<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

d0042214_21424939.jpgこれは誰からいつ頂いたんだろう…って分からなくなって始めたこのブログですが、自分の予想以上に続いています。
その中でこれは…ギリシャ人の女の子と文通を始めて、最初に送ってくれたプレゼント=初めて私が手にした「ギリシャのもの」です。
その友人が未だに行き来しているクレタ島出身のアテネ在住の友人です。
メークが強烈なこのカップルは、クレタ島の民族衣装を身に着けています。
留守中に届いて、学校帰りに郵便局まで取りに行って帰りのバスの中で開けたいのを必死に我慢してたっけ。
Πως περναει ο καιρος!
[PR]
d0042214_20385767.jpg今日は10月28日、ギリシャのナショナルホリデー「オーヒデー」です。
1940年10月28日、第2次世界大戦で中立の立場にいたギリシャがイタリアからの要求に「No]を突きつけ、国を守るための戦いが始まった日です。
2時間ほど、ネットのラジオを聴きましたが、戦争体験者に話を聞いたり、ニュースとは別枠で歴史を取り上げていました。
日本の戦争に関する各記念日よりも重く取り扱われている印象を受けました。
アテネの国立博物館の前の通りが10月28日通りでしたよね?
これはその後、1941年に始まったクレタ島の戦いを記録したイラクリオンの戦争博物館でもらったリーフレットです。
なかなか、行くチャンスに恵まれず、やっと昨夏見ることができました。
一般の人々から展示物を提供してもらっているので、戦争時の日常生活、戦いのさなかにいた人々の心の動きも見ることができます。
夏しか開いていないのと、ほとんどギリシャ語でしか展示物の説明がない(説明自体がないものも)のが残念ですが、ぜひ、機会があれば見てください。FREEです。
[PR]
d0042214_2155643.jpg今回もファーのグッズです。
KASTORIAは、ギリシャの北東部にある毛皮で有名なところだそうです。寒いところなんでしょうね。
私はデルフィより北へは一度電車で通り過ぎただけなので想像がつきません。
記憶に残るテッサロニキ周辺の風景はギリシャにしては平坦で緑が豊かなイメージです。
友達からPlastiraという湖に遊びに行った写真つきメールが来ました。
その写真を見たら、アンゲロプロスの映画を思い出しました。彼の描くギリシャでは水が豊かに描かれていますね。
この毛皮のブローチは何といってもスパンコールでできたアクアマリンカラーの瞳がチャームポイント。
何の動物?
[PR]
d0042214_22102347.jpgウィンタースポーツが取り上げられるようになって来ました。
トリノオリンピックの話題とともに、昨夏のアテネオリンピックもどんどん過去のものになっていきますね。
このCDはオリンピックの公式CDです。
と言っても日本でTV局ごとにテーマ曲みたいな歌を作っていたのと違って、オリンピック公式ソングといったものはないみたい。
このクラシックバージョンに入っているオリンピック賛歌と、このCDに入っている聖火リレー公式ソングのΝα το Φωςという曲がそれにあたるんでしょうか。
アテネオリンピックの公式サイトにオリンピック時にTVでオンエアされていた聖火リレーのプロモビデオやそのほかいろいろなビデオ、ポスターなどがあります。この曲を歌っているΓιαννις Κοτσιραςの姿も見られます。
[PR]
d0042214_21352012.jpg毛皮の手袋です。いえいえ、友達にもらったキーホルダーです。
今年はファーが流行ですね。
ギリシャの毛皮は安くて良質と有名で、以前の空港の免税店にも毛皮やさんがありました。

友人夫婦と年越しのライブショーに行ったときに、続々と黒い毛皮のロングコートの女性たちが現れました。
友人は「私はファーは嫌い」と言い、私も同意しました。
が本音を言えば、その女性たちはとても素敵に見えました。
もっとも自分に似合うとは思えないし、必要もないので、今でも買おうとは思いません。
このキーホルダーで充分?
カジュアルな使い方のフェイクなら挑戦してみようかな、って今年の秋冬物に刺激されているのですが…。
[PR]
by kranaA | 2005-10-22 21:51
d0042214_14583692.jpg
絵はがきですが、ギリシャの民族衣装の絵です。
ベナキ博物館で買ったものだと思います。
裏にどの地方の衣装か、書いてあったと思いますが、今、手元にないので分かり次第、更新します。
もう一つは、端布をそのままハガキにプリントしたようです。

ギリシャっていうともっと、軽やかな服装のイメージがありますよね。
オリンピックの採火式の女性たちのような…。

私が、初めてギリシャに行ったのは冬のツアーでした。
パルテノンに行った時、同行の人が、「昔の人はあんな薄っぺらい服で寒くなかったのかしら」と震えていました。
そう言えば、南欧に行くからって、カーディガンだけで来てた人もいましたね。
ギリシャのイメージは夏の風景なんですね。
[PR]
d0042214_15233147.jpg
またカレンダーです。今回は2001年のです。
やはり友達が送ってくれたものなんですが、これは置いて使えるようになっていました。
それまでの名所を集めたものとはちょっと違うって思いました。
いかにもの風景もあるんですが、何気ない写真も使われています。
d0042214_1529234.jpg中でもこの写真はお気に入りでした。
キャプションを読んで、申し訳なくも、受けてしまいました。
ギリシャの人って本当に自分の生活を大切にして楽しんでて、とてもいいなっていつも思ってたので。
[PR]
d0042214_1540353.jpgこの嫌煙の時代に恐縮ですが、ギリシャ産のタバコです。
カレリアといってよく雑誌に広告が載っていました。
何年か前、ソウルの免税店でキャンペーンをしてたので、輸出に力を入れているのかも知れません。
これは、タイ在住の日本人の友人から一昨日届いたばかりです。
最近、ブルガリアに旅行に行って免税店で購入したら、MADE in Greeceだったので私に送ってくれたんです。
イスタンブール経由だったそうなので、ブルガリア→トルコ→タイ→日本と巡ってきたんですね。
d0042214_15492273.jpgギリシャは一時期、女性の禁煙率がヨーロッパ1,2位だったそうです。
以前は分煙など望むこと自体が間違ってる状態でしたが、ここ数年は禁煙した男性が増えました。
女性は昔は隠れタバコだったのが、大っぴらになってきた気がします。
[PR]
by kranaA | 2005-10-17 15:51
d0042214_23303868.jpg久しぶりのアクセサリーです。
これはアテネからメトロ(でいいのかな?)で20分ほどのネア・イオニア駅近くの店で買いました。
セール中で指輪3個、これとルビー、ジルコンを身内それぞれに買ったはずですが、今でも残ってるのはこの指輪だけ。そのぐらい気楽なお値段でした。
アテネを去る直前で現金が足りなくて、カードで買ったんですが、キャッシュならもう少し安くして上げられるのに、といわれた記憶があります。
外国人が訪ねるような地域ではなかったので、戸惑っていたお姉さんですが、とても親切でした。
昨年、ここに行ったときは、オリンピックの事務局の最寄り駅になっていたので、外国人もたくさん見かけました。
[PR]
早いもので、もう来年の手帳やカレンダーが店頭に並び始めていますね。
d0042214_22502113.jpg今回は昨年のカレンダーです。クレタ島の風景写真です。
ギリシャで日にちについて話していると「何曜日」というのが日付よりもポイントになっている気がします。
フェリーのチケットを買う時に、カレンダーで日付を指し「○日」って確認したのにその前日のチケットだったことがあります。
曜日にしても、月曜日がΔευτερα(デフテーラ 2番目の日みたいな感じ)、それから3番目が火曜、4番目が水曜、5番目が木曜って言うのがどうもしっくり来なくて、すぐ間違えちゃうので要注意です。
私にはどうしても3番目の日は水曜なんですよね。
[PR]