<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

唐突ですが、アテネの中心、シンタグマ広場からトラムに乗ると30分ほどで海岸線に出ます。時間がかかるけど、眺めは良いし、バスより簡単。
市街から海沿いのポシドノス通りにぶつかったところの駅がEDEM。
ここからピレウス方面行きとグリファダ行きに別れます。路線図リンクしておきますね。
d0042214_2313949.jpg
この写真はグリファダ方面に向って2つ目の駅、アリモス・マリーナ(マリーナ・アリムー)と言うヨットハーバーです。
小型船舶がぎっしり並んでいる様子、私には海の駐輪場みたいに思えました!!!

この近くに、友人の家があります。
昨年12月9日、この住所に宛ててクリスマスプレゼントを送りました。
その時、窓口で、親切な係りの方が「クリスマスには間に合わないようですよ」って教えてくれました。
ギリシャのクリスマスシーズンは1月6日まで続くし、別にいいかな、と思ってお願いしたんですが、後からしまった!!

友人は、長期休暇になると田舎に行ってしまいます。
その上、この家は仕事の時に主に使っている家でした。
本当の家はちょっと分かりにくいところにあって、郵便配達の人が他の家に届けてしまう恐れがあるという事で、こちらの住所をつかっています。
12月20日頃から1月6日までは、この家には来ないかもしれない。
でも、最近はギリシャでも、不在配達表を入れて持ち帰るシステムになってることを過去の経験で学んでいたので、送ったことだけメールしとけばいいかぁ、と思い直しました。
以前書いたようにクレタ島の友人は、到着後、2ヶ月近く経ってから、私の送った小包を受け取ってたので、そこはそれギリシャだから、と高をくくってたわけですよ。

と、一昨日、友人からメールが…。
1月16日に郵便局に行ったら、もう送り返した、と言われた、と。
何と!!!今まで送った小包、本人に届かなかったことは何度かあっても、私の元に返ってきたことはありません。手紙は何通か返って来たけど。
d0042214_23153783.jpg本当に、送り返したんだろうねぇ、と疑ってたら、昨日返って来ました。
ギリシャまで旅して、約2週間、アテネで過ごしてくたびれた小包…。
ギリシャの郵便局も、ちゃんと仕事するようになったじゃん、と悔し紛れにつぶやいてみたり。

でも11月にクレタ島に送った小包は、1月6日の段階で友達は取りに行ってなかったのに、私の元にも帰って来てないんですけどねぇ。
[PR]
昨年、アテネに行ったとき、久々にアマリアス通りにあるギリシャ政府観光局を訪ねました。
地方の観光地の情報をもらおうと思ったのですが、まず入り口にびっくり。
d0042214_0135412.jpg

写真のようにドアまで絵が描かれ、中の様子が全く分からず、入っていいの?って戸惑ってしまいました。
横に貼ってある紙がオープンしている時間の案内。
情報やリーフレットは観光立国にしてはあまり充実していない気がしました。
でも窓口のスタッフは、一生懸命、調べてくれるので、相談するといいと思います。

d0042214_015154.jpgさすがに日本語を話すスタッフはいないようで英語での応対ですが、私は英語があまり出来ません。
ギリシャにいるとギリシャ語の方が少しは出てきます。
すると流暢に英語を話していたスタッフの女の子、
「あなたはギリシャ語を話すから、ギリシャ語でいいわね」と言って説明し始めました。
苦もなく英語を操っているように見えましたが、彼らにとっても英語は外国語なんだな、と思った一瞬でした。

そこでまたタダ(ゾレアン)でもらった、この辞書(?)。
「あなたはギリシャ語を話している。ただそれに気づいてないだけ」
英語化されて使われているギリシャ語などを集めたものです。

プラズマとかヒーロー、セラピーなど日本でも普通に使われている単語がたくさんあります。
ギリシャ文字にさえ慣れれば、ギリシャ語は意外と身近な言葉かもしれませんよ。
一緒に勉強してみませんか?
[PR]
d0042214_21165669.jpgΚαλη χρονια με υγεια!!!
明けましておめでとうございます
2008年はアテネの暴動騒ぎでこのブログまで暗く終わってしまいました。
気を取り直して明るい2009年にしていきたいものです!!
年末の最後の日曜日(12月28日)、アテネでは暴動の影響で被害を受けた中心地の商店街が営業しました。
観光客相手のお店や飲食店は日曜、祭日と一生懸命営業していますが、
通常の商店が日曜日に営業するのは異例中の異例らしく、今度は従業員が大騒ぎ。
営業時間は地方自治体が指針を出すようで、政治家まで出てきて意見が飛び交っていました。
結局、28日は10時から18時の営業を実施したようです。
暴動の被害に遭ったエルムー通りも、大道芸人が例年通り立ち、人出で賑わっている様子が画像で見られました。

そのニュース画像で道行く人に飲み物を配るキャンペーンガールが…。
こう言うとき、わっと群がるのがギリシャ人だと思ってましたが、
知らん顔して通り過ぎていく人が多かったのが印象的でした。
以前、超破格値で提供された携帯電話に、ものすごい人が殺到したことがあって
その時、外れたギリシャ人曰く「ギリシャ人は時に動物のように行動する」そうなんで…。
以前は買い物をしておまけをつけてもらうことはあっても、不特定多数に対するこのような無料サービスはあまり見かけなかった気がします。
d0042214_21171955.jpg
なーんて書いてる私ですが、この写真はいずれも昨年行ったアテネで公的機関が配っていたのを頂戴したもの。
著作権を護ろうキャンペーンのリーフレット入り紙ばさみ&心の健康デー普及に配っていたキャンドル。
その上、スタバで配っていた無料コーヒー(日本のようにちょっと、じゃなくて、ちゃんとショート一杯分)を店内でゆっくり座って飲み、トイレまで借りて、しっかり恩恵を受けてきました。

ギリシャを歩いていて何か差し出されたら、ゾレアン?(無料、タダ ゾはthの濁った音、ドに近い感じ)って聞いてみてください。
[PR]