<   2014年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いよいよ2014年最後の日となりました。大掃除も終わり、新年を迎える準備にお忙しい時間でしょうか?

アテネは昨日は一日雨。夜11時ごろ、アンベロピキという中心から一歩北のところを出た時には雪になっていました。
一晩明けてどうかな?と思って窓を開けてみると雨・雪こそ降っていないものの冷たい強風。アテネでは10年に1回ぐらいの寒さのようです。観光にいらっしゃる方、どうぞお気をつけてください。

さて一昨日、ギリシャの国会が解散になりました。
ギリシャの国家元首は大統領。1832年、オスマントルコからギリシャ王国として国際的に認証されたギリシャですが、それ以前から様々な政治活動家が現れ、国家を形成する動きが激しくなりました。独立時は国としての形を作るために暫定政府として統治評議会がおかれました。
1973年、共和国宣言をするまで、政権は国王、摂政、大統領、軍の間で行き来し、1974年の第3共和政から現在のギリシャの政治形態に落ち着きました。新憲法で大統領は国家元首としての役割を果たし、首相が議会制による政治の中心と定められました。現在では大統領の役割は日本で言う天皇のような感じです。

大統領は5年の任期制で、議会による間接選挙で選ばれます。現在2期目となるパプリャス大統領の任期は来年3月ですが、この12月議会がその任期を早め、大統領選挙が行われました。大統領候補は政治家の中から選ばれるとは限らず、その時点の政権与党が候補を立てます。それを議会が承認する投票が行われますが、得票が6割を超えないと、3回まで選挙が行われます。
今回は新民主党はディマス氏を推薦しましたが、3回の投票で票を得られず、議会解散となり、1月25日が総選挙となりました。

国民の経済的不安は深まる一方です。テレビなどでは今度の選挙では与党が敗れ、左派政権が勝利するのではと予想されています。いつもなら新しい年に期待をかける時期ですが、政治も天候も大荒れのアテネの大晦日、街中もいつもの年末のウキウキ感がトーンダウンしている感じです。
d0042214_1623512.jpg

現在のギリシャが形作られる時期を生きた近代ギリシャの国民詩人、毎回オリンピックの開会式で歌われるオリンピック賛歌の作詞者、コスティス・パラマスも現在のギリシャの様子を頭を抱えて眺めているようです。
[PR]
ここ数年、アテネでグーリという新年の飾りの材料を購入して自分で作ってます。
d0042214_234844100.jpg

買い物も作るのも楽しいんですが、パーツが30個入りなど量が多いのが難点。グーリだけじゃなくてアクセサリーパーツなど種類が豊富なお店を見つけて大喜びしてあれこれ買ったら50ユーロ近くになってびっくりした年もありました。
作る時間もあまりなくて材料は増える一方。

今年は心を入れ替えて(?)2015の数字を型どったチャームだけを10個単位で売るお店で購入。
d0042214_23484949.jpg
このお店に飾ってあるグーリもいつも可愛くて参考になります。
お店はスタディウ通りからシンタグマに出る一本前、コロコトローニの像に沿って曲がっている道沿いにいくつかありますよ。
[PR]
クリスマスも終わり、日本ではお正月を迎える雰囲気が漂っているころでしょうか。
ギリシャではクリスマス、新年、1月6日の顕現祭までが一連のお祝いなので、街は引き続きクリスマスモードです。クリスマスを境に天候が変わると予報されていた通り、昨日から気温も下がり、雲が多くなってきました。ギリシャの人にとっては本格的な冬到来と言うところでしょうか。
d0042214_851974.jpg
さてクリスマスの夜、クリスマス・ファクトリーというイベントに行ってきました。この時期、あちこちの広場で主に子供たちのための仮設遊園地のようなものが出来ます。メリーゴーランドやゴーカート、スケート場などがしつらえられ、クリスマス市も一緒に並びます。
d0042214_85378.jpg

クリスマス・ファクトリーはそんなイベントの一つですが、テクノポリスという旧ガス工場を改装した展示スペースで行われています。テクノポリスは横浜の赤レンガ倉庫のように古いガス工場の建物を使って、色々な展示やコンサートを行うために出来たスポット。幾つかの工場が並ぶ敷地を囲む塀も古びた感じを残し、前衛的な空気が醸し出されています。レンガの煙突と大きなガスタンクがシンボル。通称ガジー、ガスを意味します。
d0042214_862750.jpg

そこに観覧車やメリーゴーランドなどが作られ、展示場の幾つかではお菓子作りやバーチャルトラベルなど色々なイベントが繰り広げられています。主に子供向けですが、大人も十分楽しめます。
d0042214_85936.jpg
こうしたイベントには珍しく、入場料が5ユーロかかりますが、足を運ぶ価値はあるかな。乗り物乗り放題チケットも10ユーロでありますよ。地下鉄のシシオ駅が最寄り駅。モナスティラキからでも歩けます。アクロポリスに見下ろされながら、古代アゴラの中に出来た新しいを道を通って近代の遺跡に出来た新しいスポットに出かけてみるのは如何でしょう。1月6日までやっています。
d0042214_874868.jpg
サイトはこちら。クリスマス・ファクトリー
[PR]
クリスマスの朝は交通量も少なく、静かな朝でした。天気が良く、外に出るとお祈りの声が聞こえてきました。

多くの家庭では午前中は教会に行き、2時から3時ころ、家族や親せきが集まり、家族でクリスマスのお食事をするようです。
教会に行く人はアテネではそれほど多くないようですが…
d0042214_15524331.jpg

夜になるとやっぱり外が好きなギリシャ人、友達や家族と出かけていきます。車も夜になると増えていました。平日に比べれば少なかったですが。
d0042214_15522331.jpg

私はThe Christmas Factoryに行ってきました。その様子は後日。

では北ギリシャに行ってきます!!
[PR]
d0042214_18444948.jpg
道路に集合している猫さん達。
d0042214_18455329.jpg
何かを待っているようです。
「何をお待ちですか?」
「クリスマスの七面鳥を…」
d0042214_1845333.jpg
こう言うのが苦手な方、ごめんなさい。

私も本日は七面鳥を頂きます!!年末のお忙しい時期、お体に気をつけてお過ごしください。
[PR]
外国で、変換無しで意味が分かる言葉にいきなり出会うとあれって注意を惹かれますよね。
ましてこのお肌かさかさ、静電気バリバリの季節の日本から来たばかりなので、脳に直撃。一人で大うけしました。
d0042214_1536277.jpg
しなさいって言われても…。

乾燥するから冷蔵庫に入れて、と言われ、冬は湿気があるからね、と言われるギリシャ。それでも今年、初めてギリシャで静電気体験!!お肌のお手入れも変わってきそうです。
[PR]
ブログを開く時間もないほど忙しい日本での生活の合間をぬってギリシャに今年もやってきました。
出発前夜は9時半まで仕事をしてそれから荷造りでした。
「ゆっくり楽しんできて」と送り出してくれた同僚や家族には感謝感謝です。

身体も心も張りつめていたのか、アテネ到着後は晩ごはんも食べずに寝てしまいました。
ちょっともったいない初日だったけど、今回はなるべくのんびり観光客して日ごろほったらかしている自分の気持ちのメンテにいそしみたいと思います。

d0042214_430971.jpg飛行機でこんな物が配られました。ギリシャに入る人には全て記入してもらう、とのことで、一体何だ?と思ったらエボラ出血熱に関するチェックでした。海の向こうはアフリカなんだっけ、とあらためて感じました。
























一夜明けた本日21日日曜日は冬晴(?)!!見事なスカイブルーの空のところどころに刷毛で描いたような雲が浮かび、日本の秋のような気候でした。気温も高く、日中はコートなしで歩けました。黄葉したプラタナスから差し込む光の柔らかいこと。
d0042214_4274591.jpg
夜はそれなりに冷えるので寒暖の差にはご注意を。アテネの友人はひどい風邪をひいて、寝込んでいます。
クリスマス前の日曜日は多くのお店が開いていて人の出も多かったようです。私はゆっくり起きて滞在先の近くをうろつき、ごはんを食べてまた昼寝。久しぶりにのんびりした日曜日をアテネまで来てようやく味わえました。
[PR]