布張りのハードカバーで絵は貼り付けてあります。サイズは8×12cm。d0042214_2222958.jpg

ハードカバーで使いにくい上に、中のインデックスもちゃんとギリシャ文字のアルファベットなので使うのが難しくてそのままとってあります。欄が手紙と電話にしか別れてなくて、名前はどこに書くんだ?との疑問も。文房具が大好きで、毎回のようにチェックしているのですが、かわいい!!と思うのはほとんど日本製。これは10年前も去年も同じでした。 シンプルなものもドイツなどの製品が多いように思います。

ευρετηριοはlist, indexと言う意味だそうです。d0042214_221426100.jpg
[PR]
# by kranaA | 2005-05-15 18:44
たまには貴金属でも…なんて言っても大した物ではありません。
ブレスレットとペンダントヘッド。
d0042214_1534758.jpg

当時、アルファベットのペンダントヘッドはかなり流行っていました。(っていつのこと?)
たいていのお店にあって、基本は四角の中に1文字ですが、微妙にデザインが違ったりしていました。ギリシャの人は、流行りものはきっちり押さえるタイプの人が多いようで、どこの店も同じような品揃えって感じることがよくあります。と言っても微妙に違ったり、次の時には全くなくなっていたりするので、買いそびれの無いように!!
ギリシャ語にしかない文字を買ってくれば良かったかも、なんて思っても次に行った時にはどこにも売っていませんでした。
[PR]
昨日、アンゲロプロス監督の映画「エレニの旅」を見てきました。
印象的なシーンはたくさんありましたが、エレニの立ち姿、歩き方の変遷が映像の中でも私の中に強く残っています。

d0042214_1536484.jpg今回も織物にしました。
先日の織物よりも、使用糸が細く、目も詰んでいます。
絵柄が可愛いので気に入りました。人とクレタ島の山羊「クリクリ」が図案化されています。
2002年の元旦にイラクリオンで営業していたお土産物屋さんで購入。
覚えてないんですが¥1000~¥1500ぐらいだったかな。
大きさは測ってないのですが40cm×120cm程度だと思います。
[PR]
ぱっと見ギリシャっぽくて自分で買ったものはないかと探してみました。意外となかった…。
d0042214_1541097.jpgこれはカセットテープ付、神話の絵本です。
はじめてギリシャへ行った時に購入しました。「オルフェウスとエウリディケ」「エウロペ」です。
このときは2日半ぐらいしか滞在せず、ギリシャ語がどんな言葉かほとんど把握できませんでした。
ので、この音声付絵本でどんなものか、聴いてみようと思ったのでした。
いやー、低い男性の声で何だか恐くて、結局、何回聞いたのやら…。一冊なんて未開封です!!
今なら、ギリシャ語を聞けるサイトもいっぱいありますね。
去年のオリンピック時にはまたとないほどギリシャ語が日本のテレビに流れました。
ギリシャ語の文字は目にしていても、いったいどんな風に発音されていたのか、想像もつかなかったあの頃とは隔世の感があります。
[PR]
d0042214_14473057.jpg
おばあさんぽく見えるんですが?
ギリシャの友人が送ってくれた人形です。ギリシャ女性の典型的な姿?
スカーフと黒いエプロンの年配の女性は今も良く見かけます。
実際にこんな作業をしている女性に出会ったことがありませんが、羊を飼っている家が多いので昔は日常的に見られていた姿だと思います。
となりの壷は25年くらい前に贈られたものです。アンフォラの1種を模したものでしょう。
人形は10cm弱、アンフォラは5㎝強。どちらもギリシャらしいものを選んでくれました。
[PR]