでも花嫁さんは体力が必要ですね。
[PR]
d0042214_21162044.jpg花瓶かな?10cmぐらいしかないし、口も広いので、花を活けるのは難しそう。本体も華やかだし。
ΧΕΙΡΟΠΟΙΗΤΟ Λυδια (ハンドメイド リディア)と言うシールが貼ってあって、リディアさんのサインが入っています。お土産やさんには色々なサイズがありました。
ギリシャも製陶が盛んなんですね。歴史もあるし。
友人は自分の焼き物に、ギリシャの博物館にあったタコの絵柄をモチーフに使いました。のびのびしていて良いんだそうです。
[PR]
d0042214_1848596.jpgすみません、昨日、間違えてしまいました。
衣類は昨日のが初めてでした。もう、今日のをご紹介したつもりでいたんですが、まだだったようです。ちゃんと一度整理しないと…。貰った時期は昨日の方が先なのでいいかな。
7月19日にもらったバッグのことを書いたんですが、その前年に貰ったのがこれです。ウレタン(?)のニットですが、冬物です。
今では普通ですが、冬に半そでを着るのが流行り始めた時でした。
友達に年越しディナーショーに連れて行ってもらったんですが、若い女の子がどの子も半そででした。
[PR]
d0042214_20365273.jpg2度目の衣類です。
これはアテネの友人ではなく、田舎の村のお母さんにいただきました。
アクリルなんですが、軽くて涼しくて重宝します。
たっぷりめでパフスリーブっぽいのがここ数年には合わないのが残念…。
袖付けのところの縫製が簡単にほどけて自分で縫いました。でも、肩パッドはがっちりついてて取ると本体が切れちゃいそうです。
ワンピースを試着して、店員さんに「なで肩ですね…」って吹きだされたほどの肩なので、ちょうどいいっちゃいいんだけど。
一度だけ、この村に洋服の移動販売車が来たのを見ました。
野菜の移動販売車に集まるように、主婦が群がってて、思わず写真撮ってしまいました。
[PR]
d0042214_21343878.jpg昨年の秋のバッグです。
その前に夏のバーゲンで、ストライプのトートバッグを衝動買いしてしまいました。で、迷ったんですが、いいなぁって思ってしまったので買っちゃいました。
トートはエルムー通りの店で買いました。このお店、2000年に行った時に、初めて接客する店員さんに当ったんです。免税の手続きなど、一つ一つ、ベテランさんに確認するので時間がかかるかかる。一生懸命だったので印象に残りました。
2年後に行った時、また彼女が接客してくれたんです。すっかりベテランになっていて、私のことなど覚えていず、私もそのことを話せませんでした。今回はいなかったのでちょっと残念でした。
黒いバッグは、ちょっと郊外のフォリフォリで買いました。
観光客の来る場所ではないので、空いています。
ただ、免税手続きをするほど買うときには観光客慣れしたところの方がいいでしょうね。
[PR]
d0042214_15222866.jpgこれは同じ冬に違う人からもらったものです。この年はやたらとクマさんが流行っていました。
ハートにメッセージ付とか、どれも洋服を着ていました。
ちっちゃい方は当時高校生の女の子が、おなかにLOVEとメッセージを書いてくれました。頭に吸盤が付いてるので車の窓にくっつけてたら、金髪っぽくなってしまいました。
確か、この時に姪用にあと二つクマさんを持って帰ったので、荷物はクマだらけだったような…。
ぬいぐるみと言う表現は分かりませんが、人形はκούκλα(クゥックラ)です。
この冬の出来事で忘れられないのが、駅の場所を訊こうとして一人の女の人に声をかけたときのことです。ビクトリア駅の近くの小さな広場でこういう贈り物のお店をのぞいていた女性にこえをかけました。振り返った彼女、泣いてたんです。泣きながら、そこに入り口があるわって教えてくれました。
皆がプレゼントを持って、新年の挨拶に知り合いを訪ねる時期だったので、とても気になりました。
[PR]