<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いよいよ2008年もあと一日となりました。
d0042214_2151393.jpg今年は私にとって大きな変化の年でした。
おかげで更新ペースは落ちてしまいましたが…。

来る年は私の今までの生きかたが試されるような年となることでしょう。

ギリシャに対する気持ちも色々と揺り動かされる出来事にも出会いました。
遠く離れた日本で、ギリシャに生きる友人達のことを祈る気持ちに変わりはありませんが
次に会うときには、もっともっと成長した私でいなくてはと思っています。

アテネの友人が送ってくれた今年のクリスマスカードには、お祝いの決まり文句に混じって

αισιοδοξια(エシオドクシア 物事の明るい面を見ること)
δημιουργια(ディミウルギア 創造)
προοδο(プロオド 前進)

との言葉が印刷されていました。

さて2008年のカレンダーにお別れを告げて
新しい年へのご挨拶の用意をいたしましょう

今まで出会った全ての皆様が開くカレンダーも希望に満ちていますように!!!
[PR]
d0042214_18610.jpgΚαλα Χριστουγεννα!!(カラー フリストゥーゲナ メリークリスマス)

クリスマスは私にとっては特別な日ではありませんがf^^;
楽しみにしている子供たちにたくさんの夢が届きますように!!

不安な大人たちにも希望が生まれますように!!

με ειρηνη, υγεια, επιτυχια
[PR]
d0042214_747449.jpg「もの」から離れっぱなしですが
アテネ他ギリシャでの暴動をご心配されている方も多いと思うので
ギリシャのニュースサイトから拾った別の顔をお知らせしておこうと思いました。

もう長いこと工事が続いていたモナスティラキ広場の改修が終わり
公開されたようです。
プラカやアクロポリスに近いこの広場、
伝統的な街の雰囲気に現代的でアーティスティックなオブジェが加わって
新しい街の顔となりそう。

写真はまたまたギリシャのニュースサイトからお借りしました。
[PR]
by kranaA | 2008-12-20 07:49
d0042214_0165420.jpg今回は抗議活動が長引いているギリシャですが、
一方でクリスマスのお祝いのムードも戻り高まっているようです。
先日、抗議活動で倒されたシンタグマ広場にも
新しいクリスマスツリーが現れました。
アテネの友人からも抗議活動を憂いながらも
καλες γιορτες(カレス ヨルテス 良いお祝いの時を)と
メールが届きました。
一時、中止されていたクリスマスの様々なイベントも実施されるようです。
この時期アテネにいらっしゃる皆さん、
厳しい現実の一方でお祝いの雰囲気を楽しもうとする
ギリシャの今、を是非見てきてください。

写真はギリシャのニュースサイトからお借りしました。
[PR]
by kranaA | 2008-12-18 00:17
d0042214_21223815.jpg
今日もアテネではデモ行進が行われているようです。
アテネ市長も追悼を述べ、クリスマスイベントの一時中止を発表しました。

1973年ギリシャの軍事政権が倒れるきっかけになったポリテクニオ(工科大学)の学生蜂起が思い起こされます。
当時のことを描いたノンフィクションを読んだ時、何が起きているか分からずに大学に行き、巻き込まれた学生もたくさんいたことを知りました。
今は、携帯、メールで情報のやり取りがスムースになっているので、参加している学生達は意識を持ってのことだと思います。
若さの持つ正義感が、悲劇に結びつきませんように。
アテネ中心の商業地が大きな被害を受けたことで、更に経済的な傷が広がり、別の被害者が生まれませんように。

サンタさん、今年は早めにアテネに行ってください。
[PR]
by kranaA | 2008-12-09 21:30
今年もアテネ市内で様々なクリスマスのイルミネーション、イベントが始まったようです。
って書こうと思ってたら、アテネの中心で暴動が起きていてびっくり!!
エクサルヒアと言う国立考古学博物館に近い地域で起きた16歳の少年が警察に銃撃されて重症を負った事件をきっかけに、今現在もアテネ市内アレキサンドラス通りやテッサロニキで暴動が起きている模様です。
d0042214_2236698.jpgこの少年が撃たれたのは警察と過激派の衝突がきっかけだそうです。
車などに火が放たれ、煙に捲かれて涙声でレポートしている女性にラジオ局から、深呼吸して、と声がかけられています。
実際にはその地点以外がどんな状況か分からないですが、現地にいらっしゃる皆さま、お気をつけてください。
今年は経済状況の世界的な悪化の影響で、例年以上にデモや集会の多いアテネ。
私も旅行で訪ねた際に、何度か集会を目にしました。
ギリシャに限らず、アメリカでも日本でもたくさんの不況の犠牲者が出ています。
このお祝いの季節に一人でも多くの人が、希望を持って新年を迎えられるように自分自身のことを含めて祈らずにはいられません。
こうした積極的な抗議姿勢を示すことが時に必要なのだろうか、実際にその成果があるのだろうか、と日本での静かな抗議の姿と比しながら…。
華やいだ街並みを無邪気に歩く人々をどこか羨むようみ、どこかでさげすむ自分に気づき、自らの心の貧しさをちょっと反省。
本当の豊かさって一体何なんでしょうね。
それを教えるためにサンタさんが入るはず…とこの季節に心を寄せつつ。
[PR]
先週はお友達のおうちでギリシャ料理を作ったり、忘年会第1弾があったり…。
いつもいい加減なお昼ご飯も、連日上司にご馳走になりたらふく食べました。
寒さに向けて、身体が自然とエネルギーを欲するのか食欲旺盛。
ギリシャ料理はムサカ(ジャガイモ、ナスとひき肉を重ねてベシャメルソースをかけて焼いたグラタン風料理)とスパナコピタ(ほうれん草のパイ)を作って頂き、それはそれは美味しかったんだけど、使用したオリーブオイルの量を思い出すとこわーいものがあります。
d0042214_21461742.jpg
やばい…。ダイエットしなくちゃ。
ギリシャ語ではΚανω διαιτα(カーノ ディーエタ ダイエットする)。
d0042214_2294551.jpgギリシャでもダイエットする人が多いんですが、断食とかオイル断ちといった極端なやり方が多いようです。
それより、少し歩くようにすればいいのに。
アテネでは、バス停とバス停の間、メトロの駅同士の距離がすごく近いんです。
友達んちの最寄バス停なんて、ひとつ前のバス停から150歩!!
ギリシャ人が言うには「私たちは歩くのが嫌いなの。なぜかって?道が悪いから歩きにくいからかな」
環境問題に対する意識も高まってるし、みんながもっと歩けば、環境にも健康にもいいのにね。

そうこう言いつつ、こんなお料理の本を見ると
お祝いのご馳走の魅力に負けちゃいますねぇ。

よーし、いっぱい食べてたくさん歩こうっと!!
[PR]