d0042214_1356421.jpg写真も写っているものも汚くてごめんなさい。なんか、ギリシャのイメージダウン?
これはギリシャのナショナルフラッグ(ですか?現在も?)、オリンピック航空のチケットカバーです。国内線2種、国際線1種ですが、年代によってカラーだったりしてるのかな?
そうです、日本にオリンピック航空が乗り入れていたあの時期、1度だけ乗ることができました。途中、バンコクでトランジットがあって南回りの長いフライトでした。
夏休みに乗ったのですが、乗務員のお子様方が搭乗していて、エコノミー席ですが、すべて優先されていたのには、飛行機が飛ぶ前からギリシャを感じさせられました。
帰りもあわやオーバーブッキング!!!というところでしたが、係員の人が慌てていただけで、席は人数分あったようです。離陸予定時刻を過ぎて乗り込んだ私たちへの、事情をご存じなく機内でお待ちの皆様の冷たい視線は哀しかったです。免税店にも寄れなかったのに…。

というわけで、次にギリシャに行く機会にはオリンピック航空は日本から撤退(オフィスはありましたが)したと聞いて、深く、うなずいてしまいました。ごめんなさい。
早朝、エーゲ海の島々を一つ一つ見下ろしながら、アテネに近づくあの感動も忘れられない思い出です。
[PR]
# by kranaA | 2005-07-10 13:53
d0042214_21183394.jpg今回もカセットです。これは90年のヒット36曲を集めたLYRAという会社のものです。流行の曲のカセットが欲しいと言う私のリクエストに答えて、友達が走って勝って来てくれました。
MEGAチャンネルの名前も入ってるので、そこのチャートかと思いますが、特に明記されていません。収録されている歌手の中で名前がわかるのは残念ながらΧαρις Αλεξιουぐらいです。
レコード3枚分を2枚の値段で、って書いてあり中にはカセット1、2、3と入っている筈が、カセット2が2本入ってました…。さすがギリシャ。
車の絵があるのは何と、懸賞つきで中のクーポン券の簡単なクイズに答えると当るかも!!ってことです。この車、ルノー5で私も欲しくって応募しようかと思いました。が、このカセットを買ってもらった時にはすでに応募期限後でした…。何台あたるのかも不明です…。
[PR]
d0042214_1792367.jpg今回はチャームがたくさん付いてます。 古代ギリシャからの言い伝えによるものとか、キリスト教徒にとって大切な枝(?)とかこうもりの骨、イカダなどが書き並べられて、あなたを護る贈り物ですと言う説明が書いてあります。
「目」については、青い色っていうだけでした。
ギリシャの友人からメールで、evil eye はギリシャ語では、単にματι(マーティ、目)、 ματακι(マターキ、お目々みたいな言い方だと思います)と呼んでるよ、と教えてくれました。

ギリシャ人の目力はかなりのものがありますよね。 最近は、アジア人も増えてきたので街歩きも楽になりましたが、以前はよく強い視線を感じたものです。 確かにあんなに強い視線で、しかも嫉妬心などを持って見られたら悪いことが起きそうです。 
日本人は、笑顔で会釈していても意外と目は合わせていませんよね。 ギリシャ人は、外ではかなり無表情なので恐い印象を受けることもしばしばです。 
大学1年生の女の子としゃべりながらメトロに乗っていたとき、彼女は会話の内容に大笑いしながら、ふと窓の外を見ました。 ちょうど駅に着いたところで、ホームに立っていた若い男の子と目が合って「どうしよう、私、あの人に思いっきり笑顔見せちゃった…。やーん、誤解されちゃう」って慌ててしまいました。 普段は、普通に女の子している子で、仲間の男性とも明るく話していたのでそこまで慌てるのにはびっくりしました。
ギリシャでは、笑顔には気をつけた方が良さそうです。
[PR]
d0042214_1159252.jpgそろそろ夏の予定も決まってギリシャに出かけられるうらやましい方も多いことと思います。 あまり、ホテルやレストランには詳しくないのですが、友達がやっているタベルナとプシスタリアがありますので紹介させてください。
プシスタリアは肉料理を中心にした軽食屋(実際には軽い料理ではないのですが)です。 スブラキ、ギロもやっています。
いずれもイラクリオンの市内ですが、城壁を出たところにあります。
プシスタリア「ブリゾラーディコ」はデリバリーもやっていて、英語を話す店員さんもいるので疲れたときにはどうぞ。
タベルナ「ロマンティキー ゴニアー」の方はちょっとわかりにくい場所ですが、料理のテイクアウトもできますよ。 マカロニを使ったものなど、日替わりで何種類も用意しています。
アテネオリンピックの公式ホームページのイラクリオンのところに載っていますので住所、電話番号はそちらを参照してください。
d0042214_11354777.jpg
ロマンティキーゴニアーはその昔は夏場だけの天井なし映画館があったところだそうです。 コルナル広場から城壁を超えて消防署の先を曲がって行きます。 この辺だとイラクリオンの人たちの生活が垣間見れます。 途中に保育園もあって外から保育の様子が見えたり、ペットショップがあったり、普通の観光とは趣の違う散歩が楽しめます。
こんな地図ももらえました。 現在もあるかは不明ですが…。
[PR]
# by kranaA | 2005-07-05 11:50
d0042214_2049116.jpg雨が続いて梅雨らしくじっとりしてますね。
ヨーロッパは猛暑と聞きました。 夏も湿気がなくて良いと思っていましたが、山火事などになったら一気に燃え上がってしまって大変ですね。
ギリシャのお土産によく買ってくるのが、カレンダーです。 前の年の12月から12月ぐらいまで載っています。 夏に見たら、その年の12月に終わるのしか売ってないので、4,5ヶ月しか使えない…。やはり年末に買うのがいいんでしょうね。
写真がきれいなので、喜んでいただけることが多いです。 でも冬場の写真も夏の風景だったりして、季節感がなくてギリシャが常夏だと誤解する人も出てしまいます。
写真だけを切り取って飾ったりして終わった後も楽しんでます。
[PR]