<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年の関東地方の夏は気温が低い日が多かったので、7月末になっての本格的な暑さ、こたえますね。
ただ、現在アテネの気温は36度だそうで、それよりは良いのか、と思うことにしましょう。

そんな暑さの中、この冬のネタで季節感がないものが残っていたのでご紹介。
帰国のためアテネ、エレフテリオス・ベニゼロス空港で、自分のフライトを探していた時の事。近くの入り口付近に黒くて怪しいバスが止まりました。降りてきたのもギリシャでは珍しいスーツの集団。何だ、と見るとアテネのサッカーチームΑΕΚ(www.aekfc.gr/ )のチームバスでした。
d0042214_22293978.jpg
d0042214_22293438.jpg
一見怖い人に見えたのは選手たち。ギリシャ人たちは写真をねだっていました。

私はギリシャに限らず、サッカーには詳しくないのですが、調べてみました。ΑΕΚはアテネの中心から少し北の郊外に行ったネア・フィラデルフィアを本拠地とする1924年結成の伝統あるチームです。
1922年、ギリシャは希土戦争で敗退しました。トルコ国内には、エーゲ海沿岸地方を中心に多くのギリシャ人居住区、自治区が残されました。その後、ローザンヌ条約で現在の国境線が確定、またトルコ国内のギリシャ人、ギリシャ国内のトルコ人の大規模な住民交換が決定されました。この住民交換でトルコからアテネに多くが移り住んだのがネア・スミルニとネア・フィラデルフィアです。ネア・フィラデルフィアの公園にはそれを記念したモニュメントがあります。
ΑΕΚの本名はΑθλητική Ένωσης Κωνσταντινουπόλεως(コンスタンチヌーポリスのスポーツ選手同盟と言った意味でしょうか)と言います。ギリシャでは現在でもイスタンブールのことをコンスタンチヌーポリスと言い、略してポリと言います。
トルコから独立し、その後、第一次世界大戦で領土拡大したギリシャが再び領土を失うきっかけとなったのが希土戦争でした。その仕掛人の一人がエレフテリオス・ベニゼロスです。その名を冠した空港で、その戦争をきっかけに生まれたサッカーチームに出会ったこと、ギリシャの歴史が古代だけではないことを改めて感じさせる邂逅でした。

[PR]
毎年、ギリシャに行く度にお邪魔するお宅があります。
お母様と息子さんの二人暮らし。経済危機で生活もなかなか大変そうですが、いつも綺麗に片付き、お家の調度品一つ一つをとても大切にされているのが感じられます。
広いリビングの壁にはたくさんの絵画や絵皿が飾られてちょっとした美術館みたい。家具は綺麗に磨き上げられ、カーテンの襞も丁寧に均等に整えています。
d0042214_21333279.jpg
写真はクリスマスシーズンの様子なので、季節外れですが…。

最初の頃はこのきっちりした感じに緊張したものですが、一方で本当に親しくなると、あなたは家族と一緒だからキッチンでお茶を飲みましょう、と肩の凝らないおもてなし。と言ってもキッチンもいつもピカピカなんですけど。

ギリシャで色々なお宅にお邪魔してきましたが、新しいお家でも古いお家でもしっかり自分たちのスタイルを持っています。私はあまり構わない方で、とりあえずある物で済ませてしまうタイプなので本当に学ぶところが多くて反省しきり。
50年経ったお家がまだ古いもののうちに入らない文化だから、こんなクラシックなお家も保てるんでしょうが。

何年か前、このリビングでお茶をいただいた時に、息子さんが「今、はまっている」CDをかけてくれました。アンドレア・ボッチェッリの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」の入ったアルバムでした。豊かさって、自分が丁寧に生活することで生まれるんだな、って思いながら、お茶をいただきました。

この大ヒット曲でアンドレアとデュエットしたサラ・ブライトマンが今、アジアツアー中。七夕の日が日本の初日です。そして今回のゲストがギリシャ人歌手マリオス・フラングーリス。アテネ・オリンピックの開会式でも歌ったテノール歌手です。東京では追加公演も決まったようなので、チケットを探してみようかな。
季節は違うけど、あの時のゆったりした豊かな時間をもう一度過ごせるかもしれません。


[PR]