カフェニオン

1月にギリシャに行った時は、アテネの友人に会うことがメインテーマでした。
そのため、クレタ島の友人は留守で会えず、いつも行っている村にも行くことが出来ませんでした。
で、今回は会えなかった友人と村訪問が最優先課題。
詳細は後日、書くことになると思いますが、村訪問に際し、若干のトラブル発生。
d0042214_23152714.jpgこのK村はイラクリオンからバスで2時間ほどの山間部にあります。
バスはウィークデイに一日一本。
そのバスに乗り損ねてしまったのでした。
で、その後に来る途中の大きなA村行きのバスに乗り、そこからタクシーでK村まで行くことに。
いつもはタクシーか村まで行くバスに乗っていたのでA村に立ち寄ったのは初めての経験。
K村のお母さんの指令により、A村にある市庁舎の前でタクシーを探すことにしました。
バスを降りてだらだらと下ると市庁舎がありましたが、その周辺にタクシーの気配はありません。
クレタ島の田舎に慣れた私とは言え、初めての村での人々の視線はきついものがありました。
お母さんに電話しようか…と思いましたが、いつまでも甘えていてはいかん、と思い切って市庁舎の向かい側のカフェニオンに向かいました。
ギリシャではカフェニオンは基本的に男性の憩いの場、女性はあまり見かけません。
狭い間口の店の奥に一人の年配の女性がトランプを広げていました。
この方がこのカフェニオンのご主人に違いない、と当たりをつけ、声をかけました。
「タクシーを探してるんですが…」
「どこまで行くの?」
「K村まで」
この方、とても無表情でしかも恐い顔(失礼)。
「ちょっと待ってて」
そばにいた男性に「タクシーを探してるんだって、○○のとこはどうかしら?」と言いながら電話を掛け始めました。
「K村まで行きたいっていう女性がいるんだけど、あんた行ける?今、どこ?うちのカフェニオンにいるわ。じゃ、待ってるわね」
私は電話代のために小銭を握り、電話が終わるのを待っていました。
「今、来るからそこに座って待ってなさい。何、飲む?ご馳走するわ」
この間、彼女の表情は一切変わりません。
耳を疑いながら「あのこれ、電話代に…」
「そんなのいいから。何を飲む?コーラ?オレンジジュース?」
「あの、じゃ、オレンジジュースを…。ありがとうございます」
「ここで働いてるの?ここの人と結婚してるの?K村に一人で行って大丈夫なの?」
「ただの観光客です。K村に友人がいて何度も来てるんです。こちらの村に寄ったのは初めてですが、大きな村ですね」
全く変わらない表情でジュースを出してくれた彼女との会話はまた選挙の話題に。
「明後日、選挙があるのよ」
「どこを支持しているんですか?」
「私はND」
「良い政党だと思いますか?」
「習慣みたいなものね。こんな田舎のことをきちんと考えてくれる政治家はいないわ。どっちが勝ってもここに影響はないと思う」
この時、タクシーが到着。
「ほら、来たわ。気をつけてね」
もう一度、電話代と飲み物代を差し出す私の手を押し返す彼女の表情は最後まで変わりませんでした。
山間部のこの地域は、観光客を呼ぶには魅力が薄く、農業、牧畜が主な産業です。
そのため、村を離れて都会に移る若者が多く、過疎化、高齢化が進んでいます。昨年は地方自治体の再編成があり、抗議運動もあったようです。
正確にいくつの村がこの地方自治体に属するのか、分かりませんが、少なくとも3つの村が属しており、合計有権者数は2,742名。この中には都会に移っても登録を移していない人も多くいます。

今日、誕生した福田自民党新総裁が「何とかしなくちゃいけませんね」と農村部の住民に語りかける画像を見て、何とかって何だろう…とギリシャの村とΑγαπη(アガーピ 愛)と言う名の女主人の顔を思い出しました。
[PR]
by kranaA | 2007-09-23 23:31