<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4月末に書いたギリシャ語の本読み終わりました。
感想は置いといて、ギリシャ語について思ったことを少々。
以前、大学の外国語コースに進むこと予定の子に、単語の意味を訊きました。
「ギリシャ語の単語にはたくさんの意味があって、一言で言えない」と彼女は答えました。
確かに日本で出版されたギリシャ語辞書を見ていると、たくさんの意味が出ている単語が多く感じます。それも本来の意味から類推されるものばかりではなく、逆の意味だったり、まるで違う意味だったりすることもあります。
きっと良く考えれば日本語でもありうることなのでしょうが…。
本を読んでいて、文脈にぴったり当てはまる訳語がない時が多く、本来の意味から感覚的に把握するのが今の私の力では精一杯です。
d0042214_03078.jpg
この前ギリシャに行った時、中学生の女の子に私の単語帳に私がその時聞いた言葉を書いてもらいました。
彼女は、私の書いたページを見て「えっ、×××(ギリシャ語の単語)にはこんなに意味があるの!!!???」って驚いていました。
こっちの方が、「これだけの意味をどんな風にこの一つの単語で理解してるの!!!!????」って驚いてしまいましたが。
感覚的に把握すると言いましたが、そんなことを繰り返していると確かに日本語には訳出できなくても、1,2度、ああこんな感じ、と一つの意味合いにまとまるのを感じることが出来ました。
しかし、もっとスムーズに読めるようになるには一体何冊読めばいいのか…。

写真はこの本と一緒に送られてきたおまけの栞です。
トラの絵が描いてあるものには「1学年で8冊の本」と書かれています。
何だと、1学年で8冊しか読まない!?それでギリシャ語を理解できるなんて何とも羨ましい。当たり前?

この年齢になっても努力すれば多少は身に付くことも学びました。相当の努力と継続を要すものの…。
[PR]
今日は暑かったですね。今年はもうずい分前から半そでにお世話になってます。これからどうなるのか不安…。ひっぱり出してきた夏物の中にギリシャで買ったTシャツ。
どこがギリシャなんだか…。でもギリシャで買ってきたんです。確かに。確か…。うん多分。
d0042214_071566.jpg

そうイラクリオンのコルナル広場から1866通りに入る角っこの2ユーロ均一のお店で買いました。
コルナル広場にあるオリンピックホテルはイラクリオンの常宿です。と言ってもたいていは村か郊外の友人宅に行ってしまうので、と指を折って数えて見たら5回ぐらい泊まってました。
一度、村でほとんど眠れなくて、夜のフェリーの時間まで寝かせて、と頼んだことがあります。
デイユースって言うのかしら?値段は普通に泊まる半分にしてくれました。

海岸に近いわけでもないし、中級のシティホテルっぽい感じですが、位置的には街の中心に近いので便利です。
たまには海岸沿いのリゾートホテルに優雅に泊まってみたいものですが、イラクリオンの海は港になっているので、きれいなビーチを求めるとイラクリオンを離れた方が良さそうです。
コルナル広場の銀行の前にあるバス停にはクノッソス行きのバスも止まるし、1866通りはお土産ものもあれば、食料品もスーパーもある便利な通り。
冬のエーゲ海は結構荒れるので海に近いとうるさいので、冬の観光中心の旅にはいいと思います。現地の生活も垣間見れます。
[PR]
11才になったアテネの友人の息子とお買い物に行ったときのこと、お店の入り口で彼は一歩下がって私を先に通してくれました。
1才の時から知っていて、彼の幼稚園時代は同レベルで遊んでいた男の子だったのですが、いきなり大人に見えた瞬間でした。
アテネの友人たちと出かけた時、男性がタバコに火を付けてくれたり、コートを着せ掛けてくれたり、日本でもクレタ島(!?)でも経験できなかった男性の振る舞いに戸惑いはしても、正直なところ悪い気はしませんでした。
それを11才の男の子がしてくれたことで、どうやってこういう振る舞いを学ぶのかなって、興味を持っていましたが…。
d0042214_152696.jpg

アテネ生れのアテネ育ちの30代の男性の友人(男性と言うには子供っぽい気がするけど)とお茶をした時のことです。
帰り際、彼は同じ椅子に掛けてあった私のコートを取ってくれることすらしなかったのでした。
一人っ子で甘やかされてきたんだろうな、と言うのがその時の印象。
そんな彼のお宅にお邪魔する機会がありました。
彼のお母さんは「あれを取ってあげなさい」「コートを着せてあげなさい」と私に対して気を使うように指示してくれたのですが…。
息子は「これはコートじゃない」だの「彼女は自分でできる」だの一々、言い訳をするのでした。
こうした振る舞いは家庭環境から学ぶだけではなく、性格によるものなのか…?
お気の毒ですが、お母さん、だから彼はもてないんです。手遅れです。
そんな友人ですが、支払いだけは必ずしてくれました。メトロの切符も買ってくれました。
[PR]
前回、書いた友人Cへの電話、別にライター云々の用事だったのではありません。
d0042214_20572665.jpg
時差の都合で、向こうがゆっくりできる夜に、中々電話できないのでかけてみました。
現在、夏時間なので6時間の差があります。
日曜日の深夜(向こうは夕方)かけたら、留守で携帯もOFFだったので、その話などから。
-日曜日に電話したけどいなかったよ。どこいってたの?
-海に行ってたのよ。子供達が帰りたがらなくて。
-海水浴してたの?
-そうよ。そっちはまだ寒いの?
-寒くはないけど海はまだ冷たいから、海水浴は無理。
-こっちは暑いわよ。海はそれほどでもないけど、海水浴は十分できるわよ。

クレタ島北岸は、そんな気候だそうです。
もちろんこんなにすらすら話したわけではございませんが…。
-ところでそっちは何時なの?
-朝の5時よ。
-本当!!
-もう、こっちは火曜日の朝よ。

電話をかけたのは火曜日の早朝、向こうは月曜日の夜11時。
後方でまだガンガンに騒いでいる子供達に向かって、「日本は火曜日だって!!」と大笑い。
彼女は中国にも来たことがあるのに、そんなに可笑しいのかなぁ。

写真はCが作ってくれたお米型のパスタと羊肉のオーブン煮&焼(?)。ユベッツィというギリシャ料理に近いものだと思います。
[PR]
今朝、用事があって早起きしました。ちょっと時間があったのでクレタ島の友人Cに電話してみました。
以前、家の外観をご紹介した友人です。留守宅で孤独ホームステイをさせてもらった…。

ごめんなさい、C、告白します。
あの時私はライターを機内持ち込みに出来ないかと思って、持たずに行きました。(何と!!!マッチなどを何年かぶりに探し出して持っていったのです)
そしてあなたの家にたくさんあったどこかのお店の宣伝ライターを一つ、黙ってお借りしました。
そのライターはアテネの友人宅に置いて来ました。

そして、空港でこのライターを買ったのでした。
d0042214_22264736.jpg
今度行く時は代わりに、日本のライターをお土産に持って行きます!!
なんてそんな細かいことを気にするようなギリシャ人ではありません。
[PR]
by kranaA | 2007-05-15 22:31
d0042214_23321991.jpg「ギリシャに来たらね、デルフィとオリンピアは必ず見なくてはダメよ。すべてがそこにあるのよ」
かつてこのような有難いご神託をデルフィで受けた私ですが、未だにオリンピアは未踏の地。
それどころか毎回行動範囲が狭まっているような気がします…。
昨年、ギリシャに行かれた知人はしっかりデルフィ、メテオラまで足をのばして来ました。
お土産にいただいたメテオラの修道院の入場券。
修道院に入るのにも入場券がいるんですね。ちょっとびっくり。
一度は行ってみたいと思ってはいるのですが…。

ギリシャ語のテキストでも
-Αξίζι τον κόπο να επισκεφτείτε αυτό το μέρος
 苦労してでも訪ねるかいのあるところよ
と紹介してます。これからギリシャにお出かけの方は私の分まで行ってきてください!!
[PR]
昔、昔、ギリシャのクレタ島の小さな村に一人の女の子が住んでいました。
ある日、彼女の通っていた学校に日本の女の子から手紙が届きました。
彼女は知らない国の女の子の手紙に返事を書いてみようと思いました。

こんな風に私はギリシャと出会いました。
その後しばらくして彼女はお父さんの仕事の都合で、近くの大きな村に引越しました。
その村では英語ではなく、フランス語しか学校で勉強しなかったので、もう少し時期がずれていたら、彼女とは出会えなかったことでしょう。
d0042214_22433759.jpg

これは一連の手紙のやりとりの中で彼女が送ってくれた押し花。便箋も当時のギリシャのものです。
お互いに言葉が十分ではない分、色々工夫してお互いのことを知らせていたのでしょうね。

ところで
[PR]
by kranaA | 2007-05-06 22:47
母へのお土産に購入したものですが、サイズが大きくて使われないままどこかに仕舞われていました。
先日、ひょっこり、出てきたのですが…
d0042214_1554653.jpg
何だか、色が変わってる!!
14金のはずなのに部分的に銀色になってます。
購入したのはアテネ郊外の宝飾店。
今もあるお店…と思っていたら、当時の行動範囲と自分の記憶に誤差があります。
それだけ年月が経ってしまったのですね。
金も変色するはずです…ってしないはずですよね!!
[PR]