<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さてその翌日はお友達のお家でご飯をいただきました。
始めてお会いするご夫婦だったのですが、とても楽しく過ごさせていただきました。築10年と言うギリシャでは超新しい素敵なマンションの1室。珍しく入るなりテレビがついていました。
d0042214_17532728.jpg
大きなリビングの一部にテーブルをセッティングして、お食事はキッチンの小さなテーブルに並べて、自分で好きなだけ取るというスタイル。
d0042214_17533268.jpg
いただいたのは豚肉のユベツィ(トマトソースでお米のような形のパスタと一緒に焼いてあります)と鳥の煮込み、サラダ2種、ブロッコリーが入ったお焼きのようなフライ(これは外で買って来たとか)。とても美味しくて食べ過ぎ。
d0042214_17534275.jpg
その後、グリコ・クタリウ(スプーンの甘いもの フルーツのコンポート)とヨーグルトがデザートに。このヨーグルト、とにかく美味しい。夢のように美味しく、お代りをしてしまいました。

が、その後、旅の疲れも出たのか、気持ち悪くなってしまい、早めに失礼をすることに…。本当に申し訳ありません。居心地もお料理も最高だったんです。お話の内容も興味深くて、もっとゆっくりしたかったんです。心残りです。次回があったらもう欲張りませんので、ぜひまたお話の機会をください…。
[PR]
今回も色々なものをいただきました。これだけギリシャに通っていても、食の世界は深いですね。
大体、友達の家で出されたものをいただくことが多いのであまり名前が分からないことが多かったんです。特にクレタでは。
d0042214_17244662.jpg
今回、アテネのアギア・パラスケヴィの近く(違うエリアだと思うんですが、名前が分からない)で初めてクレタレストランに行きました。友人は私がクレタ島に何度も行っているので食べたいものがあるだろう、と連れて行ってくれたのですが、名前を見てもちんぷんかんぷん。結局、友人に注文をお任せでした。
d0042214_17245763.jpg
サラダにはザクロのドレッシングと実が。甘酸っぱくて美味しかったです。右はパクシマーディというクレタのカチカチのパンにフェタチーズを添えたもの。
d0042214_1725077.jpg
チーズに衣をつけて焼いたサガナキ。
d0042214_1725479.jpg
ミジスラというチーズの入ったパイ。
d0042214_17252686.jpg
豚肉のお料理。クレタの味がしました。が、到着の翌日で夜も遅くへろへろでまた名前が分からないまま…。
ギリシャでレストランに行くのは10時過ぎが普通なんですが、このお店、入店した時は他に一組のお客さんのみ。その後、彼らも去り、広い店内に私達3人だけで1時半まで貸切状態。
d0042214_17258100.jpg
なのにおまけのデザートまでいただいてしまい、本当にありがとうございます。
ショップカードももらったけど今、いずこ????
[PR]
寒いですね。こんな夜はお家でぬくぬく温かいお茶が一番、って年ですねぇ。

アテネの若い人が夜、出かけるのはやっぱりバー。バーと言ってもコーヒーやちょっとした食べ物もあるカフェバースタイルです。どのお店も個性があって外から眺めるだけでも素敵。テーブル席の方が多いし、おしゃべり好きなギリシャ人のこと、一杯で何時間いても気兼ねなく過ごせます。
d0042214_20505679.jpg
アテネの中心地でバー巡りをしたらきっと何年もかかるぐらいたくさんのお店があり、当り外れも少ないので、ナイトライフも楽しみましょう。もちろん安全な地域を選んで!!

そんな素敵なバーですが、一つ難点があります。オシャレな外装、中も素敵そう、とドアを開けた途端、大音響。ギリシャ人は声が大きく通るのでこんな音量でも問題なく会話が楽しめるのかもしれませんが、聞こえるか聞こえないかのBGMに慣れた日本人にはちょっと辛いです。
そうパチンコ屋さんの前を通りかかった時、たまたまドアが開いて突然音に攻撃されるみたいな感じです。

元旦の夜、比較的静かなお店を選んでお茶をしました。元旦だから人が少ないのかな、なんて思ってたら大間違い。時間が遅くなるに連れ、人出が増すのがギリシャです。店内の人口密度が高くなるに連れ、BGMのボリュームも上がってきました。結局1時間でギブアップ。こんな中で2時間も3時間も一杯のコーヒーやお酒で喋り続けられるギリシャ人って本当にすごい!!!
d0042214_20494537.jpg
その帰り道、アテネでこうしたカフェバーの先駆であるΙΠΟΠΟΤΑΜΟΣ(IPOPOTAMOS)の前を通りかかりました。1978年オープン、若者文化の中心的なお店でした。惜しまれつつ閉店し、最近復活しました。次回は是非入って見たいと思います。
出来ればBGMのない外の席でお茶が出来るぐらい暖かい日に…。
d0042214_20501545.jpg

[PR]
さてさて今回、ユーロ高だったこともあり、節約生活を余儀なくされました。最後の最後、市内から空港へ向かう時もいつもならタクシーを使うのですが、今年は久々に公共交通機関を使おうと決めました。
d0042214_20512085.jpg
アテネ市内から空港に行くにはメトロの空港線(メトロ料金とは別の料金体系、片道8ユーロ)、シンタグマ駅からでるバス(4ユーロ)、鉄道(使ったことがないので情報がなく申し訳ありません)があります。日本人の感覚で行くと日中空港に行くならメトロを使うのが一番確実だと思うでしょう。
私も日本人。滞在先の近くの駅からモナスティラキ駅に行き、空港線に乗ることにしました。駅に着いた時に空港行きがちょうど行ってしまい、次を待つことに。この路線は空港まで行かない電車も走っているのでご注意。それから5本、全て途中どまり。やっと空港行きが次に来る、と言う時にアナウンスが入りました。
「空港に行かれるお客様、途中の駅で点検があり、空港まで電車はまいりません。途中のシンタグマ駅かエスニキアミナ駅で空港行きにお乗り換えください」
何だとーーーーーーーー!!!!!!30分待たされてやっと来ると思ったらこれは何なんだ!!??「ギリシャだーーー。」

と言う訳で荷物を引きずり、指示通り乗り換え無事空港に着きました。
一緒に空港まで行ってくれた友達には「何でこんなに早く出るんだ?」と言われましたが、かなり時間的に余裕を持っていたので間に合いました。ギリシャでも時間はお金で買えるんだよね…。
ただお陰で空港行きメトロのチケットに「ペアチケット」なるものの存在があることが分かりました。8ユーロ×2人で16ユーロのところ、14ユーロに割引き。チケットは1枚のみ発行。
d0042214_20513555.jpg

是非ご利用ください。
[PR]
日本に帰ってまいりました。終わって見るとあっという間の2週間。人生もこんな風に終わるのかも、なーんて思ったりします。

アテネに発つ前、日本がとても寒かったので今日はどうだろう、とちょっと不安でした。今日は元旦、2日より気温が上がったようで、アテネの方が寒く感じます。
ギリシャでは日中、日差しがあるとそこそこ暖かくなり、石造りの建物も温まるのですが、天候が悪いと石なだけに冷え込みます。集合住宅ではカロリフェルという集中暖房があるようです。灯油などでお湯を沸かし、壁にとおているパイプに流し、建物全体を温めます。不況の最中、カロリフェルを焚く時間も夜の冷え込む時間だけ、とか全く使わないケースも増えているようで、日が暮れた後の室内は寒い、寒い。

そんなギリシャでこんな暖房器具を見ました。
d0042214_20191091.jpg
何だかわかりますか?
壁掛け型暖炉です。壁に掛けるだけ。着火剤のような液体を本体下部の溝に入れ、火をつけます。
d0042214_201920100.jpg

溝に2本のバーがあり、それを動かすことで火勢を調節したり、消したりします。煙も出ない燃料なので、排気のための設備も要りません。
d0042214_20194129.jpg

これは便利!!
残念ながら重量があるので、日本の壁では無理そう。その前に消防法で許可されないでしょうね。
もちろんギリシャにもエアコンもありますし、電気ストーブやハロゲンヒーターもあります。でも暖炉が人気なのは経済性もあるでしょうが、人間の本能的な部分で炎に魅せられるからかもしれません。
d0042214_20184852.jpg

[PR]
明けましておめでとうございます!!
アテネも元旦の朝を迎えました。昨日に引き続き、風があって寒い元旦です。
朝っぱらから停電になりました。10分程でしたが、最近経験しないので焦りました。
友達は30日に美容院にいる時に停電になり、すごく時間がかかったと言ってました。
そんなこんながあっても昨晩新しい年を迎えると同時に花火があちこちで上がり、期待で始まる年明けとなりました。
日本も今日は寒いようですね。どうぞお気をつけて!!
d0042214_18142262.jpg
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]