カテゴリ:飾るもの( 116 )

こんなお土産をいただきました。私はもはやギリシャ大好き‼という距離感でのお付き合いではないのですが、おそらく母国に次いで重要な国であることは確かです。清濁併せ吞みながら生涯お付き合いが続くのでしょうね。
d0042214_13472251.jpg
素直にギリシャ大好き‼と言っていた頃が懐かしく、愛おしい…。

[PR]
d0042214_12164324.jpg
もう一つ、ザクロのグーリ。
ΥΓΕΙΑ(イギーア 健康) ΑΓΑΠΗ(アガーピ 愛) ΕΛΠΙΔΑ(エルピーダ 希望)
どなたにもこの3つが溢れる1年になりますように。

[PR]
d0042214_12170162.jpg
いつもありがとう!もう1か月経ってしまいましたが今年も良い年でありますように‼

[PR]
新年の夜、もう一人お友達に会いました。ギリシャ北西部のイオアニナから毎年お正月にアテネにやって来る方です。
一緒にビラリア(ビール専門のバー)に行ったのですが、写真を撮らなかったのか、お店の写真はありません。
お店のマスターに干支の根付を差し上げたら、こんなグーリをいただきました。
d0042214_12174186.jpg
幸せの鍵‼白木が可愛いです。

[PR]
えーと説明は要らないと思います。ギリシャ人のセンスなのか、外国から持ってきたものなのか…。
d0042214_12074560.jpg
クリスマスマーケットの遊技場で。

[PR]
紙を折って作るボートはギリシャでよく使われるモチーフの一つです。アテネオリンピックの開会式で男の子が紙ボートに乗って国旗を掲げている場面がありました。Greek paper boatみたいなキーワードで探してみてください。
こうした背景を持つギリシャの人にとってはオリガミは馴染みやすいアイテムなのでしょうね。

コロコトローニ通りを歩いていてこんなウィンドウに遭遇。
d0042214_11404655.jpg
日本の折り紙がいっぱい並んでいて、思わず写真を撮ってしまいました。Paper Place というお店です。origamiを広める努力もしているような…。

ところでこのウィンドウ、墨・硯・墨汁は展示してあるのに筆がなくて、どうやって書くの?と友人に聞かれて説明に苦労しました。ぜひ筆もお取扱をお願いしたいと思います。

[PR]
今回のテーマはこのお店でもなく、真剣に語り合うカップルでもありません。
以前、街角のこんな風景を
ご紹介しました。

今回もそのシリーズ。よーく目を凝らしてください。かわいいかどうか、は分からないですが…。
d0042214_11344896.jpg

[PR]
12月23日にギリシャに着いて一番最初にしたことは生木のクリスマスツリー探しです。滞在先では毎年家の近くで路上売りしている生の木を飾るのですが、今年は早々に終わってしまって買えなかったとか…。12月25日を過ぎても売っているのを見たことがあるのにやっぱり不景気なのかな…。

どうも諦めきれないファミリー。人手が増えたのを良いことに、再度いつも売っている所や近くのエクステリアのお店にも行ってみますが、鉢植えのもみの木は140ユーロ。さすがに無理。

アテネ校外に住む私の友人の家の近くには大きな公園があるので、もしかしたら?と思って電話してみると「家の近くにもあるかもしれないけど、そこからならパティシアのアンセオンに行ってみたらどう?」と教えてくれました。

パティシアは地下鉄1号線のアンノ・パティシアを中心にしたエリア。そこに花の市場があり周辺には花屋さんが並んでいたり、こうした植物の専門店が多いそうです。別の友人に電話すると今から出かけるから、売ってるかどうか連絡する、と言ってくれました。
5分後電話があり「サッカースタジアム近くの路上に並んでるよ」とのこと。早速、行くことにしました。

迷いながらたどり着いたアンセオン通りには本当に花屋さんが右に左に並んでいます。最初の角のお店の裏に、もみの木らしきものを発見。欲しかった2mものが30ユーロといつもよりお安い‼やったー、と喜ぶホストファミリー。
d0042214_13055506.jpg
「じゃ、運んでもらえる?」と聞くと「うちは配達の車がないんだよ」。ががーん‼
遠くないとは言え、歩けば30分。「軽いから大丈夫、大丈夫。メトロに乗ってけば良いよ。一番後ろの自転車を載せられる車両なら大丈夫さ。そうやって買ってく人もいるんだから」
d0042214_13060054.jpg
というわけで最寄りのアンノ・パティシアまで約10分、そこからメトロで15分、更にメトロを下りて10分、いつもはおしゃべりなホストファミリーも黙々ともみの木を運んでいきました。
d0042214_13060429.jpg
でも買えて良かったじゃん‼

[PR]
d0042214_20263114.jpg
写真がぼけているのではなく、印刷がずれています。念のため。
コーティング紙に包まれたお肉はコンビニ袋に入れて渡されます。この袋はお肉屋さん専用。ギリシャ産の新鮮な肉と書いてあります。
d0042214_20263779.jpg
裏にはキュートな牛さんと豚君を美味しくいただくためのレシピ。
「酔っ払い牛肉ア・ラ・クレーム」と「キノコと豚肉の壺焼き」
ごみ袋以外の使用法。

[PR]
3月も10日を過ぎました。寒さはまだ厳しいですが、沈丁花の香りに春を感じる今日この頃です。
だいぶ時季外れになってしまいましたが、今年のギリシャでのお買い物。
今年もギリシャの新年飾りグーリ用のチャームを購入しました。
d0042214_21421777.jpg
2017年のロゴ入りと酉年に合わせた鶏。
私はいつもクリスマス前後に買いに行きますが、その時期では品切れのものも多くなります。もっと早く行けたらいいんだけど。

[PR]