<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

トータルで15時間ものフライトに耐えて、アテネくんだりまで散歩をしに行ったわけではありません。
友人に会うのが今回の目的。ただ、もう仕事が始っていた時期だったので、ほとんどが夜の約束でした。
d0042214_0243468.jpg

今回は友人Fが連れて行ってくれたイカリア島の料理を出すレストランのご紹介です。
ZEYKINと言うこのレストラン、音楽とお酒と肴を出すタベルナだそうです。
肴といってもちゃんとしたお料理です。
d0042214_0245924.jpg写真は手前が胡椒のきいたチーズ。奥が水に浸したパンと野菜を酸味の効いたドレッシングで和えたサラダです。写真がボケているので分かりにくいですが、ご飯とから揚げじゃありませんよ。
こうした前菜をメゼと言います。6種類もメゼを取ってくれて、それにメインディッシュ。
餃子の皮のようなもので、野菜(カボチャだったと思うけど、自信がありません)を包んで揚げたものもあって、天ぷらじゃん!!とつけたソースが不思議な味でした。いつものクレタ料理とは違う素材が使われていて、島ごとの文化の違いを垣間見ました。
イカリア島には温泉もあるそうです。これは行ってみなくちゃ!!

ところで以前、ギリシャ人はカフェなどに2人で入った時に4人掛けの席でも向かい合って座らず、隣に座りたがると書きましたよね
今回もその裏を取るべく、昼間、観察してたんですが、なかなか、これという現場に出会いませんでした。
が、このレストランで見てしまいました。
この日は土曜日とフォティスさんとかのネームデーが重なって、予約でいっぱいでした。
私達も予約して行ったのですが、真ん中のよくない席。
私の前方には、入り口があってその横に無理やり作ったような席が一つありました。
気がつくとそこに2人の男性が座っていました。それも四角いテーブルの長い辺に二人並んで…。。d0042214_0252759.jpg
30才ぐらいかな、と思われる、なかなか見た目の良い二人でした。料理が来ると黙々と食して、時折、何かを話している程度で特に仲良しそうでもありません。
音楽が始ると一人は酔いしれていましたが、もう一人は冷めている感じ。
そんなに会話もないなら何も並ばなくても、などと、真正面なのでついつい突っ込みたくなります。
同じ頃に店を出たのですが、最後まで静かに一人はたくさん飲み、一人は時折携帯をチェックしながら、無表情にしておりました。
女性二人でも男女ペアでも不思議だった隣同士、男性二人は更に私の理解の外側でした。
次回、またじっくり観察しなくちゃ。
[PR]
今回、観光しなかったのは時間がなかったからではなく、靴のせい!!
履きなれない靴で行ったわけじゃないんですよ。足にはフィットした靴が、アテネの道路にはフィットしなかったんです。
ギリシャの道路は石で出来てます。滑るし、石畳も隙間を埋めてあるコンクリートがところどころえぐれています。エルムー通りでヒールがその隙間に埋まって、30秒ぐらい道と格闘していた日本人をみかけませんでしたか?それは私です。
上り坂の多い遺跡、滑りやすい床の博物館は、あきらめました。
ちなみに車道もアスファルトより硬質な素材で出来ているらしく、光沢があり、タイヤの音が激しくうるさいのが、アテネの特徴の一つだと思います。

教訓:アテネの道は、歩く人に優しくないので、靴選びには注意しましょう。
いきなり穴が開いてたり、乗り越えなくてはいけない段差があったり、駐車車両に塞がれていたり…。
d0042214_024710.jpg
駐禁取締り中。でも実効性はないようです。

そんな訳で考えたのが、メトロに乗って街ウォッチング。メトロと言っても、地上を走る部分も多いので車窓が楽しめます。
d0042214_0183257.jpgこのΕΝΙΑΙΟ(エニエーオ)というのは、1時間半有効の切符です。
これでオモニア駅から、1号線の終点、キフィシア駅まで行きちょっとだけ歩いて、復路へ。
アクロポリスに近いシシオ駅まで戻ったら1時間25分でした。結構、時間がかかったので終点ピレウスまで行かず、ここで下車。
2号線は前々回たくさん乗ったので今回はパス。
空港から直結の3号線で、最近、良く聞くアンベロキピ駅下車。何か新しいスポットがあるかも…。
降りても何だか良く分からなくて、またまたスリップしながら、人の出入りが多いぞ、と入った道の先は病院でした。
路線図
アンベロキピ周辺をさまようこと1時間。ほとんどが3、4車線ある車道を渡るのに費やした時間でした。

やれやれ、遺跡や博物館に行ったほうがよほど楽だったかも…。
[PR]
by kranaA | 2007-01-26 00:41
クレタ島のスーパーで買ってもらったクッキーです。
d0042214_2371378.jpg

βουτηματο κανελλας (シナモンの固いクッキー) 固いクッキーとありますが、さくさくで甘さも軽くて美味しいですよ。
κανελα (カネーラ)がシナモンのことです。
これは前回書いた兄嫁がクレタ島のお菓子だから、と買ってくれたのですが、このパッケージ横幅30センチぐらいあります。1キロぐらい入ってたのかも。
半分のパッケージなどないのを見るとこのぐらいは、あっという間に食べちゃうのかもしれません。
クレタ島では1泊しかしなかったので、今回はこれが唯一のクレタ島のお土産でした。

ここから先は長いので覚悟してください
[PR]
あぁ、本当にこれを持って帰れたら…。
d0042214_0261599.jpg

今回、イラクリオンの友人Cは北ギリシャに休暇で出かけてしまいました。
彼女と相談して、クレタ島に渡る日を決めたのですが、旦那さんの仕事の日程がずれてしまったのでした。
日程をずらしても合う日がなく、仕方なく予定通り出かけていきました。
で、彼女の家に一人でお泊まりさせていただいたんですね。テンプレートの写真はこの家のバルコニーから撮ったもの、プロフィールの写真はこの家のドアです。

イラクリオンから西へ車で15分ほど走ったこの辺りにも、夏場はリゾートホテルが並んでいます。海は島の南の方が綺麗だと思いますが、イラクリオンから便が良いのでぜひ足を延ばして見てください。

この建物には、3家族、Cの一家とその兄夫婦2組、計3組が住んでいます。
なので、夜、寝るときだけ一人で後は2家族の計7人の子供達と遊んでいました。

この兄嫁たちとももはや長い付き合いなので、当たり前のようにご飯を食べさせていただき、女性同士のおしゃべりも楽しませていただきました。
いつも家族同様に迎えてくれてありがとう!!
感謝を込めて、ご馳走になったイノシシ肉と野菜のオーブン焼をご紹介します。
食べた時は単語が分からなくて、イノシシ年の話が出来なかったのが残念です!!
d0042214_08687.jpg

オリーブオイル抜きのトマトソース仕立てだったので、かなり脂肪の厚い肉なのにさっぱりした味でした。
右側にあるのがロシキーサラタ(ポテトサラダ)、中央はフェタチーズです。
この家はチーズ屋なので新鮮で美味しいですよ。
[PR]
昨日のアテネおよびギリシャの各地では大きな集会があったようです。
憲法の条項改正が審議されるのに合わせて、学生や教育者がデモ行進をしたのですが、一部、暴徒化した若者と警官隊との攻防も起きたみたい。
d0042214_21373594.jpgネットラジオで観光客の多いシンタグマ広場やアカデミアス通りの様子をレポーターが伝えていました。車が燃えている、とレポーターが興奮しているのを聴きながら、ギリシャの友人とチャットしていました。
彼女は「こっちは暑いよ!!未だに冬だとは誰も思ってない」といたってのんきでした。
ヨーロッパ全体が異常気象で昨日は暑かったようですが、更に熱いギリシャの若者達の様子を聴いていて政治意識の違いを感じました。
日本も教育基本法改正時は騒ぎましたね。当の学生達や教育者の様子の報道はあまり見なかったけど抗議運動などはあったのでしょうか。
この夏には憲法改正が争点の一つになる総選挙がありますね。この問題に関してはもっと意識を持っていかなくては、と思っているのですが…。

友人の家にあったカレンダーを写真に撮ってきました。小学校1年生のクラス写真です。
みんな、未来でいっぱいです。
[PR]
昨秋、アテネの本屋さんが思い浮かばない、などとほざいた私を見返すかのように、今回は本屋さんばかりが目に着いた街歩きでした。
スタディウ通りには、地下1階、地上3階(だったかな?)の立派な本屋さんが出現。並行するパネピスティミウ通りにも大きな本屋さんが1件、他にも小さな本屋さんが何件か並んでいました。
2つの通りを結ぶアーケードにはこんな、本屋さん街がありました。
d0042214_045894.jpg
「本の回廊」(ストア トゥ ビブリゥウ)

この回廊の両側に本屋さんが何軒も並び、回廊にはちょっとしたカフェのコーナーがありました。


大きな本屋さんにもそこここにゆったりした椅子やビーンズソファがあり、かなりゆっくりと本を選べる空間になっていました。
もっと驚いたのがリファレンスのための店員さんがたくさんいたこと。
本棚の前でうろうろしていると、「お手伝いしましょうか?」と声がかかります。
お客さんがこういう本が欲しい、と相談すると、コンピューター検索して、書棚から、何冊も本を選び出してくれます。

自分であちこち見てから、辞書のことを訊きました。
店員さんは「探して見ましょう」と言って、私が何度も確認した棚をチェックして、「残念だけどないわ」と教えてくれました。日本のように在庫の入ってる引出しから、お目当てのものが出てくることはないみたいです。「取り寄せますか?」とも訊かれなかったのは、外国人だったからかな?

本の回廊のケドロス社のお店で1冊、大きな本屋さんで辞書とティーンエージャー向けの本を1冊買いました。d0042214_058577.jpg
この本は「18の少し前」という本。この18が年齢のことかはまだわからないのですが、女の子の新しい友人との出会いと生活を描いているようです。
私は小学校高学年から思春期の成長を描いた本が好きなので、これを見つけたときは嬉しかった…。読めるといいんだけど、ゆっくり取り組みたくてもったいつけてます。早く始めないと本棚に置き去りになりそうですね。
この本は7ユーロぐらいでしたが、他のは20ユーロと30ユーロ前後。
高いなぁ。きっと読めないだろうなぁ。
でも、本屋でゆっくりと時を過ごして、読んでみたい本を見つけられた至福の時でした。
[PR]
今回、空港で一夜を明かし、翌朝一番の飛行機でクレタ島に渡る旅程を取りました。
アテネの空港は市内までバスで道が空いていても、1時間かかります。
24時ごろ着いて朝6時過ぎに飛行機に乗るのに市内まで往復するのは時間とお金のムダと考え、年は考えないことにした暴挙でした。
エレフセリオス・ヴェニゼロス空港は24時間OPENの空港で、出発ホールは結構人が多くて椅子の空きも少なく、到着ホールで時間を潰しました。

さて、時間に正確なエージアン航空でイラクリオンまで35分。
冬場はエーゲ海に雲が浮かび、眺めが良くないのが残念ですが、ドリンクサービスが来て片付ける頃には着いてしまいます。

さてイラクリオン(ニコス・カザンツァキス)空港について、目的地に行くのにバスにしようか、タクシーにしようか、いずれにしてもまた時間を潰さなくてはなりません。
バス停はどの辺だろう、と探そうとしましたが、さすがに日本から移動直後、完徹した身体では動くのが面倒でした。
タクシーにしようと思い、たむろってるタクシー運転手たちを眺めていました。
すると、昨年の元日、村まで行ってもらった運転手さんがいるではありませんか。
うーん、去年は腕を吊っていた印象が強すぎて、たしか、この顔だと思うんだけど…などと迷っているうちに、時間が近づいてきたので思い切って声をかけました。

「去年の元日に××村に行きましたよね?」
××村の存在も道順も知らないで、外国人を乗せて1時間半の初仕事、覚えてないはずがない、とは思いましたが、すぐに思い出してもらえたのは嬉しかったです。
すぐに「村の小母さんはどうしてる?元気か?」と挨拶が始まり、他の運転手さんにも事情を話してくれました。

そして今日はどうするのか、と聞いてくれ、彼の順番を待ってタクシーで出発。
帰り、もし、タクシーが必要なら呼んでくれと携帯番号を書いてくれました。
こっちには電話しないように、と表はぐりぐり線を引いたので、汚いですが…。
d0042214_23574070.jpg

もちろん、料金はしっかり取られましたよ。でも最初の目的地から次に行くのに待ってもらったり、街の説明をしてもらったり、初めての運転手さんより気が楽でした。
今年、最初の再会がこの運転手さんでした。イラクリオン空港でキューピーさんみたいな顔をした巻き毛の運転手さんがいたらその人かも知れません。
[PR]
滞在中の土曜日は正教の祝日でした。昼頃、のこのこと外へ出るといつも人でいっぱいのオモニア広場付近が閑散としています。
お店も普段の土曜ならやっているのに、閉っています。
今回、観光もしなきゃ、大好きなスーパーにも行かなかった私ですが、CDと本だけは買おうと思ってたので、この土曜日の前日、金曜日にしっかりと買っておいたのがこのCDです。

本当はもっと買いたかったのですが、事前に調べる暇がなくて、優柔な私には決断できませんでした。十代の女の子に訊いたら、携帯の待ち受けにしてるヨルゴス何とかは顔はいいけど、歌はいまいち、でもギリシャの音楽なら何でもいいよ~、といい加減なアドバイス。
すでに2枚持っているミハリス・ハジヤニス君なら外れることはないだろう、と購入いたしました。
d0042214_23122916.jpg

φιλοι&εχθροι 友と敵
早速、通勤の車の中でリピートしまくりで聴いています。前作の「ακαταλληλη σκηνη」(何て訳せばいいんだろう 不適切なシーン ですか?)にはかなりインパクトを受けたのですが、今回は全体的に抑え目な感じがします。
歌詞カードも、前回は開くとハジヤニスくんと目が合ってしまって、落ち着いて歌詞も読めませんでしたが、今回は安心して歌詞を追える作りです。

これを書いている間もネットラジオで「ΠΕΙΣ」と言う曲がかかりました。これはセリフが入ってて、昔のアメリカンポップスみたいです。

この祭日の日
[PR]
d0042214_232938.jpg


成田からそのまま仕事へ直行。

家にようやく着いたら届いていたカード。


Ελπιζω να σε δω, εαν ερθεις στην Αθηνα. 
もしアテネに来るなら、会いたいね。 

そして電話番号…。

なんでメールして来なかったんだ!!!
[PR]
あ、1月1日に更新してましたね。何だか、すっかり呆けてます。
lemonodasosさんとコメントを交わしたように、1週間ばかりギリシャに行ってきました。
行く前には帰ってきたら旅行記でもと考えたたのに、とことん観光しなかったんです!!
何か書けるか、今はまだ分かりませんが、また私の中で更新されたギリシャの話ができたらいいなぁと思ってます。
今年もよろしくお願いします!!!
d0042214_1973564.jpg

空港の到着ホールにあるお花屋さん。去年はぬいぐるみでいっぱいでしたが、今年はバルーンがいっぱいでした。あのわんこのぬいぐるみもいなくなってたので、どなたかに連れて行ってもらえたようです。

クリスマス仕様の背景ももうしばらくお付き合いください!!
[PR]