<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11月の最初の火曜の夜、いつものようにギリシャのネットラジオを流しながらPCに向かっていました。
ラジオではあの山火事の時のようにアナウンサーとリポーターが騒いでいました。
また何かあったのか…本当に大げさなやつらだ…と聞き流していました。(と言うか聞き取れないもので)
と、やたらと耳慣れた名前が飛び込んでくるのです。
慌てて集中して聴いて見ると...確かにクレタ島のあのお父さん、お母さんのいる村の隣にある村の名前。
d0042214_015428.jpg

大雑把に言うと
クレタ島イラクリオンで麻薬所持で逮捕された男性とこの村が結びつき、警察の捜索が月曜日に入ったところ、待ち伏せしていた一味に襲撃され3人の警察官が負傷しました。
翌火曜日、更に大掛かりな捜索が未明から繰り広げられたレポートをちょうど聴いたのでした。
それからと言うもの連日の捜索で出て来る出て来る、麻薬関係、武器関係、ATM強盗関係。
捜索はこの村を中心にした山岳部一帯に広がり、うちの村にも及んだそうです。
焼けたトラックが発見されたとか!!??
更に私がこの冬と9月に泊めてもらった友人の住むイラクリオン郊外のG町にも…。
この町にはこの山岳部からの出身者が多く住んでいるので。
現在はクレタ島全体に捜索が広がっています。

悪いのは一部の人と一部の検察や警察幹部らしく、10年来この問題は公然の秘密としてあったようです。何度も麻薬関係の裁判で偽証や圧力がかかって多くの人が無罪放免になったとか、私の語学力では正確な情報ではありませんが…。

詳細が分からないのでいやー、心配しました。
情報がないので、一人で心配しまくった11月でした。
いや別に知り合いに逮捕者が出るんじゃないかとかそういうんじゃなくてね。
G町の友人にも村のお母さんにも何度か電話を入れてみました。
「うちの村は大丈夫よ。でも警察の捜索には苦しめられているわ」by 友人
「大丈夫、大丈夫。え、警察、いるよ。大騒ぎよ」by お母さん
でも、いつもと同じ様子で一安心。
最近では、この村をネタにした自虐的な歌まで流れてくるようになりました。

画像で見ると、特殊部隊の装備がすごいんです。
あの狭っ苦しい村々の道に、装甲車やら部隊やらがうごめいているのはちょっと見てみたかったな…なんてやっと余裕が出てきました。
でもギリシャの人たちって職務に忠実で思い込みが激しいところがあるので、捜索は相当に厳しかったのではないかと思います。
朝の4時に突然、真っ黒な覆面、防御服で銃を手にした一団がドアを壊す勢いで、飛び込んできたら恐いですよね!!!
私なんて、定期的にこの地域を訪ねる怪しい外国人として、取り調べられてたかも!!!!
なーんて、心配な気持ちを吹き飛ばして、新しい月を迎えようと思って思い切って書きました。
うちの村人たちも私もマフィアとは縁がありません!!
[PR]
本日はギリシャのマスコミが24時間スト。
ラジオを聴いていてもいつもより音楽が多い。
ニュースの時間になると、今日は24時間ストなので情報なしと流れてます。
各ニュース関係のサイトも更新なし。
全くυπερβολικα(やりすぎ)なんだから…。
テレビはどんなことになってるのでしょう?
[PR]
いい加減、9月の話に終止符を打たねば。
9月のギリシャ総選挙の翌日、友人Mのオフィスを訪ねた後は、Mの家でゴロゴロ。
仕事から帰った彼女が心配して「どこかへ行かないの?」。
しょうがないから「会おう」と言ったまま、連絡のない友人に電話をしました。
こいつには前回すっぽかしをくらったので(結局、会ったけど)、こちらから連絡するのは「一敗」みたいな気がして避けていたのです。
しかし、彼はネア・ディモクラティア党で選挙ボランティアをしていたので、話を聞く価値はあるかも…。
d0042214_035177.jpgギリシャでは各党の得票率には関心が高かったのですが、投票率に重きを置いていないように私には思えました。
-今回は低い?
-まあまあじゃない?
-世代別の投票率のデータはないの?
-あるかも知れない。
-若年層の投票率が日本では低いの。その年代を惹きつけるにはどうしたら良いと思う?
-それは魅力的な公約だよ。公約を並べるんだ。
-でもそれは実現されてるの?
-ほとんどされてない。政治家は約束するけど、実行する気はないんだ。
-公約より実績の方が大事なんじゃないの?
-それはそうだけどね。
疲れきってるのにこんな会話しかしない日本人につかまって、彼も気の毒ではありましたね。
だからって会ってるあいだずっと欠伸をし、コンボロイを玩んでいるのも失礼じゃない?
d0042214_034837.jpg
写真は立候補者のリーフレット。イメージ優先でギリシャでは政治家もまず見た目?と思わされます。
中身はほとんどが公約。私が見たものでは実績にはほぼ触れていませんでした。
確かに公約も大切ですが、それを実現出来なければ意味がない、だからこそ各党とも政権を取ることにやっきになっていると思いたいのですが。
いずこでも権力とそこに絡む人々の思惑が不正を産んでいるようですね。
その利権が不特定多数の人々のために使われるなら、是となるのに。

今回はこんな話題でギリシャ最後の夜を過ごしたのでした。
[PR]
いつまでも選挙選挙とうるさいとはお思いでしょうが、本日、ギリシャの第2党、PASOKの党首選挙が行われています。
9月16日の総選挙で、優勢と見られていたのに政権を取れなかったPASOK、党首選挙の運びとなりました。
d0042214_22342328.jpg

候補は現党首ヨルゴス・パパンドレウ及びエヴァンゲロス・ヴェニゼロス、コスタス・スカンダリーディスの3名。
この3候補は前回の総選挙さながらにこのニヶ月あまり、地方をくまなく遊説してまわっていました。
日本の内輪での党首選挙を思い浮かべて、何故、全国遊説する必要があるのかと不思議に思っていました。
本日確認したところ、投票権があるのは16歳以上の党員と支持者(でいいのかな?登録が必要)、全国で1491箇所の投票所が設置されています。
カフェニオンが投票所になっているところまであり、何とも身近です。
大げさに思えましたが、政権を担う可能性のある党のリーダーを一部の人だけの話し合いでどうぞどうぞとやってる方が変なのかもしれないですね。
投票は現地時間18時半締切です。(18時締切が延びたんですが、今、見たら19時に再延長になってる!!)
ギリシャ人好みなのはヴェニゼロスかな?

12日朝 パパンドレウの圧倒的勝利でした!!ヨルガーキおめでとう。
[PR]
手紙一つですっかり回り道をしてしまいました…。
さてさて、9月の旅の続きです。
d0042214_22353459.jpg
お邪魔したオフィスの足元に広がるこの建物群。
家のように見えるけれど、ギリシャの建築物とは随分異なっているので気になりました。
「家?」
「アテネの大地震の時、家を失った人のために作られた家よ。
今は海外からの難民に提供されているわ」
アテネも'99には大きな地震に見舞われました。
写真はその時の仮設住宅だったものだそうです。

今回私も、クレタ島でギリシャ地震初体験。
d0042214_22355889.jpgちょうど選挙の朝でした。
フィリピン海プレートと太平洋プレートのせめぎ合う地域に住む身としては、この程度の揺れでは驚かない。
と言ってもギリシャも相当な地震の国。そのわりに建築物の耐震構造は如何なものか、との不安がありました…。
だってこんな風に→建築途中に見える家。
1階は居住中。2階の赤く見える部分はブロックむき出しです。一番上に見える鉄骨は更にこの上に階を足すために跳び出させているのです。d0042214_22362913.jpg
こっち←なんて、1階の左半分がブロック積み重ね状態。斜めになってるのは私の撮り方のせいですが、建物のの右側と左側が微妙にゆがんでる気がするし…。
ギリシャの耐震基準は一体どうなってるんだろう。
そうだ、それこそ、建築許可に関する仕事をしている友人Mに訊いてみるべきですね。
ちなみに彼女が押している判子には、考古学調査委員会による承認とあるんですが…。
これまたギリシャっぽい?
[PR]
本日、現地時間、9時よりアテネ・クラシック・マラソンが開催されました。
先日書いた友人、今年も10㎞の部で完走した模様。
フルマラソン女子の部では日本の派遣選手、田中ちひろさんが2位、
男子はケニヤ勢が1~6位独占、7位に日本のよしとみかずなりさんが入られたようです。
男子選手の一人がトラムに轢かれる事故が起きてしまったとか、で、今年は昨年のように天気もレースも上々とは行かなかったようです。
ひどい怪我ではないといいのですが…。交通規制はしかれていたのに、一体、何があったのでしょう?
[PR]
えー、書こうかどうしようか非常に迷ったのです。
このまましらばっくれていようかとも…。
でも、私の信条は「フェアであること」。
このまま、郵便事業株式会社殿とΕΛΤΑ(ΕΛΛΗΝΙΚΑ ΤΑΧΥΔΡΟΜΕΙΑ ギリシャ郵便)殿に疑惑をかけたまま知らん振りすることは出来ません。
すみませ~ん!!
d0042214_21522663.jpg昨日、私の出した郵便が返ってきました。
「あて名不完全」「Διευθυνση ανεπαρκης(住所不十分)」
申し訳ありませんっっ!!

だけど、差し戻し理由のタグに赤いバッテンはしょうがないにしても、私の書いた住所にまででっかくバッテンしなくてもいいじゃん…。

て言うか、何度見てもこの住所で良いと思うんだけど…。
2月にこれで出した時はちゃんと届いたんだけど…。
まさか字が汚いから…!!!???

またギリシャ語作文しなきゃ…。もう一度この住所で送るしかないんだけどなぁ。
もはや博打だな。


おかげさまで初めてギリシャ郵便ΕΛΤΑのホームページなぞ開いて見ました。
おお、設立175周年ですか。
書留ならちゃんと追っかけサービスもある。
でもね、各戸に郵便受けがないから、ギリシャの集合住宅…。
[PR]