<   2013年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いよいよ大晦日。大晦日のアテネは少し、曇り。平日とはいえ、休暇を取っている人も多く、交通量は少なめです。今日は友達とライキ(青空市、地域ごとに定期的に出ます)に行ってきます。早く閉まるお店も多く、明日は祭日、お店によっては3日まで閉まるところも多いので買い物客が多そう。

日本でも新年を迎える準備で大わらわの頃ですね。今年は三が日のうちに帰るので久々のおせちが楽しみです。

ということで今回食べたもの総まとめ。ギリシャの普通のごはんです。食生活は日本と同様、家庭によって様々ですが、基本お昼ご飯(日本だとお昼と夕食の中間ぐらいの時間に食べます)がメインとなります。

クリスマスの七面鳥、焼く前の生々しい姿をお見せしましたが、5時間しっかり焼いてカリカリになったのが奥に見えます。手前はオーブン焼きポテト。七面鳥から出た出汁で煮ながら焼くのでとても濃厚です。
d0042214_1518145.jpg


ギリシャのお料理はオーブンを使うものが多く、時間がかかります。野菜もお肉もとろけるような状態になるまで火を入れます。時間のない時、お料理したくない時は軽くお蕎麦でも、の代わりにデリバリーのスブラキやピザをいただきます。私もやっぱり一度はスブラキを食べないとギリシャに来たって感じがしなくなっています。写真右はスブラキ・ピタ・ギロ・アポ・オーラ。ピタはピタパン。その中に火であぶった豚肉(チキンも選べます)をそいだものを包むのが基本形。そこに好みで付け合わせの野菜やザジキソースを一緒に包んでもらいます。オーラは全部のこと。トマト、玉ねぎ、フライドポテト、ソースを包んでもらいました。私は温かいお肉、ポテトと冷たい野菜、ソースのコンビネーションが大好きなのでいつもアポ・オーラ。
d0042214_15274031.jpg


さてこれは日本でもある、肉団子、ケフテダーキャです。これも家庭によってレシピが様々。今回いただいたのは牛のひき肉、玉ねぎ、卵、パン粉。パン粉と言ってもフリガニャーというトーストして乾燥させたラスクのようなパンを水につけ、粉々にして入れます。そうすると少し、香ばしい味わいになります。そして決め手が家庭ごとに違うスパイス。これはスペアミントとワインビネガー入り。外はカリカリ、中はふわふわ。5個もいただいてしまいました。
d0042214_1533221.jpg


さてお米登場。アジェムピラフというトルコ料理だそうです。ギリシャは400年に亘ってトルコの支配下にあり、言葉、生活様式、料理と文化的にも深いつながりがあります。牛肉とごはんを炒めトマトソースで煮るというギリシャにしてはあっさりしたごはんです。トマトは缶詰を使っていましたが、酸味があって懐かしいトマトの味でした。
d0042214_1538290.jpg


最後は昨日伺ったお家でのごはん。しっかりテーブルセッティングしていただき、サラダ、メイン、チーズ、パンとボリュームたっぷり。メインはスズカーキャというやはり肉団子系のお料理です。クミンを入れるのが特徴だそうですが、ソースもしっかりしたお味で完食。
d0042214_15404367.jpg


今回いただいたお家のごはんは全体的には薄味でした。塩、胡椒は日本で作るお料理より控えめな気がします。その分、素材やスパイス、オリーブオイルでこくをだしているようです。またヘルシーな食生活を意識するようになったせいか、油っぽさを感じることが少なくなりました。昔は途中でもうダメだ、と思うぐらい油がきつかったこともありましたので。
もしかしたら私のお腹が慣れてきたのかな?

やっぱり締めはデザート。シロップがけのケーキにキャラメル味のアイスをかけたもの。
d0042214_1546618.jpg
ううう、甘い!!!!

では良いお年をお迎えください。
[PR]
昨日は予想通りいい天気になりました。
日曜日ということもありお店の多くは閉まっていましたが用事があって出かけたケンドロはお昼から人が繰り出したようです。モナスティラキ広場を通って行ったのですが、広場は人でごった返し、待ち合わせの相手を探して携帯に怒鳴っている人がたくさんいました。
d0042214_19415095.jpg

モナスティラキ広場に面してイスラム教のモスクΤζισδαράκη Τζαμί(ジズダラキ ザミ)があります。
d0042214_19421038.jpg
ずっと閉まっていたのですが、最近民芸博物館として公開されたそうです。入場料は2ユーロですが、入り口のテラスまでは入場料を払わなくても行かれます。「2ユーロ払うんなら入らないわ」と引き返す人がたくさんいました。
その後広場からのびる道の一つ、Ηφαίστουイフェストゥ通りを下って、Αβησσυνίαςアビシニアス広場でお茶。この広場は骨董店に囲まれていて、日曜日には骨董市が立ちます。
d0042214_19491225.jpg
友人は有名な画家Ακριθάκηςアクリサキスの額入りの絵を購入。普通なら200ユーロはくだらない画家だそうですが、50ユーロっていうんだもん、買わない手はないわ、とほくほくでした。

今日はぽかぽかのアテネです。これから友人の家にお昼ご飯を頂きに行ってきます。
[PR]
昨日(28日)も曇り/一時雨のアテネでした。今朝もアテネを取り巻く山々には雲がかかっていますが、回復が見込めそうです。
さてここ数日、色々な友人とお茶をする機会が続きました。シンタグマ周辺の地域には新しいカフェ/バーが続々と出来ています。
一つのムーブメントは懐古的情緒の漂うお店が増えていること。

モナスティラキのNormanouという小さな通りは骨董屋さんが並んでいます。その中に昔、ギリシャでは有名な古い映画の撮影場所となった家があります。今、そこはギャラリー兼カフェとなっています。TAF(The Art Foundation)中庭を囲んだ部屋はアーティストたちの作品発表の場として提供され、その中庭にテントの屋根を張った戸外と室内が融合した空間になっています。
d0042214_15455735.jpg
入り口はここでいいのかな?と思うドア1枚ですが、扉を開いて小さな階段を抜けると不思議な空間が広がっています。

同じように戸外と室内の中間のようなお店がこちら。右と左は別のお店だったのでしょうが、その間の通路も含めて一つのお店になっています。吹き抜けだった場所に天井が張られ、明るい居心地の良い空間が作られています。
d0042214_15495131.jpg
こちらはシンタグマに近い歴史地区にあるBar Tesera

最後にケンドロからは離れますが、昨年も行った私の友人の息子がやっているAdeste。昨年はBarタイムに行きましたが、今年は少し早めの時間にお茶をいただきに行きました。
d0042214_15584345.jpg
結局、BarとCafeの境目の時間だったので、両方いっちゃったのですが。
こちらは地下がアート&イベントスペースになっています。
d0042214_160261.jpg
d0042214_1601936.jpg
古いギリシャの生活道具が飾られ、ちょっとしたミュージアム気分。
トイレの手を洗う場所もこんなしつらえになっていました。
d0042214_15591587.jpg


新しいけど古いお店。流行に乗っているのだけどとんがっていなくて、安心して入れる感じのお店たちが増えているのが嬉しいです。どのお店でも若い人からお年寄りまでくつろいでいるのが見られました。
お茶しよう=おしゃべりしよう、だと思いますが、ギリシャ人の場合、カプチーノ一杯3ユーロで3時間は語り合います。回転率はどうなんだろう、と心配になってしまうのは効率的なことを求める国から来た人間だけでしょうか。
[PR]
今日(27日)はギリシャ人の言うσκατόκαιρος(スカトーケロース ふざけた天気)の一日。朝から雨。南からの弱い風だったので気温はそれほど下がりませんでしたが、時折、雷が鳴り、雨が降り続きました。
歩道も石造りなので滑る滑る。車道も日本のアスファルトとは違い水をはじくように作ってあり、排水も悪いので所によりこんなことに。
d0042214_722146.jpg
そんな中、友人の用事に付き合ってオモニア広場を中心に幾つかお役所に行ってきました。
d0042214_76044.jpg
オモニア広場にあるホンドスセンターの10階にはカフェがあり、その眺望を売りにしていますが、そこからの眺めも残念ながらこんな感じでした。
d0042214_783641.jpg
本日はまずεφορια(エフォリア)というお役所に行きました。ここは主に税金を扱うところ。先日、郵便局に行った時、自動車税を払う人で長蛇の列が出来ていました。一方、εφοριαでは登録に関わる税金を扱うようです。年末に自動車税を払わなくて済むように登録抹消しようと車のナンバーを持ちこむ人たちがたくさんいました。
d0042214_7562672.jpg
友人は別の用件で行ったのですが、とにかく混むのでεφοριαの始業前に行こうと言い、7時45分に着いたのですがすでに15人ぐらいの列が出来ていました。「私たちは税金を預かりますが、税金を課すのは政府です。ご理解ください」といった趣旨のポスターが貼られていました。私がいた時も長い列にうんざりした人達が「仕事をしろ!!」と係員に怒鳴る場面もあり、市民から直接不満をぶつけられることも多いのでしょう。

その後は弁護士協会のようなところへ。ここではすぐに用事が終わりました。建物は1970年代のものですが古いスタイルで建てられていて、ちょっと豪華な感じ。壁にはアテナ神のステンドグラスが飾られ、公正な審判を誓っていました。
d0042214_841319.jpg
更にもう1か所で用事を済ませ、12時終了。
スムーズに終わった方だとか。ギリシャ人は我慢強くならざるを得ないな、とある意味感心。

終わってゆっくりお茶を飲みに行ったお店のテーブルにはこんな飾りが。この飾りを見てああ、お正月がくるんだな、と思ったのは日本人ならではの感覚かな?
d0042214_863717.jpg
年の瀬、色々なことをきちんと済ませて良い年を迎えましょう。
[PR]
昨日のクリスマスの夜はシンタグマ広場に行ってきました。
今年はクリスマスツリーはなくてイルミネーションで作られた船が飾られています。
船は島の多いギリシャでは切っても切り離せない交通機関。海で仕事をするお父さんの無事を願ってクリスマスと船が結びついたと言われていますが、いつどこで始まったのかは定かではないようです。
d0042214_7362963.jpg

それから知り合いが新しくシンタグマ広場の近くに開いたバーを見学。入り口は普通のお家のようで看板もなく、ドアホンを鳴らして入ります。お店のサイトには住所も電話番号もなく、知り合いに聞かなくては存在すら分からないようにしてあります。中はこじんまりとギリシャにしてはボリュームの低い音楽が流れる大人の空間。お店のポリシーを尊重して写真はありません。
シンタグマのパブリックという電器店のある通りから入ったこの一帯はあまり治安の良い場所ではなかったのですが、最近こうしたカフェバーがたくさん出来、話題の場所となっています。
おしゃれな飲食店の中にこんな施設も。
d0042214_865638.jpg
小さくて読めませんね。アテネ禅センターです。ZENや合気道は経済危機にあえぐギリシャ人の密かな癒しになっているのかも。
最後はパネピスティミウ通りに出て5年ほど前に出来た複合商業ビルAtticaへ。
d0042214_7574021.jpg
パネピスティミウ通りに面したショッピングモールは閉まっていましたが、奥のΠαλας(パラス)劇場に沿ったΠασσαζ(パッサージ)という通路へ。
d0042214_758388.jpg
この片側にはカフェ、片側には銀行やお店があります。ディスプレイはまるでギリシャじゃないみたい(?)にお洒落です。

経済危機が生活に及ぼす影響は大きく、口を開けばその話になるギリシャ人ですが、クリスマスを祝う気持ちは人々や街に活気を与えています。今回の経済危機で、個を一番大切にするギリシャ人も、自分が属する地域が潤わなくては個の利益もないことを痛感しています。組織だった地域活性化を謳うわけではありませんが、地域全体を盛り上げよう、そんな意識が徐々に広がっているように感じました。

昨日から晴れ時々雨の天気になっています。気温は5-15度ぐらい。乾燥しきった日本から来る身にはありがたいお湿りですが、石造りの街は凍らなくてもスリップしやすいので注意注意。
[PR]
さてさてアテネのクリスマスの朝はこんな空でした。
d0042214_1953226.jpg
昨日ほどではないけれど雲に覆われていました。陽が昇るに従って雲も消え、外は暖か。車も少なく日本のお正月のように静かな朝です。
ただいま、オーブンに入れた七面鳥が焼きあがるのを待っております。
d0042214_19535170.jpg
この七面鳥、6キロ近くあるとか。キロ数と同じ時間は焼かなくてはいけないそうで、6時間がかりのお料理です。

当然、お腹が空くのでおやつにサンドイッチでも食べるか、と思ったらパンがない!!!!クリスマスはケーキ屋さん以外は基本お休み。近くにΧωριατικο(ホリアティコ)というパン屋さんのチェーン店があり、ケーキも売っているのでもしかしたら開いてるかも、と行ってみました。
着いたらまさにおじさんがシャッターを開け、ドアのカギを解錠するところ。
d0042214_19544151.jpg

「今日はケーキだけで、パンはないよ」がっかりしたものの大好きなカリカリチーズパン(勝手に命名)があったので購入。
d0042214_1955766.jpg
100グラム1.3ユーロ。止められない止まらないスナックです。

七面鳥のために我慢、我慢。
[PR]
北ギリシャ1泊2日の強行軍から帰ってきました。
アテネからテッサロニキまで約5時間30分、テッサロニキで乗り換えて1時間20分の電車旅でございました。
切符は2日前にアテネのラリサ駅で購入。最初はケンドロにあるアテネ国鉄OSEの事務所に行ったのですが、土日は休みで閉まってました。すぐ近くにメトロのパネピスティミウ駅があり、乗り換えなしでラリサ駅に行かれますので、そのままGO!!! と思ったら切符売り場に人がおらず、小銭もなかったので再度外に出て、近くのぺりプテロで購入しました。こういうことがあると、ギリシャって面倒くさい国だな、と思いますね。
アテネ-テッサロニキ-目的地の往復のお値段は75ユーロほど。インターシティICという特急です。乗車券と指定券に分かれているようで、全部で5枚の切符でした。

さて出発の朝、ラリサ駅に行くと何と新しいディスプレイ案内板が!!!!
d0042214_193826100.jpg
少なくとも私がこのルートを使うようになった4年前から電光掲示板はこの状態でしたから、
d0042214_19384519.jpg
やっとかぁ、と感激。そして入線してきた車両にも感激。いつものように芸術的に落書きされてるなぁ、と思ったらちゃんとした絵の入った塗装でした!!!
d0042214_19391247.jpg
車内の天井にもこの通り。
d0042214_19393440.jpg
ギリシャも徐々に文明国になりつつある!!!
とは言え、全て禁煙のはずなのにトイレで一服する人は後を絶たず、車両間の連結扉が開くとタバコの匂いが流れてくるのは相変わらずでした!!!
[PR]
今年もやってまいりました。年末恒例、ギリシャの旅。
ギリシャと言ってもここ数年、ちょっとだけ北ギリシャに行って、あとはアテネでゆっくりしています。

昨日は大荒れの日本海上でたっぷり飛行機が揺れ、いつも揺れるエーゲ海上はどうなるかと不安に陥っていましたが、いたって静かなフライトでした。
そんな安定した大気のおかげで、朝から快晴。日差しが降り注ぐ時間は暖かく、コート要らずの今日のアテネでした。時差ぼけにならないように朝から行動。
d0042214_542294.jpg

国立博物館のすぐ北にあるペディオン・トゥ・アレオス公園に足をのばしました。
おお、これが12月になると現れるクリスマスツリー売り場か!!!背が高いほど値段が高いそうです。先週は180センチぐらいのもので40€だったとのこと。通りかかった時ちょうど車に積んでいるお客さんを見かけましたが、クリスマスが近づくにつれ値段も下がるそうです。ギリシャでは1月6日まで飾るので、今週末に買って飾り付けをする人も多いのかもしれません。
d0042214_544485.jpg

公園の中には移動遊園地も設置。アテネの中心のコジア広場でも見かけましたが、早い時間から子供連れの家族でにぎわっていました。メリーゴーランドやゴーカート、トランポリンなど簡単なものが多いけど子供たちはおおはしゃぎ。中でも歓声が上がっていたのが逆バンジージャンプ(?)。ちゃんと保護者が手綱(?)を握って跳びすぎないように、または上手く跳べるようにお手伝い。

一気に冷たい空気に包まれ、空を見るとすでに日差しは傾き5時を回っていました。石で出来た街は急に冷え込みます。経済危機の影響で建物全体を温めるシステムからスポット暖房に切り替える家庭も多いとのこと、建物のなかもしんしんと冷えてきます。
いよいよクリスマスウィーク。寒さには十分備えて楽しい時間を過ごしましょう!!
[PR]
d0042214_20433980.jpg
可愛い箱でしょ?
d0042214_2044281.jpg
物語の一場面のようです。
何が入ってるのかな?
d0042214_2044196.jpg
中身はこれ!!ドラジェ?アーモンドにチョコレートとお砂糖をかけたお菓子。
ギリシャ語でκουφέτα(クーフェタ)と言います。

ギリシャでは結婚式や洗礼式、ネームデーなどで可愛く包装して参列者に配ります。
今年のお正月、お友達のお家に行ったときにいただきました。
昨年の2月に生まれた赤ちゃんの洗礼式の時のκουφέτα。
友人は初めての息子の洗礼式は家族だけで祝いたいと、家族とそれぞれの御両親(赤ちゃんの祖父母)だけでイスタンブールまで洗礼式のために行ってきました。
フライトの遅れでドタバタで大変だったそうですが、とっても幸せそうに赤ちゃんに離乳食を揚げている奥さんを見ていると彼らの深い愛情が伝わってきました。
あの時は立って歩くまであと一息だった赤ちゃん。
今頃、走り回っているだろうなぁ。

そんなことを考えながら、今年も年末年始のギリシャ行きの用意をしています。
[PR]
もう一ついただいフラムーリというハーブ。英語ではTiliaというそうです。日本では聞いたことがないな、と思って調べてみたら、シナノキという木の葉と花。Linden Tree、菩提樹の仲間のようです。可愛いお花ですね。
d0042214_1933526.jpg

長野県に良く見られた木だそうです。日本ではハーブとしてあまり使用されていないのか、ネット上の情報が少なかったのですが、ギリシャのハーブのお店では大抵、取り扱いがあるようです。精神を鎮静させる効果があるそうで、寝る前に沸かしたお湯に入れてお茶として飲むと良いと書いてありました。
いただいたものはお友達のお父さんが作られたもの。彼女は幼稚園の頃にはこうした自然の力を利用したセラピーに興味を持ち、先生に隠れて怪我した友達に処方していたとか。ギリシャではハーブが良く使われているからでしょうね。それからカラーの方に興味を持ち、日本の気の力に魅かれて日本を訪れるようになりました。
私はどちらかというとジャンク食いで、不健康な暮らしをしている方だと思います。それでも冬になって乾燥したり、喉が痛くなったりすると、体が自然に野菜や果物また暖かいカフェインの入らないお茶を欲するのがわかります。
身体の声を聞きながら、このお茶も試してみようと思います。
[PR]