<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

前記のスーパーで起きたささやかな事件。

このスーパーに私が行ったのは1時頃。店内は昼食のお買い物でそこそこの客入りでした。
レジは3つのうち、2つが開いています。
私は手前のレジのおじいさんの後ろに並びました。
おじいさんの前の前のお客さんのところで、店員さんが時計を見て、突如、宣言しました。
「この人でこのレジ閉めます!!」
おじいさんの前にいた人、私の後ろに並んでいた人たちはもう1つのレジにさっと移りました。
おじいさんと事情が飲み込めない私だけがそのレジに残りました。
おじいさんが苦情申し立て。
でも店員さんは「私の仕事は1時まで!!」
おじいさんと共に仕方なく移動。
ここまでは、多分、外国のスーパーでは、しばしば起こりえる風景なのかも知れませんね。

私の心を動かしたのは、その後、もう1つの列に並びなおした時のちょっとした出来事。
列の最後の女性が「私はあなた達の後に並んだからどうぞ」と譲ってくれたのでした。
それと同時に、レジ締め作業を始めた店員さんのきっぱりした態度。
まるでもう1つのレジに出来た長蛇の列を見てはいけない、私は私の仕事をする、とでも言ってるように、ひたすらうつむいて現金を数えていた姿でした。

日本では皆が急いでいるようで、私はようやくレジの順番が来た時、走って来たおば様に「ごめんなさい、私、急いでるのよぉ!!」と割り込まれたことがあります。
店員さんが困って私の顔を見たので、「申し訳ありませんが、私も急いでるんです」と叔母様を押し返した根性悪な私。

このギリシャでのスーパーでの出来事は、サービスと個々人の権利に対する考え方を見直すきっかけとなりました。
日本のサービスは顧客が心地よく買い物が出来るという点で、顧客の権利を大切にする視点(=サービス?)に立っていると思います。
一方でギリシャのスーパーでの出来事は、働く側の権利や客同士の権利も、顧客の権利と同等に扱われている表れではないかと、大げさですが感じたわけです。
どちらが正しいと言う問題ではないでしょうが、お互いの立場や権利を認め合うことでゆとりが生まれる気がします。その一方で、非効率的な事態も生じるのでしょうが。
[PR]
3月の初めに友人がギリシャに行くことになりました。
何度も行っている私としては、お薦めは~などと言ってみたいのですが、どうも興味が偏っているようで、役に立つアドバイスが出来ません。
あ、そうそう、共通点がありました。彼女もスーパーマーケット好きで、旅行に行くとスーパーに行き、お菓子をたくさん買ってくるのです。スーパーで仕入れるお土産なら私もアドバイスできるかも!!

何と言っても、香辛料、ハーブ類。出来れば、おしゃれなハーブ専門店で買いたいところですが…。d0042214_2212479.jpg
d0042214_221325.jpg
いずれもオレガノ。間違えて違うメーカーの同じものを買っちゃいました。
これは肉料理、野菜サラダなどにかけてください。もうそれだけでギリシャの香り。
ギリシャが欠乏している時は、この袋を開けてスーハーすると治ります。

d0042214_22132591.jpgd0042214_22181512.jpg←もギリシャでは欠かせないシナモン。この他、月桂樹などもお薦めです。

 →は瓶入りカモミール。風邪のとき、胃の痛いときなど、煮出して、蜂蜜を入れて飲みます。
ティーバッグも色々な種類があります。

d0042214_22205676.jpgd0042214_2221870.jpg左がローストした塩付きピーナッツ。これ相当しょっぱいです。物によってはちょっと油くさいことも。
右はヒヨコマメ。これは余分な味付けがしてなくて、ふわふわの食感に仕上げてあります。
種類は豊富。出来ればお料理用の豆を買いたかったのですが、量が多いのに調理法は見当もつかず、台所の藻屑になる運命は必至、で、断念。

以上は、前に紹介したペラペラの袋のスーパーで全て購入。選択のポイントは軽いこと!!
せこいお土産だったかな?無理やりもらわされた皆さん、すみません。

本当は箱入りワインや、オリーブオイル、チーズなど捨てがたいお薦めもあるんですが、昨今の持ち込み手荷物事情からこういうものは空港でお求めいただくのが無難かと思います。
[PR]
いつぞやのマフィア騒ぎから、毎日、ギリシャのニュースサイトを見ています。
今日は私的に大受けしたニュースがあったのでご紹介。

午後2時、コロナキ広場に1台の高級ジープが現れ、道のど真ん中に停まったと思ったら、運転手はコーヒーを飲みに行ってしまいました。
ここはアテネでは高級ブランド店が集まるショッピング街。
広場を囲む狭い道には既に駐車車両が並んでいましたが、その横に2重駐車して行ってしまったのでした。
当然ながら、早速渋滞。
2時15分に交通警察に通報。通行車両はジープを除けて、広場の真ん中の歩道に乗り上げ、どうにか通り抜けていきました。
2時30分、変化なし。警察もまだ現れません。通行人も不信の目で道のど真ん中に停まっているジープを見ながら、通り過ぎていきます。
2時40分、どなたかが(ここが聴き取れません)、車を道に寄せました。
2時50分、交通警察がようやく到着。同時にジープの持ち主が現れましたが、ジープの引き起こした混乱は知らされていませんでした。
3時、ようやく謎が解けました。持ち主は単に自分が道の真ん中に車を停めたことを忘れていたのでした。警察は違反があったかもしれないとも言わず(既に車が端っこに寄せられていたから?ここも良く聴き取れないんだけど)、ドライバーはジープに乗り込み去っていってしまいましたとさ。
ギリシャの公徳心の典型的な例であり、権力が市民をいかに配慮を持って取り扱ってるかを示していると皮肉っているようです。(間違ってたら教えてくださいね)

私にはギリシャ人の良い面、悪い面を凝縮した出来事に思えるのですが、いかがでしょうか?
大らかさ、忘れっぽさ、のんびり、あきらめの良さ、好奇心の強さ、などなど。

一人のドライバーさんが言ってた言葉。
「ギリシャにいるんだよ、俺達は。いつも目にしてることさ」

ご興味のある方はこちらの22:40から24:20あたりです。
[PR]
スーパー大好きなので、スーパーに行った時のお話をさせてもらおうと思ったのですが、ちょっと路線変更。
ギリシャも昨今異様なまでに環境問題に取り組んでいるようで、ニュースを眺めていても環境と言う言葉が良く出てきます。
今週からアテネではクリーンキャンペーンを展開。
ゴミの出し方などの見直しをしています。
ゴミは決まった時間に出しましょう、とか、ゴミのポイ捨てはやめましょうとか…。これだけでアテネの現状が目に浮かぶようですね。
その中にこんなのもありました。
d0042214_025315.jpgΣυσκευαζουμε τα απορριμματα σε πλαστικες, ανθεκτικες σακουλες απορριμματων, τις οποιες οφειλουμε να δενουμε καλα(οι σακουλες των super market δεν ειναι καταλληλες για το σκοπο αυτο).
ゴミはプラスチックの丈夫な袋に入れ、しっかりと締めましょう(スーパーマーケットの袋はこの用途には向いていません)

こーんなにペラペラですもんね。
昨年秋にはアテネ市長のニキタス・カクラマーニスが大きなスーパーの代表と会って、スーパーの袋の見直しを提案。スーパー側も積極的に取り組んでいくと回答していました。
次回のアテネではマイバッグを目にするようになってるかな。
まさかもっと丈夫なスーパー袋にしましょう、なんて結末じゃないでしょうね。
[PR]
昨日の現地時間7時14分、日本では午後2時14分、ギリシャに大きな地震があったんですね。
震源地はペロポネソス半島の南東、アテネから南西に150キロ深さは70キロ、マグニチュード6.5、建物にたくさん被害が出たようです。人的被害はなかったもよう。
ギリシャ全土で揺れを感じる規模だったそうです。
[PR]
アテネの友人M宛の手紙が差し戻されたと書いたのは随分前のことになってしまいました。
その後、戻ってこないので着いたのだろうと推測しながらも気にしていました。
クリスマスに届いたカードに「手紙もカードもプレゼントも届いた!!」とあり、皆さまにも報告できると胸を撫で下ろしました。
と、次のような追伸が。
「番地は9!! 10じゃなくて!!!!」
おいこら、ちょっと待て!!

実は彼女は一昨年の秋に転居しました。
昨年、2月に初めてこの住所宛に送った手紙は「10番地」で届きました。
その後、必要があって彼女の電話番号をインターネットで調べると、おっと!!
番地が「9」になっている。
彼女が書いてくれたメモを確認すると「10」。

ここでアテネの住居表示に触れておきますと…
概ね、ヨーロッパのどこの国でもこのようなシステムになっていると思われますが、どんな小さな通りにも名前が付いていて、建物ごとに数字が割り振られています。
通りの片側が偶数、もう片側は奇数というように…。
なので8番の隣は10番。
もし、長い通りで片側に大きな建物が集中していれば、すぐ向かい側の建物でも番地の数字は大きく異なる可能性があります。
幸い、彼女の住む通りはそれほど長くはないのですが、偶数と奇数では大違いなわけです。
慌てた私は彼女に電話して確認しました。「10でいいのよ。10」
これが昨年春のこと。

10月の差し戻し郵便のときも真っ先にこの点を疑ったのですが、原因は私が郵便番号を書き間違えていたことだったのが判明。恨めしく見つめた消印の押された記念切手…。
その上、ここに来てこの仕打ち…。
もうギリシャ人てば!!ほら、カードの天使も手に負えんって顔してるでしょ!!
d0042214_2034983.jpg

[PR]
新年も3日目。あ、書いてる間に4日目になってしまいました!!
ギリシャでは今日から仕事始め。我が友はちゃんと定時にでかけたかな?
私はといえば、ひたすら引きこもって、ひさびさに箱根駅伝を見ました。
d0042214_23564272.jpg
駅伝と言えば、今年はまたオリンピックイヤー。
アテネオリンピックから早4年。本当に月日の流れは情け容赦ない……。
あの夏、アテネは熱かったです!!中国もすでに熱かったようで、歩けば中国からの人に当たるぐらい力が入ってたっけ。
この切手は2004年発行のもの。ちょっとボケてますが、天安門の左にアテネ、右に北京の文字が並んでいます。

クレタ島の友人達とキャーキャー言いながら閉会式を見たのは4年も前かぁ…。
[PR]
d0042214_23192736.jpg
χρονια πολλα σε ολους σας με υγεια, χαρα, αγαπη και γελιο.

新年の挨拶などなど形式ばったことが苦手な私ですが、
皆さまの暖かいご挨拶に心より感謝申し上げます。

日本が新年を迎えた頃、ギリシャは夕方5時。
「日本はもう2008年だよ!!」
時差を面白がって年が明けるや否やギリシャに電話しまくり、
早くも今月の携帯代に不安を覚える2008年の幕開けとなりました。
こんな私ですが本年もよろしくお願い申し上げます。
まずはギリシャコーヒーとシーズンのお菓子、クラビエデスとメロマカロナでもどうぞ!!

[PR]