<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0042214_028720.jpg昨年もオーヒデーのことを書きましたが、10月28日はギリシャの第2次世界大戦でイタリアの戦略的要求に「NO Οχι オーヒ」と言った記念日です。
これらの切手は第2次世界大戦でのギリシャの各地の抵抗運動の様子を描いたものです。

ギリシャ人のレジスタンス運動は烈しく、独伊の戦略に大きく狂いを生じさせた原因なったと分析されています。



d0042214_0283834.jpgオーヒデー直後のムッソリーニの書簡では、最初のイタリア侵攻に対するギリシャの反攻やアルバニアの反乱により思うような成果を得られなかったことが書かれています。もっとも、まだまだこれからだと鼻息が荒いのですが。
ヒトラーは、イタリアのギリシャ侵攻が時期尚早だったと考えていたようです。
地中海世界でことを起こすのはバルカン半島の足固めがある程度済み、スペインを枢軸側に引き入れて参戦させた後にして、地中海封鎖を可能にし、すでに駐留していたイギリス軍を一気に壊滅したかったようです。
最終的にはイタリアは地中海制圧に失敗し、ドイツはロシア侵攻で辛酸をなめ、撤退を余儀なくされました。

どんな結果であれ、戦地となった諸国に残された深い傷跡を思うと、戦争がもたらすものは不幸でしかないと思います。物質的な苦労、生命の危険に常にさらされている恐怖はもとより、他人を信じることを是とできない、そんな日々を強いられるのは、非人間的な生き方を強制されることだと私は考えます。

d0042214_029382.jpgクレタ島の東寄り中央部で、一つの村が丸ごとドイツ軍の犠牲になったことを悼むモニュメントを見ました。
他にもこうした村がいくつもあるそうです。

現在、大量のドイツ人がクレタ島をバカンスの地として訪れています。こうした人間の行き来が普通に出来る世界でありますように。
[PR]
後で文字を読もうと思ってたら、ゴミだしにいつの間にか使ってしまいました。
「探しているものが見つかる」「卸し、小売」あとは住所が書いてあるようです。
駅前のコンビニみたいに小さくて奥行きのあるスーパーでした。
レジは二つしかなくて、一番奥にある精肉コーナーの冷蔵庫を覗いてたら、レジの女の子が肉屋さんをしに飛んできてくれました。
d0042214_2355716.jpg

ここは小さかったけど、郊外型の巨大スーパーも見かけるようになりましたね。
次回はそういうスーパーに行って、並んでいる品物を心ゆくまで眺めたいなぁ。
専門店も良いけど、勝手に手にとって、好きなだけ迷える買い物が出来るスーパー、優柔な私には向いているようです。
[PR]
自分では買わないお土産シリーズ(そんなシリーズがあったのか)です。
d0042214_2355959.jpg
一緒にギリシャに行った者が購入しました。ゴムみたいな素材で、軽い壁掛けです。
私は最近はスーパーでお菓子を買い込んでお土産を済ませています。
お土産物屋さんに行くことも少なくなっていたので、初ギリシャの同行者の買い物は呆れるやら、面白いやら…。
プラカの数あるお土産物屋さんを丁寧に見て歩き、1点1点吟味してギリシャっぽいグッズを探すことに集中していました。こういうものがお土産にいいのか、と教えてもらった感じでした。
[PR]
何だかもっとギリシャらしいものを探して来た方には申し訳ないものが続きますが…。
今日の7時台、NHKニュース&民放でギリシャで大雨で川が氾濫、ホテルが被害にあったニュースを見ました。
旅番組でもないのにクレタ島の映像を朝っぱらから見るのも滅多にないことです。
数日前の記事でクレタ西部のハニャーに大嵐の予報が出ていたので、あまり驚かなかったのですが、民放の方はアテネも大雨、とのことで、一応、イラクリオンの友人に電話をかけました。
「違う地域だから大丈夫」
d0042214_22434960.jpg

さてこの切手、消印の日付をご覧ください。これは「阪神・淡路大震災」の際、クレタ島の友人が安否を気遣ってくれた手紙のものです。
私は関東在住でしたので、生活に支障はありませんでしたが、自分が無事だからと言って、喜べる状況ではありませんでした。
それでも、お礼と無事の電話を入れると、皆が心配している、被災地の皆様のことを祈っている、と言っていました。当時はお伝えするすべがありませんでしたので、今更で申し訳ありません。
99年のアテネ大地震の際には、私の方がアテネ在住の友人の安否が気になって電話をしまくりました。
アナウンス案内や応答なし、たまにつながっても出ない、職場の電話からは出来ないので、何度も公衆電話に走りました。
結局、彼女の実家の電話番号を国際電話番号案内に問い合わせて、実家のお母さんから無事を確認しました。(無事でしたが、数日、車で過ごしたそうです)

当時はギリシャの情報と言っても本当に限られていました。
今はギリシャの天気予報も見れるので余計な心配をしなくて済みます。
でも今回のようにテレビニュースという形になると、大きな影響力がありますよね。
ニュース報道と言うのは、客観的に見えて、実は送る側が送りたいものを発信しているということを考えて見なくてはならないものだと思います。
その中から、本当に正確で自分に必要な情報を探り出すことは相変わらず難しいことです。
[PR]
d0042214_012132.jpgどうも入場券と切符をごちゃごちゃにしていました。
これは船の切符。それも古い方。新しいのはどこに行っちゃったんだろう、と探して見たら、最初の方にさっさと紹介していました
これは古い手書きの物なので、見ていただいても何の参考にもなりませんが、一応、船の名前、乗客名、日付、出発地、到着地、部屋番号、ベッド番号、料金が書かれています。
ま、この字を解読して、自分の船室に辿り着けた記念とでも申しましょうか…。
実際は、ボーイさんが案内してくれるので、私はベッドの上下段の区別も着きませんでしたが。

今、ギリシャでは地方自治体の首長選挙(間違ってたらごめんなさい、ギリシャの選挙制度はわからない)の最中みたいです。
出身地での投票のために移動が始まった、という記事を読んだのですが、確か、戸籍といったものはないと思うので、これは住民票のようなものが登録されている地区で投票するという意味なんだと思います。
投票の移動のために長距離バスや国鉄が25%~30%の割引チケットを出しているけど、すでに飛行機や船は満杯、と言うのが土曜日の記事でした。
何だか、想像がつかないんですが、ギリシャの選挙速報なんてすごく熱いだろうなぁ。
[PR]
by kranaA | 2006-10-17 00:13
何の根拠もないのですが、ずっとインド製だと信じています。
ギリシャの友人のクリスマスプレゼントですが、内径が5cmないので何が入るかな?
作りは結構凝っていて、外側と内側は別に作られています。外側は打出し模様の付いた3色のプレートを加工してあります。d0042214_0165058.jpg
残念ながら、フタがちゃちくて、これは紙か板か?ベコベコしてます。一番のポイントの錨マーク、あからさまに見えている両面テープでくっついていたのですが、今ではすっかり自由の身。
すぐにどこかへ行ってしまいます。
これでは錨の役割を果たしませんね。

ギリシャでの移動は時間の都合で飛行機を使うことが多いので、船に乗った回数は10回ぐらいかな?
クレタ島への定期便はMinoan lineとAnek lineの2社が運航しています。
どちらも似たような料金、時間設定ですが、私はMinoan lineの方がクレタ島に行くぞ気分になる外装なので気に入っています。
夜20時ぐらいから21時に出航して、翌朝、5時か6時に到着というパターンです。イラクリオンでは早朝から開いてるお店などあまりないので、船の待合所、バスターミナルなどで時間を潰して、明るくなってから街へ移動しています。
おっと、錨でした。
この定期便はどちらも長さ200mのカーフェリーなので、お尻から接岸して乗り降りもそこからします。
夜出発だし、舳先にある錨はデッキから見えませんでした。
チェーンが巻き上げられて、錨が上がってくる時の水の滴りに出発する高揚感を感じるのですがこれは見送る側の時の情景ですね。
[PR]
押し葉なんて言葉があるのかと思いましたが、一回で変換されたのであるみたいです。
d0042214_23455774.jpg
これは10数年前、ギリシャの乙女が手紙に入れてくれた葉っぱです。こんなものまでやりとりしていた感受性豊かなあの頃がしみじみ懐かしいです。
秋のギリシャに行ったことがないので、落葉や紅葉の様子はどんな風なのか、想像するだけです。
ギリシャと言えば、オリーブ、でもオリーブは常緑樹ですね。あ、ポプラも多いですね。ポプラは広葉樹で落葉します。でもポプラはアテネの街路樹のイメージがあります。
ギリシャって石灰岩質の上に広葉樹が少ないから土地が肥えないんでしょうか?
ちゃんと覚えていなくて恐縮ですが、こんな話があります。
昔、神様がヨーロッパを作る時に、それぞれの国に一つずつ良い物をくれたそうです。フランスには肥沃な土地(これしか覚えていない)、イタリアにはこれ、ドイツにはあれとすべての良い物を分け終わって、ふと見るとギリシャが残っていた、で仕方なく神様はギリシャに…一体何をくれたんでしょう!!!!どうしても思い出せません。
この話はギリシャの土地がいかに痩せているかを例えたものとして、古代ギリシャ専門の先生が授業で話してくださったことです。
どなたか同じ先生の授業を受けた方、ご記憶でしたら教えてください!!
[PR]
by kranaA | 2006-10-10 23:51
これは相当、昔に頂いたものですが、引き出しの奥底に眠っていました。
時計のバンド(ベルト?)みたいですね。
d0042214_23171431.jpg

私は腕時計を使いません。時間に縛られている気がするし、普段の生活だと時計ってどこかしらにあるから必要ないかなって。
(実は貰った高い腕時計を失くして以来、しない主義と公言しているという説もあります)

でも旅行に行く時は必要ですね。ギリシャでは腕時計をしていないので奇妙な大人に思われていたようです。それでもアラーム機能が欲しいので腕時計を使わず、もっぱら小さいアラームクロックを持ち歩いています。

まだギリシャ語を習いたての頃、モナスティラキの駅でおばさんに声を掛けられました。
多分、Εχετε την ωρα; (Do you have the time?) って言われたんだと記憶しています。
時間ありますか、と誘っているのではなく、単に何時ですかと訊いているので注意!!の言葉です。
さすがにおばさんだったのでナンパだとは思いませんでしたが、7㎝四方の目覚まし時計を取り出して時間を見るのは恥ずかしかったので、「Οχι (オーヒ) no」とだけ答えてしまいました。恥ずかしい。
するとおばさんは自分の腕を指して畳み掛けてきました。
「時計持ってないの? το ρολοι (ト ロロイ 時計)よ」
分かってるんです、でも、ないことにさせてください。
[PR]
また、タバコですみません。もうすぐ地球上からなくなりそうなので今のうちに…。
ギリシャに行かれる方に、1箱買ってきてもらえれば、と思って頼んだら、1カートン買ってきてくださいました。ありがとうございます。
d0042214_23383364.jpg

このタバコはかなりスカスカ。
雑貨屋で、一番軽いのください、と言ったらこれを出してくれました。
その後も続けて通ったので「τσιγαρο ツィガーロ タバコください」と言うとちゃんとこれを渡してくれて常連になることができました。
1年半振りにその店に行った時、最初は思い出してもらえなかったのですが、話をしたら思い出してくれ、「タバコください」と言ったらすぐにこれが出てきました。
ギリシャの人は日本人に比べるとアバウトな感じがしますが、「19××年と200×年に来たよね?」「この前来たのはこの子が生まれて2週間目だったわよ」というようにきっちり覚えていてくれる人が意外と多いのに驚きます。
[PR]
by kranaA | 2006-10-03 23:49