<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ギリシャでも売っているのを見かけるようになりました。携帯のストラップ。下の2つはキーホルダーですね。どちらもドイツ製だったと思います。
d0042214_22223230.jpg
私の知り合いで実際に付けている人は見たことないんですけどね。

携帯と言えば、ギリシャ人は話好きなので必須アイテムですね。
しかも声が大きい人達なので、話の内容が分かる分かる。
今回もかかってきた電話に「Χρόνια πολλά!!おめでとう!!」と出て、さんざん、元気か、どうしてる?と言った会話の後で、「Ποιός είναι;誰?」って聞いてたおじさんがいました。
これってギリシャ人にとって普通みたいですね?
私もやられたことがあります。携帯の着歴をみて、向こうからかけなおしてくれたので、分かってるものと思ってしゃべってたら「ところで、誰?」って言われちゃいました。
[PR]
d0042214_21134339.jpgもったいなくもお土産にいただいたのに泣く泣く置いてきたものもありました;

前にも書きましたが、クレタ島の村の友人たちはチーズ工場をやっています。
イラクリオン郊外でやっているお店でこの写真のケファロティリを頂きました。
これはミニと書いてありますが、1㎏以上はあるだろうなぁ。

それからこのκυδώνι(キドーニ)のコンポート。d0042214_2211314.jpgこれはマルメロ(?)の砂糖煮です。私は今回、始めて食べました。
アテネに帰る飛行機のX線チェックのあと、バッグの入れ替えをしてたら、係官の女性が「あら、キドーニなんて持ってるの?」って話しかけて来ました。
クレタではポピュラーなもののようです。
あちこちのギリシャの料理サイトに紹介されていましたが、そのうち一つをご紹介しておきます。

この他に、村でフェタチーズとわらわらで日持ちのしない円筒形のチーズ(名前を探したのですが、わかりませんでした)、オリーブオイル1.5ℓペットボトル×2本、いずれ紹介するつもりの葡萄関係の食品、約1.5㎏。これで軽く7㎏は超えてますね。

とても私の力では持ち帰れないと判断し、残念だけど、チーズ3種とキドーニは、私よりも美味しさを分かってくれるアテネの友人たちに分けてきました。
フェタをあげた友人は次の日電話したら「すっごく美味しかったよ!!」って言ってくれたのでよかったのかな…?
[PR]
d0042214_22535315.jpgすみません、いきなりギリシャ語で。エクレクト・パステリというお菓子です。ヌガーみたいな感じかな。
ハチミツとゴマ、砂糖、それにナッツが入っています。

友達とコロナキでお茶したあとでお土産に買ってもらいました。
素敵なお店で、高い天井のちょっと倉庫っぽい作りで、奥にはチーズ売り場、入り口付近ではワイン、コーヒー、チーズなどを頂けます。
d0042214_22545536.jpgフランスのチーズ、ギリシャのハチミツなどこだわった食材を置いています。
彼女のお母さんがここでしか売っていないチーズが好きで、よく買いに来るそうです。
お店のサイトは見つからず、αθηνόραμαで紹介された記事のキャッシュが見つかりました。(最後に紹介しときますね。)
ザクロのオーナメントつきの皮ひもでざくっと束ねてくれたラッピングがまた素敵でした!!

ΤΟ ΜΠΑΚΑΛΙΚΟ
[PR]
今日は午後からずっとネットラジオを聴きながら、仕事をしています。
どうも昨夜からギリシャ全土で大荒れの天候らしく特に北東部では大雪で交通に大きな障害が出ているようです。飛行機や船の欠航も相次いでいます。
バスの中で何時間も過ごしたとか、何十台もが立ち往生したとか。
読むほうの記事ではアテネの中心でも雪って書いてありますが、ラジオでは周辺の山のことしか聞き取れず、まだ市内の様子は分かりません。
今日明日でギリシャに行かれる方はくれぐれもお気をつけて。
特に足元は滑りにくいようにしてください。濡れるととてもよく滑る街なので。d0042214_15461993.jpg

強い風を伴っているようなので、スカーフ、マフラーは飛ばされないように気をつけて。
今年は日本でも、ストールを留めるものが色々出回ってましたが、ギリシャでも流行ってたのか、友達からこれとピンブローチタイプのものをプレゼントしてもらいました。
私もコサージュタイプのものをプレゼントに持っていきました。
[PR]
d0042214_22111311.jpgまたもやION社製のお菓子です。Αμυγδαλου (アーモンド入り)です。
これまた以前、汚らしい紙包みをご紹介したチョコです。しつこいんですが、私はこれが大好きです。ギリシャ人の男の子も大好きでまとめ買いして冷蔵庫に入れてました。
その謳い文句もΗ πρωτη σου αγαπη & παντοτινη あなたの初恋…永遠に。
このチョコの甘さは本当にとろけるようです。
私はチョコレートというよりヘーゼルナッツ好きでミラノのCOVAをいつもお土産にお願いしたりレオニダスでジャンドゥーヤまとめ買いもしました。
でもこのΑμυγδαλουは別格。100円程度でギリシャでならほぼどこのペリプテロでもスーパーでも買える気軽さ。
あまりに好きでION社にメールしちゃいました。
そしたら日本でも先日ご紹介したNOISETTAなら買えるとのこと。
更に調べたら、「海外のお土産を日本で」系の通販に出ていました。250g入りの箱が1300円ぐらい。
今年のバレンタインデーにいかがでしょうか。
[PR]
d0042214_2337248.jpg今回も買ってまいりました。「DOWNTOWN」
表紙の方はΕλενη Μενεγακηさんです。
中身は2005年を振り返ったもの、αναμνησεις μιας γκεισας (Memories of Geisha SAYURI ですね)のチャン・ツイィー特集、パリス・ヒルトンにブラピなどなど。
テレビ欄、映画の上映案内、劇場案内、レストランからエステサロン、航空会社の連絡先まで、週刊、2.6ユーロです。
現地にいた時は、毎日忙しくて読む暇はなかったんですが、至れり尽くせり(?)ですね。
次からはもっと活用しよう。

その最初の方のOPINIONというページにこんな写真が…。記事の内容は大体…。
d0042214_23374712.jpg「日本の消費者は元日に福袋を手に入れようとデパートに列を作る。福袋とは、1月の安売り促進のための比較的最近、考え出されたもので、袋は封がしてあり、中身が何だか分からないが手に入れることが今年のツキであると考えられている。」
みたいな感じでしょうか?福袋を τυχερη τσαντα (ティへリー ツァーンダ 幸運のバッグ)と表現してます。
あ、お土産買って、小分けの袋が欲しい時もこの τσαντα でいいんですね。
[PR]
d0042214_2151842.jpgたまにはもっと役に立つことを書きたいと思いつつ、難しいです。
どうも観察する力がないというか、ニブイと言うか。
エレフテリオス・ベネゼロス空港(アテネ国際空港)には何回も行っているのですが、今回、初めて出発ロビーと到着ロビーが上下階になっている構造だと知りました。
昔のヘリニコン空港みたいに横長に並んでいると思い込んでました。(でしたよね?これも思い込み?)
空港美術館がいわゆる2階だと信じきってたんです。

今回、この人形をクレタ島からの帰りに到着ロビーで見つけて、帰国時に買おうと思って、探しまくってようやく上記のようなことが理解できたわけです。

前置きが長くなりましたが、ぬいぐるみが10ユーロ、文字のプレートが2ユーロでマジックテープで付けるようになっています。
どちらも何種類もあって選ぶのが楽しい。
文字はギリシャの人の名前がメインですが、「誕生日おめでとう」「愛してる」などのメッセージもいくつかありました。
これはありがとう(ΕΥΧΑΡΙΣΤΩ)ですね。
面白いと思ったのは、「やさしい先生」と言った、先生宛のものがあったこと。
ギリシャには、先生に感謝する日があったんでしたっけ。

もうひとつおまけ
[PR]
d0042214_221037.jpg今回、とてもお世話になった友達がプレゼントしてくれたものです。
彼女とゆっくり話したのは実は今回が初めて。
手紙とメールのやりとりはしていたのですが、とてもオープンな人柄で素敵なご家族でした。
これはヘアクリップ。プラスチック製よ、と言っていましたが、そうは見えないですね。
彼女も使っていました。
実は私は涙がでるほど、πεταλούδα(この形のものです ペタルーダ この日本語を変換するのも嫌なほど)が嫌いなんです。
去年の夏、他の友達のπεταλούδαのタトゥーを入れたってメールに、信じられない、見たくないって返事してちょっとまずい雰囲気になったり。
なのでこれは私の身内につけてもらうことにします。
ごめんなさい!!!でもあなたの親切は絶対忘れません!!!
[PR]
早いもので1月も半分を超えました。
日々を重ねることの意味を考えることが最近多くなりました。
様々な出来事で彩られた1日1日も通り過ぎてしまうと夢のように感じてしまうこともあります。
もっともっと迎える1日、過ぎていく1日を大切に過ごしていく1年にしたいと思っています。
d0042214_2364292.jpg

そんな気持ちを込めてカレンダーにしてみました。
一緒の時を過ごすことが多い友人、知人にこの一年は使ってもらえるかな、と思って買ってきました。
[PR]
d0042214_20493489.jpg私の行く村では新年に挨拶に行くと、まずはこういう甘いお菓子(γλυκο グリコー)がたくさん出てきます。小さい村なのでどの家に行っても同じものだったりします。
特にNOISETTAと言うヘーゼルナッツ入りのチョコは必ず出てきます。
自分のブログで申し訳ありませんが、7月15日に書いたIONの一口チョコのことで、手前の緑の包みです。
箱入りもありますが、今回は袋入りを買ってきましたが、4.7ユーロぐらいでした。500g入りです。
他のお菓子はケーキ屋さんで売っているチョコレート菓子で、美味しいですよ。
d0042214_2056369.jpg
結構、大きいのと甘いのと必ず、この後にクラビエーデスとメロマカロナという新年の焼き菓子が出てくるのでほどほどにしないと…。
その村ではこの他に、チーズを餃子の皮みたいなものやパイ皮に包んで焼いてハチミツをかけたものを出してくれます。これはアツアツで食べるととても美味しいです。
チーズは普通はヤギのミルクから作ったものですが、このお菓子には羊のミルクのチーズを使うと言う話でした。
食事中に頂いたので名前をメモできませんでした。
[PR]