<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本日、ギリシャ帰りの友人からのお土産を紹介しようと思って、あるジャンルが不在なことに気付きました。ギリシャで見たもの手に入れたものを記録しておこうと思って始めたこのブログ、これだけ続けるともののセレクトからだけでも個性が出るものなんだな、と感心しています。

その苦手ジャンルとは、コスメ!!!!関心がないわけではないのですが、欲しくなる優先順位度は相当低い。香りや石鹸は頂いたものを幾つか紹介しましたが、お肌に付けるものはあったかな。
ギリシャで今まで買った化粧品ってニベアの化粧水だけだもんな。
今年の冬、今回こそギリシャのローションを買おうと決心しました。が、売ってないの。乳液かクリームばっかり。ならいいや、とさっさと店を出、その予算でお菓子を買いました。

d0042214_10311897.jpgしかし、今回、友人に頼んでまで手に入れたのがこちらのサンケアクリーム。ま、コスメとは言えないんですが、この商品を出しているAPIVITAというのは日本にもショップを出しているギリシャの自然化粧品メーカーなので。ギリシャにも色々なコスメがありますし、専門のお店もあります。同時に伝統的な薬草やハーブを使った地方色豊かな製品も多く、その中でもCORRESとAPIVITAはギリシャ全土、また海外展開をするまでになっています。この2社とも薬局での販売が中心で、アテネの薬局ではどちらか(両方を扱うことはないみたい)を目にします。

日本でも私の通勤途中にAPIVITAがあってちょっと覗いてみたら、UVケア入荷!!!と特設コーナーが出来ていました。赤ちゃんが使える100%自然素材の0歳から用と78%が自然素材でSPF50の6歳から用があり、試してみました。私にしては珍しく「欲しい」病に急にかかり、ちょうどギリシャに行っていた友人に「6歳から用」をお願いしました。お店で親切に色々教えてくれた店員さんには申し訳ない、と思いつつ。

私にしては珍しく人に頼んでまで購入したくなった決め手は香りでした。6歳から用はアプリコットの香りです。桃の香りに近いんですが、とにかく自然な香り。早速大活躍。朝つけて夜までほのかな甘い香りが漂います。仕事で疲れきった汗まみれの帰り道、吊革につかまった自分の腕をくんくんして癒されるんです。
あ~~~~、やっぱりコスメのお話とはちょっと違いましたね。
[PR]
ちょっと知ってる?日本のスーパーじゃ、オリーブオイルが2,3種類しかなくてそれも250ml入りが普通なんだって。こっちじゃ、小さいやつでも1リットル入りなのにねぇ。
d0042214_21324665.jpg

あ、それから日本語で「さよなら」ってさようならの意味なんだって。ギリシャ語で「サヨナラ」って言ったらサンダルよね。今日は特売してるわよ。
d0042214_21351645.jpg

そんなことをしゃべっているわけではないんでしょうが、レジに集まっている店員さんたちはおしゃべりに夢中。ちなみに立っているのはお客さんが並ぶ側。
ギリシャ(他の国でも見かけますが)では店員さんは座ってレジを打ちます。袋詰めもお客さんが自分でします。
d0042214_21371381.jpg

これは日本でも導入されていいと思うんですが、ダメでしょうか。
[PR]
外国のスーパー、わくわくしますね。
毎日の生活に使う良く知っているものなのに、パッケージや並べ方は全く違っていて、日常なのに非日常な世界。色使いや大きさが違っていたり、これは何だろう?と思うものがあったり、一日居ても飽きません。

こちらはアテネの中央にあるスーパー。都市型スーパーらしく1フロアの広さはそれほど大きくありません。1階は生鮮食料品が中心。保存のきくものやお菓子、洗剤などは2階にあります。

ワイルドな野菜たち。好きな数だけ取って重さで値段が決まります。袋詰めされているものもありますが、2キロぐらいから。
d0042214_20422228.jpg

お隣に並んでいるのは果物。ジャガイモみたいに見えるけどメロンです!!!日本のメロンのように外見まできちんと揃っていないですが、とても甘くて美味しいですよ!!
d0042214_20445163.jpg

ちょっと日本とは違うな、と思うのはお肉と魚コーナー。こちらは魚。さすがにサーモンは切り身です。日本人の目にはちょっと寂しく映りませんか?
d0042214_2045947.jpg
海に囲まれた国ギリシャですが、魚は肉に比べて特別な食品という感じがします。買うときは市場に行くという人も多いですね。

さてスーパーからはまだ続く予定です。
[PR]
ギリシャの人達は外が大好きです。夏になるとバルコニーで食事を取っているのを見ることがあります。田舎や郊外では庭に置いたテーブルで食事をするのが楽しいです。
冬でも朝のコーヒーはバルコニーで、とか、戸外に向いた玄関口で朝食を取ったり、日本の縁側でお茶を飲むような感じですね。
こうした縁側は今では贅沢になってしまって、都会で縁側ライフを楽しんでいるのはサザエさん一家ぐらいかなぁ。
d0042214_21312789.jpg
日が暮れた後もギリシャ人はゆっくり戸外ライフを楽しんでいます。この写真ではまだ中学生か高校生ぐらいの男の子たちがバックギャモンをしています。バックギャモンって私のイメージではカフェニオンに朝から集うおじいさんたちのやるゲームだったんですが、若い人でもやるんですね。
d0042214_21315326.jpg
こちらは普通のバー。落ち着いた感じでこんなお店なら戸外のテーブルじゃなくても、素敵なひと時を過ごせそうですね。
この冬、アテネに行った時、お友達と夜カフェバーのようなところに行きました。どこも混んでいて、私たちが入ったお店でも外のテーブルしか開いていませんでした。さすがに1月の夜だったので、中で少し待って席に着きました。が、バックに流れている音楽が大音響。ギリシャ人は発声が良いのでそれでも会話が成り立つのでしょうが、私には無理。一緒にいった友人たちもどちらかというとささやくような話し方なので、会話をするのが大変でした。
帰りがけ「やっぱり外が良かったね」と一言。ギリシャ人が外が好きなのは、こんなところにも理由があるのかも…。
[PR]