カテゴリ:飾るもの( 115 )

最近、PC環境が変わってしまい写真の始末も悪くなかなかUPできるものがありません。
ギリシャも混沌としていますしねぇ。
ユーロ圏離脱の可能性もちらつかせていますが
通貨が変わったら借金はどうなるんでしょ。
アテネに住む友人、半数以上は銀行に借金してます。
これはユーロ建て。もしドラクマ(またはギリシャ独自通貨)になったらユーロに対して圧倒的に弱い通貨になりますよね。
収入はドラクマになる。
借金は膨れ上がる。
これギリシャ国債でも同じ原理ですよね。
ユーロ圏離脱のメリットは何だろう。
緊縮財政政策をとらなくても緊縮しちゃうんじゃないでしょか。

勉強する時間がないんで素朴に疑問を投げかけました。
d0042214_1114820.jpg
気を取り直してこちらの写真。
これはグーリといってギリシャで新年に松飾りのように家の壁に飾っておくものです。
プラカ近くの手芸材料点でパーツを仕入れて作りました。
手作り大好きな方なら半日いても飽きないお店です。
「2012」一袋に30個入っていました。
早く作らなきゃ。誰かもらってください。
良い年になるようにと祈りがこもってますよ~~~~。
[PR]
2年前の年末年始にギリシャに行った時、引越中だった友人。
その時、次に私が行く時には私専用の部屋があるからね、と言ってました。
それから何だかんだで2年間。
今年の年始に行った時は宿泊の心配はなかったので
メールに返事がなくても気にしなかったんですが
今年もまた引越中でした。
引越でばたばたしてるからまた今度ね、と言われて
そうそう来れるか、と押しかけた新居。
どう見ても今回は私の部屋はないようです。
代わりに、屋上にバーベキューセットが!!!!
d0042214_23145548.jpg
「別にいらなかったけど、付いてたから」
友達を呼んでパーティーなんて絶対にしないこの友人。
宝の持ちぐされと言ってあげましょう。
経済危機も何のその、ですね。
次は絶対に夏に来て、ここでビールを飲むぞ!!!
[PR]
10月ももう終わりますね。
11月に入ると日本ではもうクリスマス気分になりますね。

ギリシャでも今日から冬時間。
債務問題も新たな局面に来ました。
今年はオーヒ・でーのパレードも中止。
クリスマスはどんな風になるのかな…。
穏やかで暖かな冬になるといいなぁと祈ってます。
d0042214_19174970.jpg
ギリシャの冬というと私はクレタ島の小さなカフェニオンの薪ストーブを思い出します。
木の燃える匂いに子供の頃、母の実家で過ごした大晦日も蘇ります。
暗く垂れ込めた雲の多い空と煙いけれど暖かい炎の燃える匂い。

昔から人々はこうして辛い冬を乗り越えてきたんだろうなぁ。

アテネでも暖炉があるお家を良く見かけます。

この写真はヨットハーバーから歩いて
10分ぐらいのところにある
マンションの1室。
12畳ほどの1ルームですが
ちゃあんと暖炉があるんです。

真っ白な壁にタイル張りの床に
炎はどんな風に映るんでしょう?
[PR]
このところ、円が高くなり、色々な影響が出ていますね。
私の周辺にも直接、影響を被っている事態が起きていて
今後、どうなるかが心配です。

こうした不安定な社会では、公務員という仕事が人気なようです。
民間に比べれば雇用は安定していますが、
やはり懐具合が苦しいのは国も、地方自治体も一緒。
今の時代、自分を磨くしかないのでしょうね。
d0042214_22545699.jpg
ところで、対ユーロ円高の背景にはギリシャ経済が大きく関係しているわけで
ギリシャの経済不振の原因の一つは多すぎる公務員にある、といわれると
また私の身辺にも影響が出てきます。

私のギリシャの親友も公務員。
その弟も公務員(警察官)。
私を小学校に連れて行ってくれた友人も公務員(教員)。
ギリシャに行くたびに必死に時間を作ってくれる友人も半公務員。
日本からギリシャに嫁いだ友人のご主人もちょっと特別な公務員。

やっぱり多いかぁ。

でも一人一人は破格のお給料をもらっているわけではないし、
年金だってお給料にスライドしてるので
安心はできません。
雇用条件(休暇や勤務時間)はやっぱり公務員だから
民間勤務の友人より恵まれているけど、
アテネ県庁の仕事に着くまで7年かかった、という友人もいるし、
この問題が起きるまでだって天国だったわけではありません。

公務員にしろ民間にしろ、
楽な市民なんてごくわずかじゃないでしょうか。
ユーロになって以来、物価はウナギ昇り。
でもギリシャ人は見栄っ張りだから
同じ品物でも高い店で買うんだ、と愚痴ってた友達。
ギリシャが国内でフル活用できる産業と言ったら
歴史遺産とエーゲ海の島々でしょう。
d0042214_22543398.jpg

勤務歴30年という筋金入りの公務員の私の友人ですら
市民へのサービスという言葉を意識して働いている今、
観光業でこそ、個々人がサービス意識を向上して観光客を増やせないのかな。
なーんて、期待するのは無理でしょうか。
[PR]
d0042214_21453742.jpg
昼間の気温は上がって来ているのに
強い風が落ち着きを失わせる昨日、今日でした。
天気も人の心を映すのかな。

今日は、日本では統一地方選後半の日となりましたが、
ギリシャ正教会では復活祭だそうです。
ギリシャで復活祭の時期を過ごしたことがない私には
想像がつかないのですが
宗教的な意味とともに
季節の変わり目を感じる行事のようです。

この春はギリシャの経済の冷え込んでいます。
それでもギリシャの人たちは復活祭のお休みを
実家に帰ったり、旅行に出たりして、楽しんでいるようです。
昨年の選挙でアテネ市長が交代し、
そのせいである友人は職を失いました。
「僕の経済はタマゴみたいに真っ赤だ」と
赤い文字で書いてきた友人。
「と言っても、落ち込んでないよ。
そんなに時間がかからずに、良い方に変わるって希望を持ってる」

家の中に飾られたステファニア(花輪)は
希望を表しているのかも知れないな。
[PR]
明日は正教の復活祭。
カトリックの暦では先週が復活祭で、ミサの様子が報じられていましたね。

ギリシャでは今週は毎日、大を意味するメガロのついた曜日(メガリ・デフテーラなどなど)が続き、聖金曜日(メガリ・パラスケヴィ)の昨日から来週の月曜日まで連休になります。

今日はメガロ・サヴァト(聖土曜日)。
深夜、教会でミサが開かれ、日付が変わると聖なる火が司祭さんからもたらされます。
集まった人々はそれぞれ手にしたロウソクからロウソクへと人伝いに渡していくそうです。
私は復活祭は経験していないので、聞いた話ですが。
普段は教会に足を運ぶことのない友人の家にも、その時のロウソクがありました。
d0042214_6374470.jpg
日本の大晦日、初詣に行き除夜の鐘を聞きながら、新年を待つようなイメージかな。
何かを信じ、祈るという姿は、人間にしか出来ないこと、とても人間らしい姿だと私はいつも思っています。
[PR]
d0042214_21165669.jpgΚαλη χρονια με υγεια!!!
明けましておめでとうございます
2008年はアテネの暴動騒ぎでこのブログまで暗く終わってしまいました。
気を取り直して明るい2009年にしていきたいものです!!
年末の最後の日曜日(12月28日)、アテネでは暴動の影響で被害を受けた中心地の商店街が営業しました。
観光客相手のお店や飲食店は日曜、祭日と一生懸命営業していますが、
通常の商店が日曜日に営業するのは異例中の異例らしく、今度は従業員が大騒ぎ。
営業時間は地方自治体が指針を出すようで、政治家まで出てきて意見が飛び交っていました。
結局、28日は10時から18時の営業を実施したようです。
暴動の被害に遭ったエルムー通りも、大道芸人が例年通り立ち、人出で賑わっている様子が画像で見られました。

そのニュース画像で道行く人に飲み物を配るキャンペーンガールが…。
こう言うとき、わっと群がるのがギリシャ人だと思ってましたが、
知らん顔して通り過ぎていく人が多かったのが印象的でした。
以前、超破格値で提供された携帯電話に、ものすごい人が殺到したことがあって
その時、外れたギリシャ人曰く「ギリシャ人は時に動物のように行動する」そうなんで…。
以前は買い物をしておまけをつけてもらうことはあっても、不特定多数に対するこのような無料サービスはあまり見かけなかった気がします。
d0042214_21171955.jpg
なーんて書いてる私ですが、この写真はいずれも昨年行ったアテネで公的機関が配っていたのを頂戴したもの。
著作権を護ろうキャンペーンのリーフレット入り紙ばさみ&心の健康デー普及に配っていたキャンドル。
その上、スタバで配っていた無料コーヒー(日本のようにちょっと、じゃなくて、ちゃんとショート一杯分)を店内でゆっくり座って飲み、トイレまで借りて、しっかり恩恵を受けてきました。

ギリシャを歩いていて何か差し出されたら、ゾレアン?(無料、タダ ゾはthの濁った音、ドに近い感じ)って聞いてみてください。
[PR]
fracocoさんのブログを読んでいたら、オリーブが見たくなりました。d0042214_22372075.jpgそれほどオリーブ好きではない私は、日本では滅多に食しません。
でもギリシャでは必ず勧められるので、頑張ってふた粒ほど。

ギリシャで食事中に、日本のご飯の説明になりました。
ご飯はなくてはならないもの、その他におかずを用意して一緒に食す、
と説明したのですがどうでしょう?

「私たちの食事に例えると?」
例えるなら、パン?
でもパンはメインのお料理を食べるための添え物のような立場で
出されても食べないこともあります。

「ちょっと違うかな…必ず食べるのよ」と言うと
「ああ、じゃあ、私たちにとってのチーズとオリーブのようなものね?」

チーズとオリーブの役割は、日本で言うとお漬物とか箸休め、と言う気がするのですが
食事と文化における重要度を考えると、彼女の言うことがぴったりきました。d0042214_22374358.jpg

ギリシャの主食って何?と聞かれれば
パン、と答えざるをえないのですが
ギリシャの食事でご飯と同じぐらい大事なものは?と聞かれれば
迷わず、チーズとオリーブと答えられます。

こんな風ですから、ギリシャで日本の食事について説明するのも大変。
食べたことのないものの味をどうやって想像させるか、ってことですものね。
一度、日本に来てくれれば簡単に分かってもらえるのになぁ。
[PR]
本日、我が家の近くに雷が落ちました!!
d0042214_23225472.jpg相次ぐ、急激な豪雨も、何故か
うちの地域は無縁でしたが、今日は久々の大雨。
来るか、来るかと思っていたら
案の定、家中の明りが消えました。

久々の停電。
キャンドルの明りで、夕食を頂くことになりました。
素麺だったけど…^^;

こういう時こそ、我がキャンドルコレクションの登場!!

勢い込んで、この天使のキャンドルを
手にしたものの、思い切れません。

結局、無難なロウソクに火をつけました。

アテネの友達がこれをくれた時、
私はつい
「ねぇ、これに火をつけたら、段々溶けちゃってどうなると思う?」
と言って
「そういうことは考えないの!!」
と怒られました。


でもやっぱり想像しちゃいます。

こんな可愛い天使(?)に火をつけるのは
ためらわれて、
またもとの袋に帰ってもらいました。
プレゼントしたものは、使ってもらえる方が嬉しいですよね。
分かってはいるんですが…
d0042214_23235328.jpg
いつになったらこの天使に火を灯せるんでしょう。
[PR]
明日から北京オリンピック開幕ですね!!
私自身は前回のアテネオリンピックほど
盛り上がっていませんが
やっぱり楽しみです。

4年前はアテネの街にいて
いくつか競技を見に行ってきました。

会場行きのバスの中で
何人も身体中にピンをくっつけた方がいて
「何かピン持ってない?」と声をかけてきました。
私は興味がなくて自分で買ったり交換したりしませんでしたが
たまに奇特な方がいて見返りなしで下さったのがこのピンたちです。
d0042214_22101649.jpg

皆さん、オリジナルピンを作って他の方と交換するんですね。
ピン集めがこんなに白熱した趣味だとはびっくりしました。
アスリートと勝負できそうです。

アスリートの皆さんは毎日たゆみない努力をされているんでしょうが
コレクターさんはオリンピックのない期間何をされているんでしょう。
 集めたピンの整理
 次に備えてピンの製作
 コレクション充実のために情報収集
想像力がないので、こんなことしか思いつきません。

明日から色々な意味で熱い人たちが
鳥の巣の周囲に集まるんでしょうね。

最後まで平和の祭典でありますように!!!
[PR]