<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

もうしばらく前になりますが、ギリシャ語の本で紹介した「λίγο πριν από τα 18」という本を読み終わりました。
途中から面白くなって263㌻頑張りましたよ。
色々なことを感じたので何回かに分けて書くことになりそう。
d0042214_2337158.jpg実はギリシャ語の物語を1冊まるまる読むのは初めて。
新聞や雑誌の記事の拾い読み、友人がくれたマンガや文集を読んでみましたが、どれも身に入って来ませんでした。
事故や地震や天気についての単語は覚えても普段使わないし、ギリシャ語って回りくどいので意味を推測できる内容でないと私のレベルでは意味が分からないまま最後までいってたりして…。
今回の本は中学2年生の女の子の生活を描いていたので、状況が分かりやすく、普段の会話に使う表現がたくさん出てきたのが良かったみたいです。

1章ごとにまずは辞書なしで、2回目に辞書を引き引き読みました。

辞書なしで読んでいる時、ふと、こんなに一生懸命、書かれている内容を想像しながら本を読むのってずい分久しぶりなことに気づきました。
私の読書経験は、お約束のようにディズニーの絵本が最初です。
今でもその絵本は取ってありますが、大人になってからふと開いてみてびっくり。
こんなに書いてある文字が少ない!! 私の頭の中にはその文章の何倍もの描写が記憶されているのに!! ところどころ、子供の頃の私の字で内容を付け加えてあります。
ああ、こんなに少ない文章からこんなに広い世界を想像させてくれてたんだなぁって感動したのですが、その時と同じような感覚を覚えたのでした。

流暢に話したり苦もなく文章を読めるようにはなれないけど、こんな楽しみもあるんだな、と思ったら、勉強するのが楽しくなりました。
記憶力の低下により同じ単語を何度も引いている情けなさから、救われました。
写真は裏表紙。14歳以上向けですって。確かに14歳以上だけど…。
[PR]
3月25日はギリシャの独立記念日でした。夏時間にも変わっていよいよ春満開なんだろうなぁと想像しています。
この切手は独立記念日の記念ではないのですが、それっぽい感じがしたのでご紹介。
1913-1988とありギリシャ北部の地図がデザインされているので、第1次バルカン戦争による領土拡大を著しているものでしょうか。
ちなみにクレタ島もこの年に正式にギリシャ領として承認されています。
d0042214_093143.jpg


話は変わってギリシャの郵便事情です。
お正月にお世話になったクレタ島の友人にお礼がしたくて、1月末に小包を送りました。
一応、メールで送った旨を知らせたのですが、その後音沙汰なし。
これはいつものことなので気にしていませんでした。
先日、久々に電話を入れた時に、「そう言えば小包受け取った?」と訊いたら、「受け取ってないよ」!!
「2月に着いてると思うけど」
「なんか、お知らせが来てたみたいだから明日郵便局に行って聞いてくるね」
1ヵ月半も経ってるので不安でしたが、翌日、「荷物受け取ったよ」とメールが来ました。良かった。良かった。

私が何軒か見たギリシャの集合住宅では個別ポストがなく、郵便物は一つのポストに一括して置かれ、そこから住人が自分宛のものを取るようになっていました。
アテネの友人に送った小包を誰かが持って行ってしまったこともあるんですよ。
今回の小包は以前に書いた兄妹で建物を共有しているところだったので、書留やSALにした訳でもないのに、配達員さんは持ち帰ったんですね。
ちゃんと宅配するシステムに変わったのかな。

それにしても、日本では保管期間は2週間ぐらいでしたよね?さすがに時間の流れ方が違うなぁ、と関心した出来事でした。
[PR]
クレタ島のチーズ作りをしている友人にもらったチーズ、μυζηθρα(ミジースラ)です。
これでは今ひとつお分かりいただけないと思いますが、できたてのわらわらのチーズ、一見おぼろ豆腐のようです。d0042214_0194755.jpg
村でのチーズ造りの工程は…
山羊の乳を巨大な寸胴鍋(?)に入れる。
塩を入れて攪拌しながら、一定の温度で数時間温める。
そうするとわらわらした固まりが出来てくるので、それを掬い取って型に入れる。
しばらく置いて、水を切って保存。2ヶ月から3ヶ月熟成させる。
多分、このわらわらの段階がミジースラだと思うんですけど、塩ではないものを入れて作るのかもしれません。
チーズを作っている家に行くとまだ暖かいわらわらを出してくれます。
味はほとんどなく、かすかに乳臭く、豆腐に似ているのに脂肪分が感じられます。
この状態では私には美味しく感じられません。
忘れられないのは、このチーズをパイ皮で包んで揚げ、あつあつの内にハチミツをかけたもの。これは美味しい。
d0042214_0202067.jpg

現在はこの写真より機械化されています。見たい方は冬にお出かけください。
夏に行った時、「チーズ作らないの?」と訊いたら、「夏には子供が生れないからね」と笑われました。
[PR]
ひさびさにのんびりとPCに向かう時間が出来たので、いらないメールでも整理しようと思い立ちました。
d0042214_2114201.jpgオンラインでチケットを購入してからたまにエージアン航空からnews letterが来るのですが、今月も来てたっけ、捨てる前に開いてみました。
-ああ、エアバス社のA320新型機を導入するお知らせだったよね。
2009年までに8億ドルかけて19機導入。今年2月から始って3月末までに3機導入か。
ユーザーに一々こういう計画をお知らせくださるのね-
メールが来たときにもちらっと読みましたが、今回は航空機の故障のニュースが相次いだ後なので、ちゃんと読みました。

このメール、導入される新型機の機体に表示される名前の募集でした。
名付け親になった人への賞品は2名にローマ3日間の旅、往復ビジネス航空券と5つ星ホテル滞在。更に応募者全員から抽選で50名に同航空会社のネットワーク内での往復航空券をペアでプレゼント!!
名前の条件はギリシャ語で、それを語源とする英語が、現在使用されているものだそうです。例えば、ミクロとかマクロとか?何百もあるそうですから、探して見ても面白いかもしれません。
残念ながら、〆切は3月15日でした。このメールは3月6日に来たものです。
エージアン航空、日本には来てないから、万が一当選しても現地まで行くのは自費ですしね。
d0042214_21154790.jpg
上の写真は今年の1月に利用した時にもらったキャラメルとペカンナッツのソフトクッキー&いつもくれるキャンディーです。こちらは中身。長旅でお疲れのご様子ですが、こってりした甘さは健在。
35分のフライトで、これらを別々に配ってドリンクサービスしてくれます。何より遅れないのが素晴らしい!!
去年は元旦に乗ったので、シャンパンとバシロピタ(新年に食べるアーモンドのスポンジケーキ)でした。

今日、3月21日に抽選!!発表は抽選後、3日以内にエージアン航空ホームページにて!!
今回、英語のメールを先に捨ててしまったので、全てギリシャ語からの情報のため間違いがあるかも知れませんが、ご容赦ください。
[PR]
d0042214_2231355.jpg
今回は、お家ご飯ではないものです。
上はクレタ島イラクリオンの友人がやっているレストランで出しているもの。
基本のメニューの他に日替わりでお薦めがあります。テイクアウト可。
これは子羊のトマトソース煮ペンネ添えです。私に合わせて少なめにしてありますが、普通に注文すれば、もっと大量に、パンもたくさん出てきます。
d0042214_2233575.jpg
下は宅配ピザ。かなり大きいもので大人3人子供3人でも、余りました。
グラタン、オムレツ、サラダなどなども一緒に注文。
左側の緑の野菜サラダは自家製で、ホルタと言う青菜です。苦味があってしゃきしゃきしています。
ギリシャのメインのご飯は1日1回。主婦は働いていても、手のかかる料理をするので大変だなといつも思っていました。
圧力鍋があるから調理時間が短くて済むのよ、と言いますが、野菜も泥のついた状態から使うので下ごしらえが大変。肉も固まりでまとめ買いするので、解凍するのに時間がかかります。
オーブン料理はある程度作っておいて、焼くだけにしておくとか。
日本では1日3回ご飯を作るの!?と逆に驚かれますが…。
インスタントもの、冷凍ものに対しては抵抗があっても、こうした手間のかかったテイクアウトならどうにか許容範囲なのでしょう。
[PR]
Ο καιρος περναει. 時は過ぎていく
しばらく更新できませんでした。ちょっと他のことに集中していたら、そちらにエネルギーを使い果たしてしまいました。不器用ですね。
d0042214_0262265.jpg
時間は子供にも大人にも同じように過ぎていくのに感じる長さが違うのは、生きてきた時間に反比例するから、と聞きます。
子供たちの1年は色々なことがたくさん詰まっていて、1年会わないとずい分変わってしまいます。
近くにいて成長を見ていたいな、と思う反面、たまにしか会えないからこのうるささにも耐えられるのだと思ったり。ギリシャの子供たちの自己主張は半端じゃありませんから。

真ん中の絵の虫(?)のように見えるのは私だそうです。
「お家で一人で待ってるあなたのお母さんが可哀そうでしょ。だからこの絵をあげて」って描いてくれました。
そんな言葉はもう期待できない少女の成長ぶりに、過ぎた時間が更に大切なものとなりました。
[PR]
昨日、職場で携帯の話になりました。
-最近は、家の電話番号より自分の携帯番号を知らせてくる人が多いよね。
-でもこっちの番号を知らないと出てもらえなかったり、着歴を見てもかけ直してくれないからかえって連絡が取れなくて困るの。
-でも知らない番号からかかって来たのって、出るのもためらうし、こっちからは絶対にかけ直さなくない?
といった内容でした。
普通はどうなのでしょうか?私は知らない番号にはかけ直しません。出るのも何回かかかって来たときだけ。
d0042214_23531145.jpg
ずっと以前書いた、友人Eと会う予定。
曜日を間違えてる日本人と、とりあえず言っとけのギリシャ人では、当然ながら交わした会話どおりには行きませんでした。
つまり、私がすっぽかされたんですね!!もっとも曜日を間違えてたのでその時は分からなかったんだけど…。
一応、こっちから連絡して見ようと、友人Eの携帯に電話を入れました。
私の番号は登録してあるはずなのに、何回かかけても応答なし、コールバックなし!!無視ですか!?
ムカつく~!!そう言うことなら、会わなくたっていいけど、この怒りだけはぶつけてやりたい!!
と言うわけでテレカルタを握って公衆へ。
知らない番号からの電話に友人Eは出ました。
「今、レッスン中だからかけ直す」
そのあとちゃんと電話してきました。公衆にではなく、私の携帯に。

そう言えば初めて友人Eに電話した時にも、向こうから折り返してきました。
それも「仕事中で出られなかった、ごめん。ところで誰?」と言って。
知らない番号にはちゃんと応えるんですね。ギリシャ人の人って。
他にもそうやって日本からの電話と知らずに折り返してきた友人がいます。気をつけようよ。
一方で、私の知ってる番号と違う電話から、日本にかけてきた友人もいます。
「電話番号変わったの?」「ううん、人のから」それはやめた方が良いのでは?
[PR]
またまたまた食べ物です。
軽いけどかさばるので、お腹に入れて帰るのが一番、と以前は思ってましたが、最近はスーツケースの4分の1ぐらい場所を取っていたりします。
d0042214_2336576.jpg
オリーブオイルで揚げているのか、使っているジャガイモのせいか、とっても黄色いポテトチップスです。
成分表を見たら、オリーブオイルではありませんでした。コーンオイルだったような…。(とっくに食べ終えて袋をとっとと捨ててしまったもので定かではありません)
ギリシャにいた1週間は毎日2食。軽い朝ごはんと午後遅めに1日のメインの食事です。
ギリシャでは大体こういうリズムだと思います。
夜は、と言うと、家にいれば軽く何か食べる程度。でも、夜のお出かけとなると深夜帯にレストランでしっかり食べています。メリハリがはっきりしているし、胃の方もフレキシブルに出来ているのがギリシャの人たちみたいですね。

ご飯を食べそびれた日が1日だけあって、小さいほうのポテトチップスに助けてもらいました。
ギリシャではジャガイモばっかり食べている私です。
[PR]